前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • ノースウェスト・ダービー

    ノースウェスト・ダービーから見たネマニャ・ビディッチネマニャ・ヴィディッチ

    2009年3月14日にオールド・トラッフォードで両者が対戦した際には、マンチェスター・Uは首位を走っていたが、リヴァプールFCは1990年以来となる優勝に向けた争いに出遅れていた。試合は23分にクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めてマンチェスター・Uが先制したが、5分後にリヴァプールFCのフェルナンド・トーレスが同点ゴールを決め、前半終了直前にはスティーヴン・ジェラードがPKを決めてリヴァプールFCが逆転した。76分にはマンチェスター・Uのネマニャ・ビディッチが退場処分を受け、さらに惨めなことに、マンチェスター・Uはファビオ・アウレリオとアンドレア・ドッセーナにもゴールを許して落着きを失った。オールド・トラッフォードで4失点して敗れるのは全大会を通じて17年ぶりのことであったが、マンチェスター・Uは最終的にリーグ3連覇を果たし、リヴァプールFCは2位に終わっている。ノースウェスト・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • ウェズ・ブラウン

    ウェズ・ブラウンから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    2006-07シーズンは冬にスパルタク・モスクワから移籍してきたネマニャ・ヴィディッチによってベンチを暖めるが多かった。2007-08シーズンはガリー・ネヴィルの負傷もあり右サイドバックのレギュラーとして活躍。チャンピオンズリーグ決勝のチェルシーFC戦ではクリスティアーノ・ロナウドの先制点をアシストするなどチームのプレミア連覇、チャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献した。ウェズ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ネナド・ジョルジェビッチ

    ネナド・ジョルジェビッチから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    セルビア・モンテネグロが失点1で通過した同欧州予選には2試合のみの出場だったが、ワールドカップドイツ大会ではネマニャ・ヴィディッチの怪我により、対オランダ戦、コートジボワール戦の2試合に出場した。しかし、右サイドバックとして出場したオランダ戦では対面のアリエン・ロッベンにまったく対応できないまま、前半で交代させられるなど悪い意味で目立った大会となってしまった。ネナド・ジョルジェビッチ フレッシュアイペディアより)

  • マティヤ・ナスタシッチ

    マティヤ・ナスタシッチから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    フィジカルの強さと上背の高さで空中戦を制するセンターバック。また足元の技術も高く、試合の組立てにも積極的に参加できるプレーヤーである。「新たなヴィディッチ」とも呼ばれ、本人も「自分のアイドルだ」と答えている。マティヤ・ナスタシッチ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝から見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    試合はモスクワ夏時間で夜11時という非常に遅い時刻に始まり、試合中に翌日の22日を迎えた。大会得点王となったクリスティアーノ・ロナウドのゴールでマンチェスター・ユナイテッドが前半26分に先制し、前半終了前にフランク・ランパードのゴールでチェルシーが追いついた。その後は一進一退の攻防を繰り広げながら延長戦に突入。延長戦もゴールが生まれずPK戦に突入した。また延長戦の終了前にチェルシーのディディエ・ドログバがネマニャ・ヴィディッチの頬を叩き、退場となっている。雨降りしきる中行われたPK戦は、先攻のマンチェスター・ユナイテッドの3人目のキッカーであるクリスティアーノ・ロナウドが、チェルシーのGKペトル・チェフに止められ失敗。後攻のチェルシーがリードし、これを決めれば優勝という場面で5人目のジョン・テリーに回ったが、ボールを蹴る寸前に雨で濡れたピッチで軸足を滑らせてしまい、ポストにはじかれて失敗。その後は6人目は共に決めたものの、チェルシーの7人目ニコラ・アネルカが、マンチェスター・ユナイテッドのGKエトヴィン・ファン・デル・サールに止められマンチェスター・ユナイテッドの優勝が決まった。試合終了後、PKを失敗したクリスティアーノ・ロナウドはピッチにうつ伏せになったまま号泣し、ジョン・テリーも監督やチームメイトに抱かれながら号泣した。UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • サミール・ハンダノヴィッチ

    サミール・ハンダノヴィッチから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    EURO2012予選でも正GKを務め、2011年10月11日のセルビア戦ではネマニャ・ヴィディッチのPKを止め勝利に貢献。しかし、チームはグループ4位に終わり本大会出場を逃した。サミール・ハンダノヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 10月21日

    10月21日から見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    1981年 - ネマニャ・ヴィディッチ、サッカー選手10月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    10月21日 - ネマニャ・ヴィディッチ、サッカー選手1981年 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンサン・コンパニ

    ヴァンサン・コンパニから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    シティでCBのコンビを組むジョリオン・レスコットはコンパニを「リーグでも際立ったプレーをしている」と評価。また、同じくディフェンスラインを組むアレクサンダル・コラロヴは「ネマニャ・ヴィディッチのレベルになることができる」と代表でのチームメイトの名前を出し、世界的なディフェンダーになれると評価している。ヴァンサン・コンパニ フレッシュアイペディアより)

  • クラレンス・セードルフ

    クラレンス・セードルフから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    2006-07シーズン、四度目のチャンピオンズリーグ制覇。この大会では、後にバロンドールを受賞することになるカカの活躍が取り上げられたが、セードルフ自身も随所に高いパフォーマンスを披露している。準々決勝でのバイエルン・ミュンヘン戦では、相手ディフェンダーの股を抜いてのゴールと、フィリッポ・インザーギへ絶妙なヒールパスでアシスト。準決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦でも、アレッサンドロ・ネスタのロングパスを頭で落とし、カカのゴールをアシスト。自身もネマニャ・ヴィディッチのプレスにもろともせずエドウィン・ファン・デル・サールの守るゴールに決め、優勝に貢献。UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーとUEFAクラブ最優秀MFを受賞。クラレンス・セードルフ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示