272件中 71 - 80件表示
  • talby

    talbyから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館収蔵品として同機種が選定された。talby フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・ゴンザレス

    ジュリオ・ゴンザレスから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ゴンザレスは1937年のパリ万国博覧会において、スペインのパビリオンに『La Monserrat』を出品し、ピカソの『ゲルニカ』の隣に展示された。また同年ニューヨーク近代美術館で開かれた「キュビスムと抽象芸術」にも作品を出品した。ジュリオ・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • トニー・スミス (美術家)

    トニー・スミス (美術家)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    トニー・スミス(Tony Smith、1912年9月23日 - 1980年12月26日)は、アメリカ合衆国のミニマリズムの美術家。彫刻家、画家であり、同時に建築家でもあった。建築家フランク・ロイド・ライトの助手であった彼は、若い頃に抽象表現主義を経験し、ミニマリズムの登場と同時にミニマルタイプによる幾何学的彫刻を生み出した。1968年にはニューヨーク近代美術館の「The Art of the Real:USA 1948-1968」展に、また1968年にはハーグ市立美術館の「Minimal Art」展に出品した。トニー・スミス (美術家) フレッシュアイペディアより)

  • アーネスト・サトウ (写真家)

    アーネスト・サトウ (写真家)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    また、鳩の羽ばたきをダイナミックに表現した作品 Bird Flying Away がニューヨーク近代美術館に収蔵された。アーネスト・サトウ (写真家) フレッシュアイペディアより)

  • 石橋義正

    石橋義正から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    2001年 - 「バミリオン・プレジャー・ナイト」中の『Fuccon Family』(『オー!マイキー』の原型)を、「New Director's/New Films 映画祭」(ニューヨーク近代美術館)「ロカルノ映画祭」(スイス)など海外映画祭に出品。「シネマ・トゥ・エクラン映画祭」(スイス)で審査員特別賞受賞。2004年「第54回ベルリン国際映画祭」パノラマ部門に出品。石橋義正 フレッシュアイペディアより)

  • メレット・オッペンハイム

    メレット・オッペンハイムから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    オッペンハイムの作品で最も知られているのは『毛皮の朝食』(1936年)である。これはカップやソーサー、スプーンをガゼルの毛皮で包んだオブジェで、シュルレアリスムのオブジェとして最もよく知られているもののひとつである。この作品は、ニューヨークの近代美術館に収蔵されている。メレット・オッペンハイム フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ブニュエル

    ルイス・ブニュエルから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    スペイン内戦が勃発し、ブニュエルは共和国側のフランス大使のスタッフとして東奔西走する。共和国側がファシストに敗北した頃はアメリカに渡っていてニューヨーク近代美術館で反ファシズム映画を集めるという仕事に就くが、あまりにも世間知らずなダリが『わが秘められた生涯』の中で「ブニュエルは無神論者だ」と発言することによって職を失う。ルイス・ブニュエル フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カッツ

    アレックス・カッツから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    カッツの作品は、テート・モダン、ニューヨーク近代美術館も所蔵している。アレックス・カッツ フレッシュアイペディアより)

  • アルマン (美術家)

    アルマン (美術家)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1960年10月25日には、旧友イヴ・クラインが画廊の中に何も置かない『空虚』展を開いたイリス・クレール画廊で、画廊の部屋いっぱいにゴミを詰め込んだ『充満』展を開いた。彼のこうした作品は、ピエール・レスタニら美術評論家の注目するところとなり、2日後の10月27日にはイヴ・クラインやセザールらのヌーヴォー・レアリスムという集団に参加した。また1961年には、ニューヨーク近代美術館での『ジ・アート・オブ・アッサンブラージュ』展に出展し、以後は年の半分をニューヨークで暮らし、ロバート・ラウシェンバーグらネオダダの作家たちと行動するようになった。アルマン (美術家) フレッシュアイペディアより)

  • ピピロッティ・リスト

    ピピロッティ・リストから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    『Ever is Over All』(1997年)では、若い女性が花(クニフォフィア)の形をした巨大なハンマーで駐車中の車の窓を叩き割りながら、スローモーションで通りを歩く。途中警官が彼女に挨拶する。このクリップはニューヨークのニューヨーク近代美術館に購入された。ピピロッティ・リスト フレッシュアイペディアより)

272件中 71 - 80件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード