378件中 81 - 90件表示
  • 深沢幸雄

    深沢幸雄から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    初期には人間の内面や感情の奥底を表現したモノクロの作品が多かったが、やがて壮大で叙事詩的なテーマを取りあげるようになり、鮮烈な色彩といくつもの銅版画技法を用いるようになった。深沢の作品はニューヨーク近代美術館(MoMA)、(いずれもアメリカ)、メキシコ国立版画美術館(メキシコ)、ケルン文化会館(ドイツ)、ウフィツィ美術館(イタリア)、チェコ国立近代美術館(チェコ)、山梨県立美術館、南アルプス市立春仙美術館などに所蔵されている。東京国際版画ビエンナーレ、ルガノ国際版画ビエンナーレ(スイス)、聖ジェームス協会日本現代版画展(アメリカ)、サンパウロ・ビエンナーレ(ブラジル)などで展覧会が開催された。深沢幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 山端庸介

    山端庸介から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1955年 - ニューヨーク近代美術館で開催された写真展「ザ・ファミリー・オブ・マン」に山端の原爆写真「おにぎりを持つ少年」が展示される。山端庸介 フレッシュアイペディアより)

  • 写真集

    写真集から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1938年、ニューヨーク近代美術館(MoMA)にてウォーカー・エバンスが写真家として初めて開催される。展覧会カタログ「American Photographs,1938」はそれまでの一枚ずつ見せる形から、一連の流れで編集されており、近代的な写真集の始まりとされる。写真集 フレッシュアイペディアより)

  • リーデル

    リーデルから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ブルゴーニュ・グランクリュは1958年に開発されたもので、ニューヨーク近代美術館に展示されている。リーデル フレッシュアイペディアより)

  • 決死隊 (映画)

    決死隊 (映画)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    この映画の一部、もしくは断片がアメリカ議会図書館とニューヨーク近代美術館に収蔵されている。決死隊 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • コンボの冬

    コンボの冬から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    MoMaという名前の由来は、コンボを構成する《精神力/Mind over Matter》の略称と、コンボ中のソロプレイの美しさを皮肉ってニューヨーク近代美術館の愛称であるMoMAと掛けたものである。コンボの冬 フレッシュアイペディアより)

  • ハーバート・ビーバーマン

    ハーバート・ビーバーマンから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ナチズムを批判した1944年の『幻影のハーケンクロイツ』で注目を浴びたが、下院非米活動委員会で証言を拒否して議会侮辱罪に問われ、投獄される。6ヶ月後に釈放されたが、映画スタジオのブラック・リストに載った為、以降は自主制作を余儀なくされた。1954年の『地の塩』はアメリカ国立フィルム登録簿とニューヨーク近代美術館に保存されている。ハーバート・ビーバーマン フレッシュアイペディアより)

  • イタルジェット

    イタルジェットから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    イタルジェット(Italjet Moto )は、1959年にデザイナーであり設計者のレオポルド・タルタリーニによって設立された、イタリア・ボローニャ県カステル・サン・ピエトロ・テルメに本社のあるオートバイメーカー。主に小型オフロード車やスクーターなど、小排気量車の生産を中心としている。オートバイ以外には、全地形対応車 (ATV) の生産なども行っていた。しかし経営に行き詰まり2003年に一度倒産する。その後、他企業に勤務していたレオポルドの実子のマッシニモ・タルタリーニが2005年11月に再建している。製品のデザイン性は高く評価され、一部はニューヨーク近代美術館やグッゲンハイム美術館にて展示、収蔵されている。イタルジェット フレッシュアイペディアより)

  • 女の叫び (1911年の映画)

    女の叫び (1911年の映画)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    映画のプリントがニューヨーク近代美術館の映画書庫に現存している。2005年、オッフェンブルグ工科大学の学生がクロマキーとデジタル的な背景追加により『女の叫び』をリメイクした。女の叫び (1911年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ゴードン・バンシャフト

    ゴードン・バンシャフトから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク州バッファローのユダヤ人の家庭に生まれる。マサチューセッツ工科大学を1933年に卒業、1935年に修了し、1937年までヨーロッパへ研修旅行に出かけた。最初はニューヨーク近代美術館建設などを手がけたモダニズム建築家、エドワード・ダレル・ストーンのもとで働いた。次いで流線型機関車や企業ロゴデザインなどを手がけていたインダストリアルデザイナー、レイモンド・ローウィのもとで働いたが、彼の仕事をあまり信用できないものだと考えたバンシャフトは3ヶ月で彼の元を去り、1936年にシカゴで創業したばかりの建築設計事務所、スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル (SOM) のニューヨーク事務所に入り、そのパートナーとなった。第二次世界大戦中は陸軍工兵隊に徴兵され、戦後SOMに復帰した。ゴードン・バンシャフト フレッシュアイペディアより)

378件中 81 - 90件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード