75件中 21 - 30件表示
  • ギリェルモ・カナス

    ギリェルモ・カナスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ギリェルモ・カナスはここからツアーに復帰を果たし、2007年からデビスカップ代表にも復帰する。2月9日-11日の「ワールドグループ」1回戦で、対オーストリア戦のシングルス2試合に勝利したカナスは、翌週の大会の決勝でフアン・カルロス・フェレーロに勝ち、3年ぶりとなるツアー7勝目を挙げた。3月に入り、カナスは「インディアンウェルズ・マスターズ」と「マイアミ・マスターズ」の2大会連続で世界ランキング1位のロジャー・フェデラーを破る快挙を成し遂げた。マイアミでは決勝まで進出したが、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 3-6, 2-6, 4-6 のストレートで敗れて準優勝になった。全仏オープンでも2年ぶり3度目のベスト8に進出し、ニコライ・ダビデンコ(ロシア)に敗れた。ギリェルモ・カナス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全米オープン (テニス)

    2010年全米オープン (テニス)から見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ラファエル・ナダル def. ノバク・ジョコビッチ, 6?4, 5?7, 6?4, 6?22010年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年全豪オープン

    2008年全豪オープンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチ def. ジョー=ウィルフリード・ツォンガ, 4?6, 6?4, 6?3, 7?6(2)2008年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • ナターシャ・ベクヴァラツ

    ナターシャ・ベクヴァラツから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2006年7月26日に水球選手のダニロ・イコディノヴィッチ(Danilo Ikodinović)と結婚し、2007年3月17日に娘を出産した。2009年から2010年にかけてベクヴァラツがノバク・ジョコビッチと不倫関係にあるとの噂が流れたが、本人はこれを否定した。2011年2月2日、ベクヴァラツはイコディノヴィッチと離婚したことを明らかにした。ナターシャ・ベクヴァラツ フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・セーデリング

    ロビン・セーデリングから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ウィンブルドン以後、彼の名前はスウェーデン語読みにより近い「ロビン・セーデリング」と表記されるようになる。ここでは4回戦でフェデラーと顔を合わせ、4-6, 6-7(5), 6-7(5) のストレートで敗れた。この後、彼は7月にスウェーデン・バスタッド大会の決勝でフアン・モナコ(アルゼンチン)を 6-3, 7-6(4) で破り、ツアー4勝目を獲得した。2009年は前半の10大会でわずか9勝しかあげられなかったが、全仏オープン以降は地元スウェーデンの大会で優勝するなど40勝10敗と驚異的なペースで勝ち星を重ね、ランキングを9位まで上げる。アンディ・ロディックが負傷により辞退したために、その年のランキング上位8名しか出場できないATPワールドツアー・ファイナルにも繰り上がりで出場する。大会では最下位シードながらもナダル、ジョコビッチをストレートで破り、グループBを1位で通過する。準決勝ではフアン・マルティン・デル・ポトロに逆転で敗れた。ロビン・セーデリング フレッシュアイペディアより)

  • 2011年全豪オープン男子シングルス

    2011年全豪オープン男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    前年度優勝者の第2シードロジャー・フェデラーは、準決勝で第3シードのノバク・ジョコビッチに敗退。決勝はジョコビッチと前年度準優勝者で第5シードのアンディ・マレーの対決となり、ジョコビッチかマレーを6?4,6?2,6?3のストレートで下し優勝した。2011年全豪オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年全豪オープン男子シングルス

    2009年全豪オープン男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチ ''(ベスト8, 途中棄権)2009年全豪オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ウィンブルドン選手権

    2010年ウィンブルドン選手権から見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    男子シングルス1回戦では、第1シードのロジャー・フェデラーの他、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・ロディック、ニコライ・ダビデンコら上位シード勢は順当に勝ち上がったが、第11シードのマリン・チリッチがフロリアン・マイヤーに、第17シードイワン・リュビチッチがミハル・プルジシエツニに、第22シードのスタニスラス・ワウリンカがデニス・イストミンに、第30シードのトミー・ロブレドがピーター・ルクザックにそれぞれ敗れる波乱があった。2010年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥディ・セラ

    ドゥディ・セラから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年9月第3週のチャイナ・オープンで、セラは初めての男子ツアー大会決勝進出を果たす。この決勝戦ではアンディ・ロディックに 4-6, 7-6(6), 3-6 で敗れ、ツアー初優勝を逃した。2009年全豪オープンで初の3回戦進出を決め、前年度準優勝者のジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)に 4-6, 2-6, 6-1, 1-6 で敗れた。全仏オープン終了後に世界トップ50入り。ウィンブルドンにて、彼はイスラエルの男子選手として1989年のアモス・マンスドルフ以来20年ぶり、史上2人目となる4回戦進出を成し遂げたが、第4シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 2-6, 4-6, 1-6 のストレートで完敗した。ドゥディ・セラ フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ベルッチ

    トマス・ベルッチから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    前年優勝のモビスター・オープンでは準々決勝でファビオ・フォニーニに敗退した。ブラジル・オープンではベスト8、アビエルト・メキシコ・テルセルではベスト4に進出している。4月末からのマドリード・マスターズでは4回戦で当時世界ランキング4位のアンディ・マリーを 6-4, 6-2 、準々決勝で7位のトマーシュ・ベルディハを 7-6(2), 6-3 で破り初めてマスターズ大会でベスト4に進出した。準決勝は優勝したノバク・ジョコビッチに 6-4, 4-6, 1-6 の逆転で敗れた。トマス・ベルッチ フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード