前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • クリス・スモーリング

    クリス・スモーリングから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    7月16日に行われ、3-1で勝利したセルティックとの親善試合でマンチェスター・ユナイテッドデビューを果たしたが、ペナルティーキックを与えてしましい、セルティックにとってその試合唯一となるゴールを許した。7月30日に行われ、3-2で勝利したチーバス・グアダラハラ戦ではダロン・ギブソンのコーナーキックからヘディングでゴールを挙げ、初ゴールを記録した。公式戦デビューは8月8日に行われたFAコミュニティ・シールドのチェルシー戦であり、ファビオと交代で71分から出場した。プレミアリーグデビューは8月28日に行われたウェストハム・ユナイテッド戦であり、74分からジョニー・エヴァンズと交代で出場した。9月15日に行われたチャンピオンズリーグのレンジャーズ戦にフル出場し、チャンピオンズリーグデビューを果たした。その試合の8日後に行われたリーグカップのスカンソープ・ユナイテッド戦でプロキャリア初となるゴールを記録し、チームも5-2で勝利を挙げた。2011年1月4日に行われたストーク・シティ戦ではネマニャ・ヴィディッチとコンビを組みユナイテッドにおけるプレミアリーグの試合で初めてフル出場を果たし、2-1の勝利に貢献した。2011年7月8日にはクラブと新たに5年間の契約を結んだ。クリス・スモーリング フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝から見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    試合はモスクワ夏時間で夜11時という非常に遅い時刻に始まり、試合中に翌日の22日を迎えた。大会得点王となったクリスティアーノ・ロナウドのゴールでマンチェスター・ユナイテッドが前半26分に先制し、前半終了前にフランク・ランパードのゴールでチェルシーが追いついた。その後は一進一退の攻防を繰り広げながら延長戦に突入。延長戦もゴールが生まれずPK戦に突入した。また延長戦の終了前にチェルシーのディディエ・ドログバがネマニャ・ヴィディッチの頬を叩き、退場となっている。雨降りしきる中行われたPK戦は、先攻のマンチェスター・ユナイテッドの3人目のキッカーであるクリスティアーノ・ロナウドが、チェルシーのGKペトル・チェフに止められ失敗。後攻のチェルシーがリードし、これを決めれば優勝という場面で5人目のジョン・テリーに回ったが、ボールを蹴る寸前に雨で濡れたピッチで軸足を滑らせてしまい、ポストにはじかれて失敗。その後は6人目は共に決めたものの、チェルシーの7人目ニコラ・アネルカが、マンチェスター・ユナイテッドのGKエトヴィン・ファン・デル・サールに止められマンチェスター・ユナイテッドの優勝が決まった。試合終了後、PKを失敗したクリスティアーノ・ロナウドはピッチにうつ伏せになったまま涙し、ジョン・テリーも監督やチームメイトに抱かれながら涙した。UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ノースウェスト・ダービー

    ノースウェスト・ダービーから見たネマニャ・ビディッチネマニャ・ヴィディッチ

    2009年3月14日にオールド・トラッフォードで両者が対戦した際には、マンチェスター・Uは首位を走っていたが、リヴァプールFCは1990年以来となる優勝に向けた争いに出遅れていた。試合は23分にクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めてマンチェスター・Uが先制したが、5分後にリヴァプールFCのフェルナンド・トーレスが同点ゴールを決め、前半終了直前にはスティーヴン・ジェラードがPKを決めてリヴァプールFCが逆転した。76分にはマンチェスター・Uのネマニャ・ビディッチが退場処分を受け、さらに惨めなことに、マンチェスター・Uはファビオ・アウレリオとアンドレア・ドッセーナにもゴールを許して落着きを失った。オールド・トラッフォードで4失点して敗れるのは全大会を通じて17年ぶりのことであったが、マンチェスター・Uは最終的にリーグ3連覇を果たし、リヴァプールFCは2位に終わっている。ノースウェスト・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • タイラー・ブラケット

    タイラー・ブラケットから見たネマニャ・ビディッチネマニャ・ヴィディッチ

    怪我人が続出し、リオ・ファーディナンドとネマニャ・ビディッチが退団した影響もあり、ブラケットはトップチームのメンバーに登録をされ、プレミアリーグの開幕戦となったスウォンジー・シティ戦でフル出場をし、プレミアリーグでデビューを果たしたが、チームは1-2で敗れた。タイラー・ブラケット フレッシュアイペディアより)

  • マティヤ・ナスタシッチ

    マティヤ・ナスタシッチから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    フィジカルの強さと上背の高さで空中戦を制するセンターバック。また足元の技術も高く、試合の組立てにも積極的に参加できるプレーヤーである。「新たなヴィディッチ」とも呼ばれ、本人も「自分のアイドルだ」と答えている。マティヤ・ナスタシッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミカエル・シルヴェストル

    ミカエル・シルヴェストルから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    2006年冬の移籍市場でセンターバックにネマニャ・ヴィディッチ、左サイドバックにパトリス・エヴラが加入し、1月14日のマンチェスター・シティFCとのマンチェスター・ダービーで批判されたように同シーズンは精彩を欠いていたことから、厳しい状況になることが予想されており、また、同時期にオリンピック・リヨンからオファーがあったものの、チーム残留してポジション争いを誓った。センターバックのコンビには、ファーディナンドとヴィディッチが選択されているが、ガブリエル・エインセが負傷による長期離脱となったため、後半戦は左サイドバックでの出場機会を得ており、新加入のエヴラが適応に苦しんでいたこともあって最後までポジションを確保し、8月11日には契約を2009年まで延長した。ミカエル・シルヴェストル フレッシュアイペディアより)

  • ウェズ・ブラウン

    ウェズ・ブラウンから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    2006-07シーズンは冬にスパルタク・モスクワから移籍してきたネマニャ・ヴィディッチによってベンチを暖めるが多かった。2007-08シーズンはガリー・ネヴィルの負傷もあり右サイドバックのレギュラーとして活躍。チャンピオンズリーグ決勝のチェルシーFC戦ではクリスティアーノ・ロナウドの先制点をアシストするなどチームのプレミア連覇、チャンピオンズリーグ優勝に貢献した。ウェズ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ネナド・ジョルジェビッチ

    ネナド・ジョルジェビッチから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    セルビア・モンテネグロが失点1で通過した同欧州予選には2試合のみの出場だったが、ワールドカップドイツ大会ではネマニャ・ヴィディッチの怪我により、対オランダ戦、コートジボワール戦の2試合に出場した。しかし、右サイドバックとして出場したオランダ戦では対面のアリエン・ロッベンにまったく対応できないまま、前半で交代させられるなど悪い意味で目立った大会となってしまった。ネナド・ジョルジェビッチ フレッシュアイペディアより)

  • クラレンス・セードルフ

    クラレンス・セードルフから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    2006-07シーズン、4度目のチャンピオンズリーグ制覇。この大会では、後にバロンドールを受賞することになるカカの活躍が取り上げられたが、セードルフ自身も随所に高いパフォーマンスを披露している。準々決勝でのバイエルン・ミュンヘン戦では、相手ディフェンダーの股を抜いてのゴールと、フィリッポ・インザーギへ絶妙なヒールパスでアシスト。準決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦でも、アレッサンドロ・ネスタのロングパスを頭で落とし、カカのゴールをアシスト。自身もネマニャ・ヴィディッチのプレスをものともせず、エドウィン・ファン・デル・サールの守るゴールにシュートを決め、優勝に貢献。UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーとUEFAクラブ最優秀MFを受賞。クラレンス・セードルフ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・オシェイ

    ジョン・オシェイから見たネマニャ・ヴィディッチネマニャ・ヴィディッチ

    2008-09シーズンも控え選手としてのスタートであったが、前半戦はパトリス・エヴラの負傷により左サイドバック、後半戦はガリー・ネビルとブラウンの負傷により右サイドバックとしての出場機会を増やした。その一方で自身も負傷したため、その間に台頭したラファエルとのポジション争いによって絶対的な地位をなかなか確保出来ない時期がありながらも、最終的に公式戦54試合に出場(うち42試合で先発)し、2009年1月20日にリーグカップ準決勝第2戦のダービー・カウンティFC戦でシーズン初得点を挙げ、リーグカップ決勝では、76分にネマニャ・ヴィディッチに置き換えられるまでプレーして優勝に貢献した。また、UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09では、4月29日の準決勝第1戦でのアーセナル戦 (1-0) で決勝点を挙げて決勝進出に貢献し、決勝のFCバルセロナ戦では0-2で敗戦となったものの、90分フル出場したオシェイ個人のパフォーマンスは多くのメディアから支持された。なお、決勝戦を前にしてファーガソン監督は「誰よりも活躍し、常に安定したパフォーマンスを見せてきた。先発起用に値する選手」と評し、オシェイを先発起用させることを明言していた。ジョン・オシェイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示