前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館から見たポール・ゴーギャン

    開館第1回展は「セザンヌ、ゴーギャン、スーラ、ゴッホ展」であった。このことは、印象派の次の世代(ポスト印象派)にあたる画家の彼らが当時の「前衛」であり、20世紀以後の「現代美術」の最初の画家たちであったことを象徴している。第1回展の展示風景の記録写真を見れば、19世紀式のサロン風の展示ではなく、昨今の美術館にみられるような、ニュートラルな白い壁面(ホワイトキューブ)に絵画が掛けられているが、これも当時としては斬新であった。ニューヨーク近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館から見たKDDI

    また、建築、商品デザイン、ポスター、写真、映画など、美術館の収蔵芸術とはみなされていなかった新しい時代の表現までをも収蔵品に加え、常設・企画展示・上映などを行うことで、世界のグラフィックデザインの研究の中心としての地位をゆるぎないものにした。ここには、日本製の電気製品や家具、映画作品などもデザインの歴史に影響を与えた優れた作品として収蔵されている。2007年1月には、auブランドを展開するKDDIのau design project(現・iida)で生まれた、日本でしか利用でない4機種の携帯電話が収蔵品に選定され、話題になった。ニューヨーク近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館から見たジョルジュ・スーラ

    開館第1回展は「セザンヌ、ゴーギャン、スーラ、ゴッホ展」であった。このことは、印象派の次の世代(ポスト印象派)にあたる画家の彼らが当時の「前衛」であり、20世紀以後の「現代美術」の最初の画家たちであったことを象徴している。第1回展の展示風景の記録写真を見れば、19世紀式のサロン風の展示ではなく、昨今の美術館にみられるような、ニュートラルな白い壁面(ホワイトキューブ)に絵画が掛けられているが、これも当時としては斬新であった。ニューヨーク近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館から見た川崎和男

    川崎和男 車椅子 『CARNA』 (1989年)ニューヨーク近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館から見た谷口吉生

    同美術館は展示スペースのさらなる増加と、増築によって複雑化した全体の整理をめざして、国際建築コンペを行い丸亀市猪熊弦一郎現代美術館や豊田市美術館などで知られる日本人建築家・谷口吉生の設計案を選んだ。建築総工費900億円を掛け増築され2004年11月20日に再オープンし、これにより展示面積は1万2500平方メートルになった。ニューヨーク近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館から見た新居猛

    新居猛『ニーチェアX』(1970年)ニューヨーク近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館から見たJ.D.ロックフェラー2世

    近代美術館設立の構想は、L.P.ブリス、C.J.サリヴァン夫人およびJ\.D\.ロックフェラー2世夫人という3人の女性によって発案され、開館したのは1929年である。日本の時代区分でいえば昭和のごく初期に早くも前衛美術専門の美術館の設立が構想されていたことは注目される。ニューヨーク近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館から見たジョン・ロックフェラー2世

    1929年の開館時にはオフィスビルを間借りして展示室としていた。3年後の1932年に現在地へ移転。その後ジョン・ロックフェラー2世から隣接地の寄贈を受けビルの建設を始める。1939年に現在の建物の最古の部分が竣工している。エドワード・D・ストーンとフィリップ・S・グッドウィンの設計になる建物で、箱形の外観、平滑な壁面、大きなガラス面など、「国際様式(インターナショナル・スタイル)」建築の典型である。ニューヨーク近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館から見たフィリップ・ジョンソン

    第二次世界大戦後、1951年と1964年の2度にわたって、フィリップ・ジョンソンによって鉄骨とガラスによるイースト・ウィングの増築が施され、彫刻庭園が増設された。さらに1983年にはシーザー・ペリによってガラスのエスカレーターが印象的なガーデン・ウィングが増設され展示面積は二倍になった。ニューヨーク近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館から見たポール・セザンヌ

    開館第1回展は「セザンヌ、ゴーギャン、スーラ、ゴッホ展」であった。このことは、印象派の次の世代(ポスト印象派)にあたる画家の彼らが当時の「前衛」であり、20世紀以後の「現代美術」の最初の画家たちであったことを象徴している。第1回展の展示風景の記録写真を見れば、19世紀式のサロン風の展示ではなく、昨今の美術館にみられるような、ニュートラルな白い壁面(ホワイトキューブ)に絵画が掛けられているが、これも当時としては斬新であった。ニューヨーク近代美術館 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード