378件中 71 - 80件表示
  • 南風椎

    南風椎から見たMoMAニューヨーク近代美術館

    すべてがオリジナル・アートで作られる「ART WORKS」(限定150部)の発行人で、1985年の創刊以来、忌野清志郎、岡本太郎、勝新太郎など総勢約600名のアーティストが参加。65号まで刊行された。現在も、MoMA、スミソニアンなど国内外の美術館で永久保存されている。南風椎 フレッシュアイペディアより)

  • 折り畳み式家具

    折り畳み式家具から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    新居猛(後にインテリア・デザイナー協会名誉会長)がデザインした「ニーチェアX」は、畳んだ際に(壁などに立てかけなくても)自立する設計になっている。ニューヨーク近代美術館にて永久収蔵が認められた。折り畳み式家具 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ壁画運動

    メキシコ壁画運動から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    リベラはメキシコの民衆絵画や土着文化の色彩・構図・伝承の研究をし、古代ラテンアメリカ文明の工芸品も多数集めて絵画の研究に役立てていた。同時に前衛美術の体験で身につけた構成力を生かして、細部を簡潔に省略した画風で、神話的な過去から革命の未来へ様々な物語が積み重なる重層的な壁画を作り出し大きな評価を得た。彼は彼は海外にも招かれ、1932年にはニューヨーク近代美術館の個展も成功させている。メキシコ壁画運動 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンク・アート

    ジャンク・アートから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    フランスをはじめヨーロッパでも廃物芸術が盛んになった。アルマン(アルマン・フェルナンデス)は廃物の中から同じ種類の、直接人間が手にしたり身につけたりする物を大量に集め、寄せ集めて作品を作った。セザール(セザール・バルダッチーニ)はくず鉄を寄せ集めて溶接した人体彫刻から始まり、廃車をプレス機で圧縮する彫刻を作った。ジャン・ティンゲリーは捨てられた家電や機械の一部などを組み立てて、不器用に動いて音を立てる巨大な機械を製作した。1960年にはニューヨーク近代美術館でそのうちの一台を動かして最後は自ら炎上して崩壊するというパフォーマンスを行った。アルマンやセザール、ティンゲリーは、イヴ・クラインらと共に1960年、ヌーヴォー・レアリスムというグループを立ち上げている。ジャンク・アート フレッシュアイペディアより)

  • 野田哲也

    野田哲也から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1980年 - 「刷られた芸術 : 20年間の展望」(ニューヨーク近代美術館)野田哲也 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ウォルフェンソン

    ジェームズ・ウォルフェンソンから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    オーストラリアのシドニーで生まれ、後にアメリカ市民権を獲得する。シドニー大学で学士号と法学学士号を取得し、ハーバード大学でMBAを得る。1956年のメルボルンオリンピックでオーストラリアのフェンシング・チームの一員として出場経験があり、またアメリカ芸術科学アカデミーとアメリカ哲学学会の研究員でもある。文化と芸術に関する活動もしており、1970年からニューヨークのカーネギー・ホール理事を務める。ニューヨーク近代美術館からデイヴィッド・ロックフェラー賞を贈られている。また1995年に、イギリス女王(オーストラリアの女王でもある)エリザベス2世からナイトが授与される。2006年には旭日大綬章を受章。妻はウェルズリー大学から学士号、コロンビア大学から修士号を取得しており、夫妻の間には3人の子供がいる。ジェームズ・ウォルフェンソン フレッシュアイペディアより)

  • インターナショナル・スタイル

    インターナショナル・スタイルから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    のちにニューヨーク近代美術館での展覧会において、フィリップ・ジョンソン、H・R・ヒッチコックが定着させた(『インターナショナル・スタイル:1922年以降の建築』)。インターナショナル・スタイル フレッシュアイペディアより)

  • ヴィツゥ

    ヴィツゥから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ヴィツゥの主力商品は、1960年にラムスがデザインした「606 ユニバーサル・シェルビング・システム」である。これは個人の需要、またその変化にあわせて拡張、調整できるモジュラー式のシステムである。ニューヨーク近代美術館のコレクションにも加えられている。ヴィツゥ フレッシュアイペディアより)

  • オプ・アート

    オプ・アートから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    錯視効果などを利用する抽象画家を一堂に取り上げ、オプ・アートに対する世間の認知を一気に高めたのは、1965年のニューヨーク近代美術館の展覧会“The Responsive Eye”(「感応する眼」展)であった。しかしそこで紹介された作家たちは、この時点ではすでに、その様式を確立していた。なかでも最も早くからオプ・アートに取り組んでいたのが、ヴィクトル・ヴァザルリ(:en:Victor Vasarely 1906-97)である。彼が1930年代から発表している「シマウマ」シリーズのなかには、彼のオプ・アート作品の萌芽といえる作品がすでに見られる。もう一人の主導的作家であるブリジット・ライリー(:en:Bridget Riley 1931-)はヴァザルリより一世代若いが、彼女でさえ1960年代前半にすでに個展を開いていた。オプ・アート フレッシュアイペディアより)

  • 益子昌一

    益子昌一から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    益子昌一(ましこ しょういち、1968年(昭和43年)9月28日 - )は日本の脚本家、小説家、映画監督。栃木県那須烏山市出身。栃木県立烏山高等学校卒業後、法政大学工学部経営工学科に入学。その後、ニューヨーク大学大学院カルチャー・アンド・コミュニケーション学部メディア・エコロジー学科にて修士号を取得。ニューヨーク滞在中、ニューヨーク近代美術館(MOMA)映画部でのインターンシップを経て、松竹株式会社に入社。松竹在籍中、『アンラッキー・モンキー』(SABU監督)、『落下する夕方』(合津直江監督)、『OPEN HOUSE』(行定勲監督)などの作品に携わる。退社後、映画のプロデュース、映画脚本、小説執筆を中心に活動の幅を広げ、2008年に『むずかしい恋』で映画監督デビュー。2009年に公開された東野圭吾原作の映画『さまよう刃』(東映配給)では脚本・監督を務めた。益子昌一 フレッシュアイペディアより)

378件中 71 - 80件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード