75件中 11 - 20件表示
  • ルカシュ・クボット

    ルカシュ・クボットから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2009年、クボットはオーストリア人選手のオリバー・マラチとペアを組み、ダブルスの分野で著しい躍進を見せた。全豪オープンの男子ダブルスで、2人は第3シードのマヘシュ・ブパシ(インド)&マーク・ノールズ(バハマ)組との準決勝まで勝ち進む。4月12日、2人のペアはモロッコ・カサブランカ開催の「ハサン2世グランプリ」ダブルス決勝でシーモン・アスペリン(スウェーデン)&ポール・ハンリー(オーストラリア)組を破り、クボットはここで男子ツアー大会のダブルス初優勝を決めた。クボットとマラチは2009年度の男子ツアーダブルスで年間3勝を挙げ、ツアー年間最終戦「ATPワールドツアー・ファイナル」のダブルス部門にも出場資格を獲得した。シングルスでは、5月初頭のセルビア・ベオグラード大会でノバク・ジョコビッチに挑み(同大会はマラチとのダブルス優勝により、単複両部門の決勝進出)、全仏オープンで久々にシングルスの予選会を通過した。これはポーランドの男子選手として1995年のコヴァルスキ以来14年ぶりの全仏本戦出場であり、1回戦でビクトル・トロイツキ(セルビア)に 6-3, 3-6, 4-6, 7-6(7-4), 3-6 で敗れた。ルカシュ・クボット フレッシュアイペディアより)

  • スタニスラス・ワウリンカ

    スタニスラス・ワウリンカから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年5月のローマ・マスターズで、ワウリンカはノバク・ジョコビッチとの決勝戦まで進み、この大会で準優勝した。8月の北京五輪で、ワウリンカとロジャー・フェデラーは男子ダブルスの第4シードに選ばれた。2人は準決勝でアメリカ代表のボブ・ブライアン&マイク・ブライアン組を破ると、決勝戦でスウェーデン代表のシーモン・アスペリン&トーマス・ヨハンソン組を 6-3, 6-4, 6-7, 6-3 で破り、スイスのテニス選手として1992年バルセロナ五輪の男子シングルスを制したマルク・ロセ以来の金メダルをもたらした。スタニスラス・ワウリンカ フレッシュアイペディアより)

  • ガエル・モンフィス

    ガエル・モンフィスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2006年全仏オープンで、モンフィスは初めて4回戦に進出した。この大会では、3回戦で第8シードのジェームズ・ブレーク(アメリカ)を 6-2, 6-7, 7-6, 5-7, 6-4 のフルセットで破ったが、続く4回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 6-7, 6-7, 3-6 のストレートで敗れた。2007年全豪オープンでは、モンフィスは2回戦で前年度の準優勝者マルコス・バグダティス(キプロス)を 7-6, 6-2, 2-6, 6-0 で破って注目を集めたが、続く3回戦で同じ年のフランス人選手、リシャール・ガスケに敗れた。ガエル・モンフィス フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン

    ジル・シモンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年はシモンにとって更なる飛躍の年となり、5月のモロッコ・カサブランカ大会、7月のアメリカ・インディアナポリス大会で優勝。7月のロジャーズ・カップ2回戦では当時世界ランク1位の王者ロジャー・フェデラー(スイス)を 2-6, 7-5, 6-4 のフルセットで下す番狂わせを演じ、ニコラス・キーファー(ドイツ)との準決勝まで進出する。勢いに乗って、2008年11月3日付の世界ランキングで9位に入り、初の世界トップ10入りを果たす。年末の男子ツアー最終戦「テニス・マスターズ・カップ」にも初出場を果たすと、予選ラウンドの「赤組:Red Group」で再びフェデラーを破り、前世界王者の決勝ラウンド進出を阻止する勝利を挙げて、決勝ラウンドに勝ち進む。決勝ラウンド1回戦(準決勝)ではノバク・ジョコビッチに 6-4, 3-6, 5-7 で敗れ、決勝進出はならなかった。(2008年度のテニス・マスターズ・カップの競技方式:出場選手8名は、予選ラウンドで「赤組」(Red Group)と「金組」(Gold Group)の2つに分かれ、各グループの4人ずつで総当たり戦を行う。グループの上位2名が決勝ラウンドに進み、準決勝→決勝を戦う。)ジル・シモン フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・フェレール

    ダビド・フェレールから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2007年1月のニュージーランド・オークランド大会では、決勝で同じ年の親友トミー・ロブレドを 6-4, 6-2 で破り、ツアー3勝目を挙げる。全米オープンで、フェレールは4大大会シングルスの自己最高成績を出した。4回戦でナダルを 6-7, 6-4, 7-6, 6-2 で破って波に乗り、準々決勝でフアン・イグナシオ・チェラ(アルゼンチン)を破った後、初進出の準決勝で第3シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 4-6, 4-6, 3-6 で敗れた。全米4強入りの後、10月のジャパン・オープンで来日し、決勝でリシャール・ガスケ(フランス)を 6-1, 6-2 で破って初優勝を果たす。年末の男子ツアー年間最終戦テニス・マスターズ・カップでは、決勝でロジャー・フェデラーに敗れて準優勝になったが、この大躍進でフェレールの世界ランキングは「5位」に上がった。ダビド・フェレール フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    【テニス】降雨により中断、順延された全仏オープン決勝でラファエル・ナダルがノバク・ジョコビッチを下して3連覇で大会通算最多の7回目の優勝。クレーコートでの強さを見せつける。2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ピリッチ

    ニコラ・ピリッチから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ニコラ・ピリッチ(Nikola Pilić, 1939年8月27日 - )は、ユーゴスラビア(現クロアチア)・スプリト出身の元男子プロテニス選手。本名は「ニコラ・ピリッチ」というが、愛称の「ニキ・ピリッチ」(Niki Pilić または Nikki Pilić)でよく知られる。1973年の全仏オープン男子シングルス準優勝者。1970年の全米オープン男子ダブルスでピエール・バルト(フランス)と組んだ優勝もある。左利きの選手で、強力なサービスとフォアハンド・ストロークを大きな武器にした。現役選手時代は、同僚たちの中でもひときわ強烈な個性の持ち主として知られた。指導者としても多くの実績を持ち、男子テニス団体戦・デビスカップの監督としてチームを4度優勝に導き、自身の経営する「ニキ・ピリッチ・テニスアカデミー」でノバク・ジョコビッチ(セルビア)などを育て上げたことで知られる。ニコラ・ピリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ウイルソン・スポーティング・グッズ

    ウイルソン・スポーティング・グッズから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ウイルソンがテニス用品の製造を開始したのは1916年で、ステファン・エドベリ、ピート・サンプラス、ロジャー・フェデラー、ノバク・ジョコビッチ、錦織圭、ジュスティーヌ・エナン、ビーナス・ウィリアムズ、セリーナ・ウィリアムズらの著名選手がウイルソンのラケットを使用している。ウイルソン・スポーティング・グッズ フレッシュアイペディアより)

  • アメア・ディリック

    アメア・ディリックから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2009年は全豪オープンシングルス予選決勝でフロリアン・マイヤー(ドイツ)に0-6,7-6(3),0-6のフルセットで敗れたが、本戦出場選手の中から欠場者が出たことにより予選繰り上がりで本戦に出場。1回戦では、長期欠場から復帰したテーラー・デントを 6-4,3-6,3-6,6-3,6-4のフルセットで破り、2回戦でも第28シードのポール=アンリ・マチューを1-6,3-6,6-3,7-6(3),9-7の大逆転で倒した。2試合連続でフルセットを戦ったディリックは、初進出の3回戦で前年度優勝者の第3シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 2-6,6-4,3-6,6-7(4)で敗れた。また試合後にはセルビア系とボスニア系の観客同士で暴力事件が発生し、巻き添えを受けた女性が負傷、3名が逮捕され30名が会場から追放される事件が起こっている。その後もマスターズ大会で予選を勝ち上がるなどまずまずの成績を残していったディリックだったが、膝蓋骨を負傷し、7月のキャンベル・テニス殿堂選手権1回戦でニコラ・マユに4-6,4-6のストレートで敗れたのを最後に長期のツアー離脱を余儀なくされる。ディリックは治療を受けリハビリを行う傍ら、プロ転向に伴い休学状態にあったイリノイ大に再度通い、翌2010年5月にスポーツ学、観光学、レクリエーションの学士号を得て卒業した。アメア・ディリック フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ダム

    マルティン・ダムから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年夏の北京五輪の男子ダブルスでは、パベル・ビズネルと組み、1回戦で第2シードのセルビア代表ノバク・ジョコビッチ&ネナド・ジモニッチ組に 6-3, 0-6, 2-6 で勝利したが、2回戦でポーランド代表のマリウシュ・フィルステンベルク&マルチン・マトコフスキ組に 6-1, 6-7, 5-7 の逆転で敗れた。マルティン・ダム フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード