94件中 61 - 70件表示
  • オリキュン

    オリキュンから見た話題話題

    2006年10月、深夜番組として放送開始(関東地方では水曜25:58 - 26:28にて放送)。冠レギュラー番組を獲得した若手芸人の最速出世記録として話題になった。オリキュン フレッシュアイペディアより)

  • 地域調査

    地域調査から見た主題話題

    地域調査(ちいきちょうさ)とは、特定の地域を目的をもって調査する学習活動のことであり、調査したい地域を先に決め、その地域にふさわしい主題を選ぶ方法と、関心をもった主題から、それに適した地域を選んで調べる方法がある。地域調査 フレッシュアイペディアより)

  • アンサイクロペディア

    アンサイクロペディアから見たトピック話題

    アンサイクロペディアはウィキペディア内の「削除された悪ふざけとナンセンス」の保管所として、2005年1月にウィキペディアの一部として開始された(アンサイクロペディア内にはこれのパロディである「削除された事実と退屈な文章」が存在する)。しかしながらこの保管所はウィキペディア上でまったく宣伝されず、分類されたトピックによる風刺的な文章の投稿場所として成長した。いうなればウィキペディア版「悪魔の辞典」という性質を有している。アンサイクロペディア フレッシュアイペディアより)

  • メルヘン

    メルヘンから見た主題話題

    民間メルヘンの創始者を決めることは出来ない。口承は長い期間、排他的で、また伝統的で自然な形態で今日まで続いてきた。しかし伝統的な口承の時代から、効率的な文字の時代が始まり、中世の初期おとぎ話は、文学として記録されて発見される。現代においては印刷によって、さらに普及の可能性を得ている。口承による伝統的文芸に基づいた出版の形態について、フォルクスメルヘンは固定的な形式を持っていない。むしろ非常に多くの、部分的に異なったバリエーションが現れている。しかし人物の動きに含まれる物語の基本的な構造(主題、行動の道筋など)は、それらバリエーションで分類できる。そしてバリエーションからの逸脱は、古く、広く拡散したものほど大きくなる。メルヘン フレッシュアイペディアより)

  • 清兵衛と瓢箪

    清兵衛と瓢箪から見た主題話題

    作品の主題は「大人は自分の価値観でしかものを判断できず、子供の個性を抑圧する。しかしおさえつけられても子供はその個性をまた別のところで伸ばしていく」というところにあるといわれ、ほかの志賀の初期作品同様父子の対立が根底にある。また志賀本人が尾道にいたころ船の中で訊いた話が題材となっており、志賀の経験が多分に含まれている作品でもある。清兵衛と瓢箪 フレッシュアイペディアより)

  • メタ哲学

    メタ哲学から見た主題話題

    哲学的研究は元から二次的で、概念、理論、前提をも主題が問題になるのと同じように問題としている著述家もいる。「それは一般的には二次的な物事」である「考えることについて考えること」である。哲学者は人の思考を構成する概念を使うよりもむしろ研究する。だが、オクスフォード哲学辞典 において、二次的に考え直すことと一次的な規律を実践することそれ自体との境界線は必ずしも明確でないと警告されている。つまり、哲学的な問題は規律が発展することで抑え込まれ、規律による管理は反省によって揺すぶりをかけられるのである。メタ哲学 フレッシュアイペディアより)

  • 検索

    検索から見た話題話題

    2006年頃までは紙を主体にした宣伝広告や広報のなかでURLを表記して広告内容の詳細を更に調べたい者に対して案内としたが、インターネットの利用が極めて一般的となった2007年ないし2008年頃からは広告の最後に「○○○○○     検索」の様な形式で(同時にマウスのクリック音が挿入される広告も多く存在)、紙の媒体だけでなく、テレビ放送の広告にまで広告主の案内や広告のテーマや話題を直ちに検索する事を促す手法が一般化した。なお、このような手法は日本国外ではほとんど普及していないらしい。検索 フレッシュアイペディアより)

  • 東アジア言語

    東アジア言語から見た主題話題

    主題・述語構造:主題優勢言語ではよく最初に文の主題が来て、次に述部が続く構造となる。東アジア言語 フレッシュアイペディアより)

  • 標識 (言語学)

    標識 (言語学)から見た話題話題

    日本語では、格助詞は格を表す格標識である。例えば「が」は主格、「を」は対格を示す。助詞「は」は文の主題を表す主題標識である。接続助詞「と」(「?という」など)は補文標識、終助詞「か」は疑問文であることを表す標識である。いずれもその直前にある語や文に関しての文法機能を表す。尻上がりの発音で疑問文にする場合は、この発音が疑問文の標識となる。標識 (言語学) フレッシュアイペディアより)

  • 焦点 (言語学)

    焦点 (言語学)から見た話題話題

    言語学における焦点(しょうてん)とは、文の中で新しい重要な情報として特に強調される部分をいう。言語によっては、文の中でともに強調される要素である話題(主題、題目)と区別しにくい場合もあるが、話題は既知の情報(典型的には定冠詞や代名詞などで標示される)であるのに対し、焦点は基本的に新しい情報(不定冠詞がつくこともある)である点が異なる。焦点 (言語学) フレッシュアイペディアより)

94件中 61 - 70件表示

「ネット上の話題」のニューストピックワード