前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たアナ・イバノビッチ

    2006年7月15日、ベオグラード大学経済学部の学生であるアナ・イヴァノヴィッチ(Ana Ivanović, セルビア人の同姓同名のテニスプレーヤーとは別人)と結婚。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たライアン・ギグス

    各国クラブが続々オファーする中、2006年1月にプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍が決定。移籍金は約700万ポンド。移籍後はすぐにプレミアのサッカーにも順応し、リオ・ファーディナンドと鉄壁のCBコンビを形成。2007-08シーズンはチームのリーグ、CL制覇に貢献。2008-09シーズンはガンバ大阪戦で先制点を奪うなどFIFAクラブワールドカップ優勝に貢献。プレミアリーグではチームの14試合連続無失点の記録を全試合に出場して築きあげるなど、リーグ屈指のディフェンダーとなった。リーグ3連覇や2年連続CL決勝進出にも貢献しPFA年間最優秀選手賞の受賞も有力視されたが、大一番となったリヴァプールFC戦で決定的なミスを犯したことなどから同僚のライアン・ギグスに受賞を譲る。しかしその後、サポーターの選ぶチーム年間最優秀選手に選ばれた。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たゴラン・ガヴランチッチ

    U-21代表を経て、当時の代表監督デヤン・サヴィチェヴィッチにより招集され2002年10月12日のユーロ2004予選の対イタリア戦でフル代表デビューをスタメンで飾った。2006年W杯欧州予選ではゴラン・ガヴランチッチ、ムラデン・クルスタイッチ、イヴィツァ・ドラグティノヴィッチと「フェイマス・フォー」と称された4バックの一員として予選突破に多大な貢献を果たした。W杯本大会では、初戦のオランダ戦では出場停止。その後、練習中に左ひざを痛め、結局試合出場はならず、チームはアルゼンチンに6-0の大敗を喫するなどグループリーグ敗退となり、悔いが残るW杯であった。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たリオ・ファーディナンド

    各国クラブが続々オファーする中、2006年1月にプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍が決定。移籍金は約700万ポンド。移籍後はすぐにプレミアのサッカーにも順応し、リオ・ファーディナンドと鉄壁のCBコンビを形成。2007-08シーズンはチームのリーグ、CL制覇に貢献。2008-09シーズンはガンバ大阪戦で先制点を奪うなどFIFAクラブワールドカップ優勝に貢献。プレミアリーグではチームの14試合連続無失点の記録を全試合に出場して築きあげるなど、リーグ屈指のディフェンダーとなった。リーグ3連覇や2年連続CL決勝進出にも貢献しPFA年間最優秀選手賞の受賞も有力視されたが、大一番となったリヴァプールFC戦で決定的なミスを犯したことなどから同僚のライアン・ギグスに受賞を譲る。しかしその後、サポーターの選ぶチーム年間最優秀選手に選ばれた。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たデヤン・サヴィチェヴィッチ

    U-21代表を経て、当時の代表監督デヤン・サヴィチェヴィッチにより招集され2002年10月12日のユーロ2004予選の対イタリア戦でフル代表デビューをスタメンで飾った。2006年W杯欧州予選ではゴラン・ガヴランチッチ、ムラデン・クルスタイッチ、イヴィツァ・ドラグティノヴィッチと「フェイマス・フォー」と称された4バックの一員として予選突破に多大な貢献を果たした。W杯本大会では、初戦のオランダ戦では出場停止。その後、練習中に左ひざを痛め、結局試合出場はならず、チームはアルゼンチンに6-0の大敗を喫するなどグループリーグ敗退となり、悔いが残るW杯であった。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たムラデン・クルスタイッチ

    U-21代表を経て、当時の代表監督デヤン・サヴィチェヴィッチにより招集され2002年10月12日のユーロ2004予選の対イタリア戦でフル代表デビューをスタメンで飾った。2006年W杯欧州予選ではゴラン・ガヴランチッチ、ムラデン・クルスタイッチ、イヴィツァ・ドラグティノヴィッチと「フェイマス・フォー」と称された4バックの一員として予選突破に多大な貢献を果たした。W杯本大会では、初戦のオランダ戦では出場停止。その後、練習中に左ひざを痛め、結局試合出場はならず、チームはアルゼンチンに6-0の大敗を喫するなどグループリーグ敗退となり、悔いが残るW杯であった。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たイヴィツァ・ドラグティノヴィッチ

    U-21代表を経て、当時の代表監督デヤン・サヴィチェヴィッチにより招集され2002年10月12日のユーロ2004予選の対イタリア戦でフル代表デビューをスタメンで飾った。2006年W杯欧州予選ではゴラン・ガヴランチッチ、ムラデン・クルスタイッチ、イヴィツァ・ドラグティノヴィッチと「フェイマス・フォー」と称された4バックの一員として予選突破に多大な貢献を果たした。W杯本大会では、初戦のオランダ戦では出場停止。その後、練習中に左ひざを痛め、結局試合出場はならず、チームはアルゼンチンに6-0の大敗を喫するなどグループリーグ敗退となり、悔いが残るW杯であった。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たサッカーオランダ代表

    U-21代表を経て、当時の代表監督デヤン・サヴィチェヴィッチにより招集され2002年10月12日のユーロ2004予選の対イタリア戦でフル代表デビューをスタメンで飾った。2006年W杯欧州予選ではゴラン・ガヴランチッチ、ムラデン・クルスタイッチ、イヴィツァ・ドラグティノヴィッチと「フェイマス・フォー」と称された4バックの一員として予選突破に多大な貢献を果たした。W杯本大会では、初戦のオランダ戦では出場停止。その後、練習中に左ひざを痛め、結局試合出場はならず、チームはアルゼンチンに6-0の大敗を喫するなどグループリーグ敗退となり、悔いが残るW杯であった。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たリヴァプールFC

    各国クラブが続々オファーする中、2006年1月にプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍が決定。移籍金は約700万ポンド。移籍後はすぐにプレミアのサッカーにも順応し、リオ・ファーディナンドと鉄壁のCBコンビを形成。2007-08シーズンはチームのリーグ、CL制覇に貢献。2008-09シーズンはガンバ大阪戦で先制点を奪うなどFIFAクラブワールドカップ優勝に貢献。プレミアリーグではチームの14試合連続無失点の記録を全試合に出場して築きあげるなど、リーグ屈指のディフェンダーとなった。リーグ3連覇や2年連続CL決勝進出にも貢献しPFA年間最優秀選手賞の受賞も有力視されたが、大一番となったリヴァプールFC戦で決定的なミスを犯したことなどから同僚のライアン・ギグスに受賞を譲る。しかしその後、サポーターの選ぶチーム年間最優秀選手に選ばれた。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たFIFAクラブワールドカップ

    各国クラブが続々オファーする中、2006年1月にプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍が決定。移籍金は約700万ポンド。移籍後はすぐにプレミアのサッカーにも順応し、リオ・ファーディナンドと鉄壁のCBコンビを形成。2007-08シーズンはチームのリーグ、CL制覇に貢献。2008-09シーズンはガンバ大阪戦で先制点を奪うなどFIFAクラブワールドカップ優勝に貢献。プレミアリーグではチームの14試合連続無失点の記録を全試合に出場して築きあげるなど、リーグ屈指のディフェンダーとなった。リーグ3連覇や2年連続CL決勝進出にも貢献しPFA年間最優秀選手賞の受賞も有力視されたが、大一番となったリヴァプールFC戦で決定的なミスを犯したことなどから同僚のライアン・ギグスに受賞を譲る。しかしその後、サポーターの選ぶチーム年間最優秀選手に選ばれた。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示