181件中 41 - 50件表示
  • 2014年全豪オープン男子シングルス

    2014年全豪オープン男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    グランドスラムの一大会でノバク・ジョコビッチとナダルに勝利した初めての選手2014年全豪オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2011年全米オープン男子シングルス

    2011年全米オープン男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    全米3度目の決勝進出のノバク・ジョコビッチと前回優勝のラファエル・ナダルとの2年連続同カードの決勝。ジョコビッチが勝利し全米初・グランドスラム4度目のタイトルを獲得した。またこの年オープン化以降6人目となるグランドスラム3冠も達成した。2011年全米オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2015年全豪オープン男子シングルス

    2015年全豪オープン男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    大会2年ぶり5度目の決勝進出のノバク・ジョコビッチと2年ぶり4度目の決勝進出のアンディ・マレーの対決。ジョコビッチが勝利し全豪5度目・グランドスラム8度目の優勝を果たし、オープン化以降最多全豪優勝となった。またマレーはオープン化以降最多準優勝者となった。2015年全豪オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2016年全仏オープン男子シングルス

    2016年全仏オープン男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    全仏3年連続4度目の決勝進出のノバク・ジョコビッチと全仏初決勝進出のアンディ・マリーの決勝。マレーは男子イギリス人として1937年のバニー・オースチン以来の決勝進出。2016年全仏オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2013年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    2013年ウィンブルドン選手権男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2年連続決勝進出のアンディ・マレーと2年ぶりに決勝進出を果たしたノバク・ジョコビッチの決勝。マレーが勝利しウィンブルドン初優勝。イギリス人がウィンブルドン男子シングルスで優勝するのはフレッド・ペリー以来77年ぶりとなる。2013年ウィンブルドン選手権男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ピリッチ

    ニコラ・ピリッチから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ニコラ・ピリッチ(Nikola Pilić, 1939年8月27日 - )は、ユーゴスラビア(現クロアチア)・スプリト出身の元男子プロテニス選手。本名は「ニコラ・ピリッチ」というが、愛称の「ニキ・ピリッチ」(Niki Pilić または Nikki Pilić)でよく知られる。1973年の全仏オープン男子シングルス準優勝者。1970年の全米オープン男子ダブルスでピエール・バルト(フランス)と組んだ優勝もある。左利きの選手で、強力なサービスとフォアハンド・ストロークを大きな武器にした。現役選手時代は、同僚たちの中でもひときわ強烈な個性の持ち主として知られた。指導者としても多くの実績を持ち、男子テニス団体戦・デビスカップの監督としてチームを4度優勝に導き、自身の経営する「ニキ・ピリッチ・テニスアカデミー」でノバク・ジョコビッチ(セルビア)などを育て上げたことで知られる。ニコラ・ピリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・ハーセ

    ロビン・ハーセから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2007年全米オープンで4大大会に初出場。1回戦で第3シードのノバク・ジョコビッチに2-6, 1-6, 3-6で敗れた。ロビン・ハーセ フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・トロイツキ

    ビクトル・トロイツキから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    翌2007年は前年に引き続き下部大会を回ったが、ツアー出場4戦目となったクロアチア・オープン大会において躍進を見せる。この大会においても予選から本戦出場を果たし、本戦2回戦で大会第1シード世界ランキング3位の同じセルビアのノバク・ジョコビッチを2-6, 6-4, 7-5のフルセットで下して勢いに乗る。続く3回戦もストレートで勝利し、アンドレイ・パベルとの準決勝まで駒を進めた。ビクトル・トロイツキ フレッシュアイペディアより)

  • マッツ・ビランデル

    マッツ・ビランデルから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    マッツ・ビランデル(Mats Wilander、1964年8月22日 - )は、スウェーデン・ヴェクショー出身の元男子プロテニス選手。ビョルン・ボルグ、ステファン・エドベリと並んで、スウェーデンの男子テニス界の黄金期を築いた3強豪のひとりである。4大大会でシングルス通算「7勝」を挙げ、ダブルスでも1986年のウィンブルドンで優勝した。彼は4大大会男子シングルスで、クレーコート・芝コート・ハードコート、すべてのサーフェスを制した史上2人目の選手でもある(現在まで、ジミー・コナーズ、ビランデル、アンドレ・アガシ、ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチの6人のみが達成した)。自己最高ランキングはシングルス1位、ダブルス3位。ATPツアーでシングルス33勝、ダブルス7勝を挙げた。右利きの選手。マッツ・ビランデル フレッシュアイペディアより)

  • ルカシュ・クボット

    ルカシュ・クボットから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2009年、クボットはオリバー・マラチとペアを組み、ダブルスの分野で著しい躍進を見せた。全豪オープン男子ダブルスで、2人は第3シードのマヘシュ・ブパシ/マーク・ノールズ組との準決勝まで勝ち進む。4月12日、2人のペアはハサン2世グランプリダブルス決勝でシーモン・アスペリン/ポール・ハンリー組を破り、クボットはここで男子ツアー大会のダブルス初優勝を決めた。クボットとマラチは2009年の男子ツアーダブルスで年間3勝を挙げ、ツアー年間最終戦ATPワールドツアー・ファイナルのダブルス部門にも出場資格を獲得した。シングルスでは、5月初頭のセルビア・オープン大会でノバク・ジョコビッチに敗れ準優勝(同大会はマラチとのダブルス優勝により、単複両部門の決勝進出)。全仏オープンで久々にシングルスの予選を通過した。これはポーランドの男子選手として1995年のコヴァルスキ以来14年ぶりの全仏本戦出場であり、1回戦でビクトル・トロイツキに6-3, 3-6, 4-6, 7-6(4), 3-6で敗れた。ルカシュ・クボット フレッシュアイペディアより)

181件中 41 - 50件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード