ノバク・ジョコビッチ ニュース&Wiki etc.

ノバク・ジョコビッチ(Novak Đoković, , 1987年5月22日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。これまでにATPツアーでシングルス36勝、ダブルス1勝を挙げている。身長188cm、体重80kg。右利き、バックハンド・スト… (出典:Wikipedia)

「ノバク・ジョコビッチ」Q&A

  • Q&A

    ATPワールドツアー・ファイナルズ2016の決勝は、アンディ・マレーがノバク・ジョコ…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月21日 05:58

  • Q&A

    ≪男子テニスツアーファイナル準決勝≫ 錦織圭選手 VS.ノバク・ジョコビッチ選手の勝…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月19日 14:45

  • Q&A

    ノバク・ジョコビッチが世界ランキング1位から陥落したようですが、アンディ・マリーに抜…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月6日 05:51

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ノバク・ジョコビッチ」のつながり調べ

  • マリン・チリッチ

    マリン・チリッチから見たノバク・ジョコビッチ

    2008年は年初のチェンナイ・オープンでベスト4の好成績を収めた後、全豪オープンで4大大会に初出場した。この大会では1回戦で第27シードのニコラス・アルマグロ(スペイン)を破って波に乗り、一気にジェームズ・ブレーク(アメリカ)との4回戦まで勝ち進んだ。この年はウィンブルドンでも4回戦に進出し、アルノー・クレマン(フランス)に3-6, 5-7, 2-6 のスコアで敗れる。8月北京五輪にクロアチア代表として選出され、フェルナンド・ゴンサレス(チリ)との2回戦まで進出した。翌週に行われた全米オープン最後の前哨戦「パイロット・ペン選手権」(アメリカ・ニューヘイブン開催)で、チリッチは決勝で大会前年度準優勝者のマーディ・フィッシュ(アメリカ)を 6-4, 4-6, 6-2 で下し、ツアー初優勝を遂げた。これらの活躍により、全米オープンで初めて「第30シード」に選出され、ノバク・ジョコビッチ (セルビア)との3回戦まで進出した。(マリン・チリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネナド・ジモニッチ

    ネナド・ジモニッチから見たノバク・ジョコビッチ

    2007年ウィンブルドンまで、ジモニッチはサントロとペアを組み続けたが、同年10月から2010年までカナダのダニエル・ネスターとペアを組むようになる。ネスターは10年以上続けたマーク・ノールズ(バハマ)とのペアを解消し、ジモニッチとの組み合わせを好むようになった。2008年、ジモニッチとネスターは男子ツアーで年間5勝を獲得し、両者の宿願だったウィンブルドン初優勝も成し遂げた。ジモニッチにとっては2年ぶり3度目のウィンブルドン男子ダブルス決勝で、2人はヨナス・ビョークマン&ケビン・ウリエット(ジンバブエ)組を 7-6, 6-7, 6-3, 6-3 で破って初優勝を決めた。ウィンブルドン優勝後、ジモニッチは北京五輪にセルビア代表選手として出場したが、ノバク・ジョコビッチと組んだ男子ダブルスは1回戦で敗退した。2009年のウィンブルドンで、ジモニッチとネスターは「ブライアン兄弟」を 7-6, 6-7, 7-6, 6-3 で破り、ウィンブルドン男子ダブルス2連覇を達成した。2010年もネスターとのペアで全仏オープンなど7勝を挙げたが2010年度限りでネスターとのペアを解消し、2011年からはミカエル・ロドラとペアを組んでいる。(ネナド・ジモニッチ フレッシュアイペディアより)

「ノバク・ジョコビッチ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード