前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • 話題

    話題から見たマーカー (言語学)

    話題マーカー(英語では"As for..."、"Speaking of..."など;日本語では「は」など)を付け足して強調する。話題 フレッシュアイペディアより)

  • 話題

    話題から見た動詞

    ハンガリー語(どちらかというと主語優勢であるが、語順はかなり自由)は、焦点を動詞直前に持ってきて動詞の形態の違いで明示する特徴があり、話題は(それほど明示的でないが)文頭に表示する傾向がある。話題 フレッシュアイペディアより)

  • 話題

    話題から見た受動態

    受動態を使って本来の目的語を主語に変換する。話題 フレッシュアイペディアより)

  • 話題

    話題から見た定性

    話題は基本的には、談話の相手にとって何らかの情報がある「既知」のもの、つまり典型的には英語でいえば定冠詞つき名詞や代名詞で示されるもの、日本語でいえば助詞「は」で示されるものである(定性参照)。話題 フレッシュアイペディアより)

  • 話題

    話題から見た情報

    話題は基本的には、談話の相手にとって何らかの情報がある「既知」のもの、つまり典型的には英語でいえば定冠詞つき名詞や代名詞で示されるもの、日本語でいえば助詞「は」で示されるものである(定性参照)。話題 フレッシュアイペディアより)

  • 話題

    話題から見た主題優勢言語

    日本語などの主題優勢言語では、必ずしもそうでなく(言語によって程度が異なるが)むしろ話題の方が重要である。これらでは話題解説構文(topic-comment frame、あるいは主題題述構文theme-rheme frame)が基本的な構文となる。「象は鼻が長い」などは二重主語文と呼ばれることもあるが、実際には「象は」が文全体の話題語、「鼻が」は述語「長い」に対する主語であり、話題「象は」に対して題述部(あるいは述部)「鼻が長い」をつないだ構文である。また、「英語では主語を重視する」のように、主語のない(話題語はある)文もごく一般的である。話題 フレッシュアイペディアより)

  • 話題

    話題から見た述語

    日本語などの主題優勢言語では、必ずしもそうでなく(言語によって程度が異なるが)むしろ話題の方が重要である。これらでは話題解説構文(topic-comment frame、あるいは主題題述構文theme-rheme frame)が基本的な構文となる。「象は鼻が長い」などは二重主語文と呼ばれることもあるが、実際には「象は」が文全体の話題語、「鼻が」は述語「長い」に対する主語であり、話題「象は」に対して題述部(あるいは述部)「鼻が長い」をつないだ構文である。また、「英語では主語を重視する」のように、主語のない(話題語はある)文もごく一般的である。話題 フレッシュアイペディアより)

  • 話題

    話題から見た談話

    文のレベルでの話題と談話のレベル(文脈)における話題は区別しなければならない。例えば「太郎の家」の話をしている(談話レベルの話題は「太郎の家」)場合でも、個々の文の話題は「太郎」自身になったり、「太郎の隣人」、「太郎の家のデザイン」、「太郎の家のある町」などになったりする。話題 フレッシュアイペディアより)

  • 話題

    話題から見た

    言語学における話題(わだい:Topic)は、主題(しゅだい、、)、題目(だいもく)などともいい、によって陳述される中心的対象をいう。文中に明示された場合には話題語(主題語)ともいう。日本語では話題が前の文と同じである場合には省略することが多い(主題役割というときの「主題」とは直接関係はない)。話題 フレッシュアイペディアより)

  • 話題

    話題から見た言語学

    言語学における話題(わだい:Topic)は、主題(しゅだい、、)、題目(だいもく)などともいい、文によって陳述される中心的対象をいう。文中に明示された場合には話題語(主題語)ともいう。日本語では話題が前の文と同じである場合には省略することが多い(主題役割というときの「主題」とは直接関係はない)。話題 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「ネット上の話題」のニューストピックワード