123件中 41 - 50件表示
  • 地域調査

    地域調査から見た主題話題

    地域調査(ちいきちょうさ)とは、特定の地域を目的をもって調査する学習活動のことであり、調査したい地域を先に決め、その地域にふさわしい主題を選ぶ方法と、関心をもった主題から、それに適した地域を選んで調べる方法がある。地域調査 フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第4番 (ショスタコーヴィチ)

    交響曲第4番 (ショスタコーヴィチ)から見た主題話題

    葬送行進曲を思わせる序奏で始まる。ティンパニとコントラバスの増4度のリズムに乗ってファゴットによって奏され、ユーモアも交えるという、いかにもショスタコーヴィチらしいシニカルな組曲風の楽章である。深刻な主題に達して最初の頂点を作る。主部は一転して『魔笛』のパパゲーノのアリアや『カルメン』の「闘牛士の歌」のパロディなどの能天気な音が出るなど、様々な要素の音楽がめまぐるしく現れ徹底的に展開されさまざまな快速調のパッセージが形作られる。後半部、低弦の刻むリズムが静かに消えるが、この主部自体は自由に即興的に作られた一種の主題の無い変奏曲形式と見ることができる。長大なコーダでは突如2人のティンパニの連打に伴い、金管群のハ長調のコラールが堂々と奏でられ、悲劇的な3拍子の行進曲がカタストロフのごとく炸裂する。最後は、力を失い、主調であるハ短調の和音が響く中、弱音トランペットが警鐘のように主題を鳴らし、悲しみと清浄の入り混じるかのようなチェレスタの響きにより終結が訪れる。交響曲第4番 (ショスタコーヴィチ) フレッシュアイペディアより)

  • 鮫の夏

    鮫の夏から見たトピック話題

    「鮫の夏」は、低俗なマスメディアが話題性のみでトピックを取り上げることで、人々に現実と乖離した現象が多発しているかのように誤認させることがある。ということの教訓となった。そのため、メディア批判の好例となっている鮫の夏 フレッシュアイペディアより)

  • 女性話法

    女性話法から見た話題話題

    3分ごとに話題が切り替わる女性話法 フレッシュアイペディアより)

  • ゴノレゴシリーズ

    ゴノレゴシリーズから見た話題話題

    2001年に公開された「吉野家」が話題を呼び、シリーズ化された。現在までに12本のシリーズが発表されているほか、2003年のイベント「FLASH★BOMB'03」のオープニングにも登場した。また、2006年には名古屋大学映画研究会により実写版も制作されている。2016年には前作の監督により続編となる実写版「続・メカゴノレゴの逆襲」が制作された。ゴノレゴシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • アルバレス・キンテーロ兄弟

    アルバレス・キンテーロ兄弟から見た主題話題

    若い頃よりセラフィンらの故郷であるアンダルシア州を主題にアンダルシア方言を混ぜた喜劇的な作品を著し、20世紀の初めから終始二人で約200作もの戯曲を合作で発表した。アルバレス・キンテーロ兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • Say Hello to My Minions

    Say Hello to My Minionsから見たトピック話題

    最初はSALUがトピックを決めて楽曲を書き、SKY-HIがそれを聴いてヴァースを書くという手法で制作された。SALUが短時間で4、5曲書き上げ、それを繰り返し制作していたら9曲ほど完成し、アルバムとして発売できる曲集が出来上がった為、アルバムという形で発表されることとなった。後半はSKY-HIが最初に書いた曲や共同制作のものもあったという。2人が数年の間食事や電話で話していたことがトピックになった曲もあり、積み重ねがあった分制作期間はあまりかからなかったと述べている。遊び感覚で制作できたが、共作なのでクオリティーには自然にこだわったとSKY-HIは語っており、特にリリック面ではフィーチャリングみたいになるのは嫌だったので、相手が言ってることを受けてそれに返すという交換日記のようなやり方で書いたものが多かったという。近年の日本でのラップブームやフリースタイルラップブームを受け、数多く出てるヒップホップ作品の中でかっこいいものを作るという思いもあったといい、2人がかっこいいと思うことを思うがままにやったという。Say Hello to My Minions フレッシュアイペディアより)

  • 詩を書く少年

    詩を書く少年から見た主題話題

    『詩を書く少年』(しをかくしょうねん)は、三島由紀夫の短編小説。三島の自伝的作品である。詩の天才と自認し、詩作の幸福に酩酊していた少年が、或る親しい先輩の恋愛の告白の中からその滑稽さと、自らの無意識のナルシシズムを発見し自意識に目ざめる物語。詩作に耽溺していた15歳の頃の自分を、30歳を前にした三島が冷静に顧みた私小説的作品で、少年(三島)が詩人にならずに小説家になったその転機と、三島文学全体にわたる一つの主題を考察する上で、重要な手がかりとなる作品である。なお、作中に登場する文芸部の先輩Rのモデルは、三島の学習院時代の先輩であった坊城俊民である。詩を書く少年 フレッシュアイペディアより)

  • 散文の理論

    散文の理論から見た主題話題

    シクロフスキーはロシア・フォルマリズム理論の研究者であり、本書は彼の主著であるとともに形式主義の文学理論の古典的研究である。本書には論文「手法としての芸術」、「短編小説と長編小説の構造」、「秘密をもった短編小説」、「秘密をもった長編小説」、「パロディの長編小説」が収録されている。文学研究において異化の概念や主題などの概念を導入しながら、さまざまな散文作品を分析した研究である。散文の理論 フレッシュアイペディアより)

  • 緊縛 縄の陶酔

    緊縛 縄の陶酔から見た主題話題

    『緊縛 縄の陶酔』(きんばく なわのとうすい)は、1985年に公開されたSMが主題の成人映画。緊縛 縄の陶酔 フレッシュアイペディアより)

123件中 41 - 50件表示

「ネット上の話題」のニューストピックワード