75件中 31 - 40件表示
  • ファビオ・フォニーニ

    ファビオ・フォニーニから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    シングルスでは大会第7シードで出場した2月のモビスター・オープンで順当に準々決勝まで進出すると、準々決勝では前年度優勝者の大会第3シードトマス・ベルッチを1-6, 6-2, 7-6(0)のフルセットで破る活躍でトミー・ロブレドとの準決勝まで進出。ノーシードで出場した5月の全仏オープンでは、1回戦でデニス・イストミンを6-4, 6-2, 6-2のストレートで、2回戦でを6-2, 6-1, 6-0のストレートでそれぞれ下し、2年連続の3回戦に進出。3回戦では大会第30シードのを4-6, 6-3, 6-3, 6-1のスコアで破ると、4回戦ではノーシードのアルベルト・モンタネスと対戦。互いに初のグランドスラムシングルスベスト8進出を賭けたこの一戦は両者共一歩も引かない大熱戦となり、セットカウント2-2のファイナルセットまで縺れ込んだ。このファイナルセットではモンタネスに先にブレークされ追いかける展開となり、5-3モンタネスのサービスゲームで2本のマッチポイントを握られる所まで追い詰められた。しかしここからフォニーニが追い上げを見せ、途中自身のサービスゲームで左足を負傷した為まともに足が動かなくなりながらも最後は粘るモンタネスを振りきり、結果4-6, 6-4, 3-6, 6-3, 11-9のフルセット、計4時間22分のロングマッチに勝利。イタリア人男子の全仏オープンシングルスベスト8進出は、1995年全仏オープンでシングルスベスト8に進出した以来16年振りの事であり、グランドスラム全体でも1998年ウィンブルドン選手権でベスト8に進出した以来13年振りとなる快挙であった。しかしモンタネス戦終盤で痛めた左足付け根の状態では次戦を戦うことは叶わず、結局準決勝の対ノバク・ジョコビッチ戦を棄権。イタリア人男子として1978年全仏オープンの以来、33年振りとなるグランドスラムシングルスベスト4進出の偉業達成はならなかった。ファビオ・フォニーニ フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年は右手首の疲労骨折や背中の故障などに悩み、年間を通じて12大会しか出場できなかった。2009年全豪オープンでは、準優勝した年以来3年ぶりの4回戦まで勝ち進んだが、第3シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 1-6, 6-7(1-7), 7-6(7-5), 2-6 で敗れる。この後全仏オープンで初戦敗退し、直後のオランダ・スヘルトーヘンボス大会の2回戦を途中棄権したため、ウィンブルドンを欠場する。ウィンブルドン終了後、バグダティスの世界ランキングは151位まで落ちた。それからしばらく男子ツアーの下部大会を転戦し、3大会を制して徐々に世界ランキングを戻していった彼は、10月の「ストックホルム・オープン」決勝でオリビエ・ロクス(ベルギー)を破り、2年ぶりのツアー3勝目を挙げた。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • エルネスツ・ガルビス

    エルネスツ・ガルビスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年4月第2週にアメリカ・テキサス州ヒューストンの大会でライナー・シュットラー(ドイツ)と組み、男子ツアーでダブルス初優勝を達成する。ヒューストン大会ダブルス優勝の2週間後には、バミューダ諸島開催のチャレンジャー大会(ATPツアーよりも下位の大会群)のシングルス準々決勝で日本の錦織圭に敗れた。全仏オープンで、ガルビスは初めてベスト8入りを決め、前年の2007年全米オープンを上回る成績を出した。準々決勝では第3シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 5-7, 6-7, 5-7 で敗れ、ラトビア人選手の快進撃はここで止まった。エルネスツ・ガルビス フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ベルダスコ

    フェルナンド・ベルダスコから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2005年は、全米オープンで初の4回戦進出がある。この4回戦でもニエミネンに敗れたが、直前の3回戦で当時18歳のノバク・ジョコビッチ(当時セルビア・モンテネグロ)を破る勝利があった。2006年はウィンブルドンで4回戦に進出しているが、その過程では2回戦でベンヤミン・ベッカー(ドイツ)、3回戦で第3シードのダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)を破り、4回戦でラデク・ステパネク(チェコ)に 7-6, 3-6, 6-4, 4-6, 2-6 のフルセットで競り負けた。2007年には、ベルダスコは全仏オープンで初の4回戦進出を決める。2回戦でドミトリー・トゥルスノフ(ロシア)、3回戦で同じスペインのダビド・フェレールを破ったベルダスコは、4回戦で第6シードのジョコビッチに 3-6, 3-6, 6-7 のストレートで完敗した。フェルナンド・ベルダスコ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年全豪オープン

    2011年全豪オープンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチ def. アンディ・マレー, 6?4, 6?2, 6?32011年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2011年ウィンブルドン選手権

    2011年ウィンブルドン選手権から見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチ def. ラファエル・ナダル, 6?4, 6?1, 1?6, 6?32011年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年全米オープン (テニス)

    2011年全米オープン (テニス)から見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチ def. ラファエル・ナダル, 6?2, 6?4, 6?7(3), 6?12011年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年全豪オープン

    2012年全豪オープンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチ def. ラファエル・ナダル, 5-7, 6-4, 6-2, 6-7(5), 7-52012年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2012年全仏オープン

    2012年全仏オープンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ラファエル・ナダル def. ノバク・ジョコビッチ, 6?4, 6?3, 2?6, 7?52012年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • デニス・イストミン

    デニス・イストミンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2010年の全豪オープンでも、イストミンは男子シングルス3回戦まで勝ち上がった。2大会連続の進出となった3回戦では、第3シードのノバク・ジョコビッチから4ゲームしか奪えず 1-6, 1-6, 2-6 の完敗に終わった。8月のニューヘイブン大会ではツアー初の決勝進出を果たしたが、セルジー・スタホフスキー(ウクライナ)に 6?3, 3?6, 4?6 で敗れた。11月の広州アジア大会では準決勝で、日本の添田豪に 6?1, 6?0 で完勝したが、決勝で(インド)に 1?6, 2?6 で完敗し銀メダルを獲得した。デニス・イストミン フレッシュアイペディアより)

75件中 31 - 40件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード