前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示
  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    全豪オープン決勝でフェルナンド・ゴンサレスを下し、全試合ストレート勝ちで優勝を果たす。4大大会では1980年全仏オープンのビョルン・ボルグ以来27年ぶり史上4人目で、全豪オープンでは1971年のケン・ローズウォール以来36年ぶりの達成であった。その後の春の北米ハードコート・シーズンはインディアンウェルズ・マスターズとマイアミ・マスターズにてギリェルモ・カナスに連敗し、欧州クレー・シーズンではローマ・マスターズでフィリポ・ボランドリに敗れてしまう。しかし、モンテカルロ・マスターズ、(当時)ハンブルグ・マスターズ、全仏オープンでは決勝に進出し、いずれもR・ナダルと対戦。ハンブルグではナダルのクレーコート連勝記録を81で止めて優勝。2人はウィンブルドン決勝でも顔を合わせ、3時間45分にも及ぶ激戦の末にフェデラーが競り勝ち、ビョルン・ボルグ以来の選手権5連覇という偉業を成し遂げた。続く全米オープン前哨戦のカナダ・マスターズでは決勝でセルビアの新星ノバク・ジョコビッチに敗退するも、シンシナティ・マスターズ決勝でJ・ブレークを破って優勝。ATPツアー・シングルス・タイトル獲得数が「50」に到達。8月27日、彼の世界ランキング1位連続座位記録は「187週」に入り、同記録の最長保持者シュテフィ・グラフの186週を抜いて、歴代最長記録を樹立。 その後、全米オープン決勝でN・ジョコビッチを下し、大会4連覇を達成すると同時に自身3度目の4大大会年間3冠という偉業を成し遂げた。続く欧州インドア・シーズンはマドリード・マスターズ決勝とパリ・マスターズ準決勝でD・ナルバンディアンに連敗するもスイス・インドアで2連覇達成。また、マスターズカップの決勝でダビド・フェレールに勝利して、通算4度目の優勝を果たす。12月には世界ランキング1位連続在位期間が「200週」に到達。この年は8大会で優勝し、戦績 68勝9敗(勝率88.3%)を記録した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ナダル

    ラファエル・ナダルから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    その後のロジャーズ・カップにて第2シードで復帰を果たしたものの、第6シードのフアン・マルティン・デル・ポトロにストレートで敗れた。これにより、2009年8月17日付けのランキングでは2005年7月18日以来、およそ4年1ヶ月ぶりに3位に後退することとなった。翌週に開催されたシンシナティ・マスターズでも準決勝でノバク・ジョコビッチに圧倒され敗退。ラファエル・ナダル フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・マレー

    アンディ・マレーから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2005年全仏オープンまではジュニア選手の大会にも出場したが、この年からプロテニス選手として本格的な活動を始め、地元のウィンブルドン選手権大会で4大大会の本戦にデビューした。初出場のウィンブルドンでダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)との3回戦に勝ち進み、マレーはイギリスの新しい才能として期待を集めた。続く全米オープンでは2回戦でアルノー・クレマン(フランス)に敗れたが、9月末にタイ・バンコク大会で初のツアー大会決勝進出を果たす。2005年末には世界ランキングを一気に64位まで上げ、10代の男子テニス選手としてはノバク・ジョコビッチ(セルビア)に続く高いポジションにつけた。アンディ・マレー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー=ウィルフリード・ツォンガ

    ジョー=ウィルフリード・ツォンガから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ツォンガは2008年全豪オープンで旋風を起こし、世界ランキング38位のノーシードから決勝に勝ち進んだ。1回戦で第9シードのアンディ・マレー(イギリス)を破った勝利から始まり、4回戦でライバルのガスケ、準々決勝でミハイル・ユージニー(ロシア)を破ると、準決勝でも第2シードのナダルを 6-2, 6-3, 6-2 のストレートで破り、旋風を沸き起こした。ツアー経歴で最初のシングルス決勝進出をグランドスラム大会で決めた選手は、1997年全仏オープンで世界ランキング66位から初優勝したグスタボ・クエルテン(ブラジル)以来の快挙となった。決勝では、準決勝で世界1位のロジャー・フェデラーを破った第3シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 6-4, 4-6, 3-6, 6-7 で敗れ、この大会の準優勝者になった。ジョー=ウィルフリード・ツォンガ フレッシュアイペディアより)

  • ヤンコ・ティプサレビッチ

    ヤンコ・ティプサレビッチから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ティプサレビッチは6歳からテニスを始め、8歳の時から「ニュー・ベオグラード・テニスクラブ」で練習するようになった。彼は2000年からデビスカップのユーゴスラビア代表選手になったが、当時のユーゴスラビアは「ユーロアフリカン・ゾーン」の「グループ3」にいた。(デビスカップの仕組み:世界最上位の「ワールドグループ」16ヶ国を除く参加国は、地域別に「アメリカン・ゾーン」「アジア・オセアニアゾーン」「ユーロアフリカン・ゾーン」に分かれ、各ゾーンごとに4つのグループに分かれている。)ユーゴスラビア・チームは2003年に解体し、ティプサレビッチは2004年から「セルビア・モンテネグロ」チームの一員になった。セルビア・モンテネグロが2006年に分離したため、このチーム名は3年間のみであったが、その間にレベルを著しく上げる。2004年まではユーロアフリカン・ゾーンの「グループ2」にいたチームは、2005年から同ゾーンの「グループ1」に昇格し、2006年に初めて「ワールドグループ・プレーオフ」進出を果たした。9月22日-24日に行われたプレーオフで、セルビア・モンテネグロはスイスに1勝4敗で敗れ、ティプサレビッチも第1試合でロジャー・フェデラーに敗れたが、ノバク・ジョコビッチが第2試合でチーム唯一の勝利を挙げている。2007年9月にベオグラードで行われたワールドグループ・プレーオフで、新チームとなったセルビアはオーストラリアを「4勝1敗」で破り、このチームでワールドグループ初進出を決めた。2010年には準決勝でチェコ、決勝でフランスを破りセルビアは悲願の初優勝を果たした。ヤンコ・ティプサレビッチ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    デル・ポトロは父親が元セミプロのラグビー選手で獣医、母親が教師という家庭に育ち、7歳からテニスを始めた。ジュニア選手時代は、2002年に「オレンジボウル選手権」(ジュニアテニス選手の登龍門と言われる大会)の14歳以下の部で優勝がある。2003年から男子ツアー下部組織の大会群を転戦し始め、2006年の全仏オープンで4大大会にデビューする。同年10月の「ジャパン・オープン」で初来日し、ティム・ヘンマン(イギリス)との3回戦まで勝ち進んだ。2007年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアルゼンチン代表選手に選ばれる。デ杯代表入りの後、7月のアメリカ・インディアナポリス大会で男子ツアーのダブルス初優勝を達成。この年は全米オープン3回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に挑戦した。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    男子シングルスのシード勢では、前年覇者で世界ランク1位のロジャー・フェデラーの他、イワン・リュビチッチ、トマーシュ・ベルディハ、スタニスラス・ワウリンカ、ジョン・イスナー、トマス・ベルッチ、世界ランク3位のノバク・ジョコビッチ、前年ベスト4のフェルナンド・ゴンサレス、ガエル・モンフィス、ビクトル・ハネスク、世界ランク4位のアンディ・マレー、ニコラス・アルマグロらが順当に勝ち上がったが、過去4度全仏ベスト8の経験を持つ第21シードのトミー・ロブレドがビクトル・トロイツキに、第27シードのフェリシアーノ・ロペスが予選から勝ち上がってきたユリアン・ライスターに敗れる波乱があった。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・トロイツキ

    ビクトル・トロイツキから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    翌2007年は前年に引き続き下部大会を回ったが、ツアー出場4戦目となったクロアチア・ウマグ大会において躍進を見せる。この大会においても予選から本戦出場を果たし、本戦2回戦で大会第1シードの同国人選手ノバク・ジョコビッチを 2-6, 6-4, 7-5のフルセットで下して勢いに乗る。続く3回戦もストレートで勝利し、アンドレイ・パベル(ルーマニア)との準決勝まで駒を進めた。ビクトル・トロイツキ フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックセルビア選手団

    北京オリンピックセルビア選手団から見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチ(テニス男子シングルス)北京オリンピックセルビア選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックにおけるテニス競技

    北京オリンピックにおけるテニス競技から見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

     ノバク・ジョコビッチ (ベスト4、銅メダル)北京オリンピックにおけるテニス競技 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード