123件中 61 - 70件表示
  • 愛の渇き

    愛の渇きから見た主題話題

    主題については、〈救済〉を欲せず己の幸福を自称するヒロインの、反ボヴァリー夫人、反テレーズ・デスケイルゥ(Thérèse Desqueyroux)的主題で、〈唯一神なき人間の幸福といふ観念〉を追及するために、〈希臘神話の女性に似たものを、現代日本の風土に置いてみようと試みたもの〉としている。また、自身の〈気質〉と折れ合うことを試み、〈気質と小説技術とを、十分意識的に結合しよう〉とした作品だとしている。文体は、〈モーリヤックの一時的な影響下に生れた文体〉と説明している。愛の渇き フレッシュアイペディアより)

  • マンスプレイニング

    マンスプレイニングから見た主題話題

    ソルニットは『ロサンゼルス・タイムズ』が運営するウェブサイト上で2008年4月に公開された「」(解説してくる男たち)と題するの中で、パーティーで出会った男性についての逸話を紹介する。「本を何冊か出しているんだよね? 」と尋ねる彼に、彼女はエドワード・マイブリッジを最新作のテーマにしていると答えた。するとすぐさま、それが彼女の本であるかもしれないとは少しも考えようともせずに、「マイブリッジについて書かれたすごく重要な本が今年出版されたんだけど知っている? 」と返し、得意げに解説してきた。彼女がその本の著者であるという事実を認知していなかったのである。マンスプレイニング フレッシュアイペディアより)

  • 四部作

    四部作から見た主題話題

    四部作(よんぶさく)は、四つにそれぞれ分かれていながら、同じ一つの主題を持つ作品群のこと。テトラロジー()。四部作 フレッシュアイペディアより)

  • 内容領域専門家

    内容領域専門家から見た話題話題

    内容領域専門家(ないようりょういきせんもんか、、SME)とは、特定の領域またはトピックの情報に優れ、常人よりもその分野に対しての知識を多く有し、他の人々に専門的な知識を提供し設計と内容に矛盾が無いようチェックするインファレンス能力に優れている人物の事である。内容領域専門家 フレッシュアイペディアより)

  • ハイダ語

    ハイダ語から見た話題話題

    他に定冠詞・部分冠詞に相当する接尾辞がある。助詞に相当する接語として、後置詞(格助詞に相当)のほかに、副助詞に相当するものがあり、話題標識も含む。ハイダ語 フレッシュアイペディアより)

  • ALI PROJECT

    ALI PROJECTから見た主題話題

    宝野の歌詞は文語・漢語を主体とした硬質な響きを多用しており、頽廃・幻想・神話世界・世紀末・近未来/レトロフューチャー、エロティシズム、ヒロイズム、シノワズリなどの主題を好む傾向が強い。その蒼然とした言い回しそのものや宝野の擬古調・声楽調のヴォーカルとあいまって異彩を放っている。また宝野は自身が述べるように、三島由紀夫・中井英夫・澁澤龍彦・寺山修司・皆川博子・赤江瀑・倉橋由美子・服部まゆみ・久世光彦などの幻想・頽廃文学、映画などにも傾倒しており、それらへのオマージュとしての詩作も少なくない。ただし初期は方向性のひとつがガールズ・ポップスだったからか、ある種少女漫画的な意匠や表現を用いることもあった。ALI PROJECT フレッシュアイペディアより)

  • 伝統に訴える論証

    伝統に訴える論証から見た主題話題

    伝統に訴える論証(でんとうにうったえるろんしょう、)とは、論理的誤謬の一種であり、主題が過去または現在の伝統(しきたり、流儀、慣習、習慣)に照らして正しいと見なす論証。、、、、"is/ought" の誤謬などとも。伝統に訴える論証 フレッシュアイペディアより)

  • アミール・ホスロー

    アミール・ホスローから見た主題話題

    民族叙事詩、神秘主義、歴史を主題に叙事詩や叙情詩を多く作った。アミール・ホスロー フレッシュアイペディアより)

  • サブジェクト (競走馬)

    サブジェクト (競走馬)から見た主題話題

    サブジェクト () とは、日本の元競走馬である。馬名は英語で「主題」を意味している。サブジェクト (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • シュスワプ語

    シュスワプ語から見た話題話題

    19世紀末にシュスワップ族への人類学的調査が行われ(Tyler et al. (1891))、その後本格的な民族学的調査が20世紀初頭に()の(James Alexander Teit)によって行われた()。しかし、その言語についての研究の発展はライデン大学のオランダ人言語学者クイパーズ(Aert Hendrik Kuipers; 1919-2012)による1953年以降の3度にわたる調査を待たねばならなかった。クイパーズによる1974年のモノグラフは個別言語全体の記述が不足していたセイリッシュ語族に関して貴重な文献であった。その後学界においては、Gardiner (1998) がシュスワプ語の話題()や焦点()について研究し、また Lai (1998a, b) や Déchaine & Wiltschko (2003) がシュスワプ語の独立代名詞をDP仮説などを通して分析しているが、後者は他の複数の言語も跨いだものとなっている(参照: )。シュスワプ語 フレッシュアイペディアより)

123件中 61 - 70件表示

「ネット上の話題」のニューストピックワード