94件中 21 - 30件表示
  • ゴノレゴシリーズ

    ゴノレゴシリーズから見た話題話題

    2001年に公開された「吉野家」が話題を呼び、シリーズ化された。現在までに12本のシリーズが発表されているほか、2003年のイベント「FLASH★BOMB'03」のオープニングにも登場した。また、2006年には名古屋大学映画研究会により実写版も制作されている。ゴノレゴシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 夢ナビ

    夢ナビから見たトピック話題

    夢ナビ(ゆめなび)は、高校生に大学の学問を広報するためのサービスである。高校生を対象として大学教員が原稿や生講義の形式で自らが研究する学問のトピックを伝えることにより、高校生が自身の関心に関連する学問を知るものである。同サービスには夢ナビ授業・夢ナビWeb・夢ナビライブといったバリエーションがある。夢ナビは株式会社フロムページが運営しており、そのビジネスモデルは同社が特許を取得している(特許番号第4582726号)。夢ナビ フレッシュアイペディアより)

  • ラストゲーム〜最後の早慶戦〜 (劇作品)

    ラストゲーム〜最後の早慶戦〜 (劇作品)から見た主題話題

    出陣学徒壮行早慶戦がモチーフとなっている。ラストゲーム〜最後の早慶戦〜 (劇作品) フレッシュアイペディアより)

  • Furpeace

    Furpeaceから見たトピック話題

    furpeaceは一方的につぶやくTwitterとは異なり、時系列でありながら「トピック形式」を採用し、「コメントする」を利用することで、チャットのような短い会話が人と犬、人と人、犬と犬の間に生まれる。これによりユーザのサイト滞在時間が増えると予測されている。加えて、特定ユーザ向けにきもちを投稿することも可能。Furpeace フレッシュアイペディアより)

  • 松下文法

    松下文法から見た話題話題

    また、松下は主題を持つ文と持たない文の違いについても注目し、次のような区別を立てた:松下文法 フレッシュアイペディアより)

  • 三上章

    三上章から見た話題話題

    三上の研究は、日本語研究において統語論を他の領域と分けて研究した点にもっとも先駆的なところを見出すことができる。論理学においては意味論と統語論が截然と分かたれているが、自然言語の研究においては、かつては大勢とは言えなかった。生成文法における統語論の研究から一般的となったこのような方法論に関して三上は時代に先んじていたと言え、生成文法の研究者の中に三上の研究を支持する者が多く、また逆に三上も生成文法を「科学的」と評価していた。三上の活動の中でもっとも有名なのは「主語廃止論」であろう。これは、正しく捉えるならば、用語の混乱による研究の停滞を激しく攻撃したものであり、決して「主語」相当のものを言語研究から排除するものではなかった。三上のこの戦略は成功したとも言えるし、失敗したとも言える。それは、三上以前に用語の混乱を逃れるため、主題を顕在化して持つ文と持たない文の違いを深く研究した松下大三郎がいるし、さらに元はと言えば「主語」とは論理学において主題相当のものにあたるものの訳語であった。そして一方では「主語廃止論」をよそに、現在も学校文法で「主語」という言葉が用いられ、日常にも浸透している。しかし、そういった戦略的側面を除いても、「主語」で隠されていた様々な現象を解き明かしていった三上の功績は現代的観点からも輝きを失っていない。例えばガで表示される名詞句の他の格に対する圧倒的な特殊性(三上は「優位性」と述べた)の指摘、主題に関わるさまざまな現象の観察の深化など。三上章 フレッシュアイペディアより)

  • ピート・ケー

    ピート・ケーから見た主題話題

    1953年、ハーレム市で開かれたオルガン即興コンクールにおいて、彼はアントン・ハイラーとカール・リヒターという二人の大オルガニストを抑えて優勝した。課題は、アドリアーン・エンゲルスの作曲した主題によって3楽章による楽曲を即興で演奏するというものであった。ピート・ケー フレッシュアイペディアより)

  • イディッシュ語の文法

    イディッシュ語の文法から見た話題話題

    他のゲルマン諸語と同じように、イディッシュ語の語順もV2語順であり、平叙文では節の2番目に定動詞が置かれ、1番目の要素として必ずしも主語が置かれるわけではなく、副詞あるいは他の話題の場合もある。しかし、イディッシュ語が他のゲルマン諸語と違う点は、主文のみならず副文もV 2語順を採る点である。アイスランド語を除き、他のゲルマン諸語ではV 2語順は主文にのみ現れるのが普通である。イディッシュ語の文法 フレッシュアイペディアより)

  • おたくの娘さん

    おたくの娘さんから見た話題話題

    富士見書房の単行本の折り込み広告『ぷちえいじ』内に『おたくの娘さん 出張版』として、その月のトピックとなる作品を親子の会話形式で宣伝している4コマ漫画が掲載されている。その後、ゲーマーズの無料配布誌『フロムゲーマーズ』にも『ぷちえいじ』とは異なる描き下ろしが掲載された。おたくの娘さん フレッシュアイペディアより)

  • 四部作

    四部作から見た主題話題

    四部作(よんぶさく、Tetralogy)は、四つにそれぞれ分かれていながら、同じ一つの主題を持つ作品群のこと。四部作 フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「ネット上の話題」のニューストピックワード