181件中 21 - 30件表示
  • 2011年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    2011年ウィンブルドン選手権男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ウィンブルドン初決勝進出のノバク・ジョコビッチが前回優勝のラファエル・ナダルに勝利し初優勝。決勝進出したことによりジョコビッチは世界ランキング1位に就任。2011年ウィンブルドン選手権男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2011年全豪オープン男子シングルス

    2011年全豪オープン男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    決勝はノバク・ジョコビッチと前年度準優勝者で第5シードのアンディ・マレーのグランドスラム初対決。ジョコビッチがマレーを6?4,6?2,6?3のストレートで下し優勝した。2011年全豪オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2014年全米オープン男子シングルス

    2014年全米オープン男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    決勝進出者が両者ともグランドスラム優勝経験が無いのは2008年全豪オープンのノバク・ジョコビッチ対ジョー=ウィルフリード・ツォンガ以来27大会ぶり、両者ともグランドスラム決勝進出経験が無いのは2005年全仏オープンのラファエル・ナダル対マリアノ・プエルタ以来38大会ぶり。2014年全米オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2014年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    2014年ウィンブルドン選手権男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2年連続3度目の決勝進出のノバク・ジョコビッチと2年ぶり9度目の決勝進出のロジャー・フェデラーの対戦。2人がグランドスラム決勝で対戦するのは2007年全米以来7年ぶり。2014年ウィンブルドン選手権男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • ヤンコ・ティプサレビッチ

    ヤンコ・ティプサレビッチから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ティプサレビッチは6歳からテニスを始め、8歳の時から「ニュー・ベオグラード・テニスクラブ」で練習するようになった。彼は2000年からデビスカップユーゴスラビア代表選手になったが、当時のユーゴスラビアは「ユーロアフリカン・ゾーン」の「グループ3」にいた。ユーゴスラビアは2003年に解体しセルビア・モンテネグロになり、ティプサレビッチも2004年からデビスカップセルビア・モンテネグロ代表チームの一員になった。セルビア・モンテネグロが2006年に分離したため、このチーム名は3年間のみであったが、その間にレベルを著しく上げる。2004年まではユーロアフリカン・ゾーンの「グループ2」にいたチームは、2005年から同ゾーンの「グループ1」に昇格し、2006年に初めて「ワールドグループ・プレーオフ」進出を果たした。9月22日-24日に行われたプレーオフで、セルビア・モンテネグロはスイスに1勝4敗で敗れ、ティプサレビッチも第1試合でロジャー・フェデラーに敗れたが、ノバク・ジョコビッチが第2試合でチーム唯一の勝利を挙げている。2007年9月にベオグラードで行われたワールドグループ・プレーオフで、新チームとなったセルビアはオーストラリアを「4勝1敗」で破り、このチームでワールドグループ初進出を決めた。2010年では準決勝でチェコ、決勝でフランスを破りセルビアは悲願の初優勝を果たした。ヤンコ・ティプサレビッチ フレッシュアイペディアより)

  • グリゴール・ディミトロフ

    グリゴール・ディミトロフから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    開幕戦のブリスベン国際でツアー初の決勝に進出。アンディ・マリーに6?7(0), 4?6で敗れ準優勝となった。5月のマドリード・マスターズでは2回戦で世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを7-6, 6-7, 6-3で破る殊勲を挙げた。10月のストックホルム・オープンでは2度目の決勝に進出しダビド・フェレールを2-6, 6-3, 6-4で破りツアー初優勝を果たした。グリゴール・ディミトロフ フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン

    ジル・シモンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年はシモンにとって更なる飛躍の年となり、5月のハサン2世グランプリ、7月のインディアナポリス・テニス選手権で優勝。7月のロジャーズ・カップ2回戦では世界ランク1位のロジャー・フェデラーを2-6, 7-5, 6-4のフルセットで下す番狂わせを演じ、ニコラス・キーファーとの準決勝まで進出する。さらに10月のマドリード・マスターズでは準決勝に進出すると、世界ランク1位のラファエル・ナダルを3-6, 7-5, 7-6(6)で破り、マスターズ初の決勝進出。決勝でアンディ・マリーに4-6, 6-7(6)で敗れた。10月20日付の世界ランキングで10位に入り、初の世界トップ10入りを果たす。年末の男子ツアー最終戦テニス・マスターズ・カップにも初出場を果たすと、予選ラウンドの「レッド・グループ」で再びフェデラーを破り、前世界王者の決勝ラウンド進出を阻止する勝利を挙げて、決勝ラウンドに勝ち進む。準決勝ではノバク・ジョコビッチに6-4, 3-6, 5-7で敗れ、決勝進出はならなかった。ジル・シモン フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・フォニーニ

    ファビオ・フォニーニから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    シングルスでは第7シードで出場した2月のモビスター・オープンで順当に準々決勝まで進出すると、準々決勝では前年度優勝者の第3シードトマス・ベルッシを1-6, 6-2, 7-6(0)のフルセットで破る活躍でトミー・ロブレドとの準決勝まで進出。ノーシードで出場した5月の全仏オープンでは、1回戦でデニス・イストミンを6-4, 6-2, 6-2のストレートで、2回戦でステファン・ロベールを6-2, 6-1, 6-0のストレートでそれぞれ下し、2年連続の3回戦に進出。3回戦では第30シードのギリェルモ・ガルシア=ロペスを4-6, 6-3, 6-3, 6-1で破ると、4回戦ではノーシードのアルベルト・モンタニェスと対戦。互いに初のグランドスラムシングルスベスト8進出を賭けたこの一戦は両者共一歩も引かない大熱戦となり、セットカウント2-2のファイナルセットまで縺れ込んだ。このファイナルセットではモンタニェスに先にブレークされ追いかける展開となり、5-3モンタニェスのサービスゲームで2本のマッチポイントを握られる所まで追い詰められた。しかしここからフォニーニが追い上げを見せたが、途中自身のサービスゲームで左足を負傷した為まともに足が動かなった。それでも最後は粘るモンタニェスを振りきり、結果4-6, 6-4, 3-6, 6-3, 11-9のフルセット、計4時間22分のロングマッチに勝利。イタリア人男子の全仏オープンシングルスベスト8進出は、1995年全仏オープンでシングルスベスト8に進出した以来16年振りの事であり、グランドスラム全体でも1998年ウィンブルドン選手権でベスト8に進出した以来13年振りとなる快挙であった。しかしモンタニェスス戦終盤で痛めた左足付け根の状態では次戦を戦うことは叶わず、結局準々決勝の対ノバク・ジョコビッチ戦を棄権。イタリア人男子として1978年全仏オープンの以来、33年振りとなるグランドスラムシングルスベスト4進出の偉業達成はならなかった。ファビオ・フォニーニ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスツ・ガルビス

    エルネスツ・ガルビスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年4月の全米男子クレーコート選手権でライナー・シュットラーと組み、ATPツアーでダブルス初優勝を達成する。全米男子クレーコート選手権ダブルス優勝の2週間後には、バミューダ諸島開催のチャレンジャー大会のシングルス準々決勝で日本の錦織圭に敗れた。全仏オープンで、2回戦で第7シードのジェームズ・ブレークを破るなど、4大大会で初めてベスト8入りを決め、前年の全米オープンを上回る成績を出した。準々決勝では第3シードのノバク・ジョコビッチに5-7, 6-7, 5-7で敗れ、ガルビスの快進撃はここで止まった。エルネスツ・ガルビス フレッシュアイペディアより)

  • 2014年ウィンブルドン選手権

    2014年ウィンブルドン選手権から見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチ def. ロジャー・フェデラー, 6?7(7), 6?4, 7?6(4), 5?7, 6?42014年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

181件中 21 - 30件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード