75件中 41 - 50件表示
  • セルビア・オープン

    セルビア・オープンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    セルビア・オープン(Serbia Open)は、2009年から2012年まで開催されていたATPツアー大会である。2008年に終了したに替わり、2009年からノバク・ジョコビッチの親族によって運営されていたが2013年大会から廃止になった。セルビア・オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    2007年ウィンブルドン選手権男子シングルスから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチ ''(ベスト4, 途中棄権)2007年ウィンブルドン選手権男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • ネナド・ジモニッチ

    ネナド・ジモニッチから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2007年ウィンブルドンまで、ジモニッチはサントロとペアを組み続けたが、同年10月から2010年までカナダのダニエル・ネスターとペアを組むようになる。ネスターは10年以上続けたマーク・ノールズ(バハマ)とのペアを解消し、ジモニッチとの組み合わせを好むようになった。2008年、ジモニッチとネスターは男子ツアーで年間5勝を獲得し、両者の宿願だったウィンブルドン初優勝も成し遂げた。ジモニッチにとっては2年ぶり3度目のウィンブルドン男子ダブルス決勝で、2人はヨナス・ビョークマン&ケビン・ウリエット(ジンバブエ)組を 7-6, 6-7, 6-3, 6-3 で破って初優勝を決めた。ウィンブルドン優勝後、ジモニッチは北京五輪にセルビア代表選手として出場したが、ノバク・ジョコビッチと組んだ男子ダブルスは1回戦で敗退した。2009年のウィンブルドンで、ジモニッチとネスターは「ブライアン兄弟」を 7-6, 6-7, 7-6, 6-3 で破り、ウィンブルドン男子ダブルス2連覇を達成した。2010年もネスターとのペアで全仏オープンなど7勝を挙げたが2010年度限りでネスターとのペアを解消し、2011年からはミカエル・ロドラとペアを組んでいる。ネナド・ジモニッチ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のスポーツ

    1987年のスポーツから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    5月22日 - ノバク・ジョコビッチ(セルビア、テニス)1987年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・コールシュライバー

    フィリップ・コールシュライバーから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2009年は全仏オープンの3回戦で第4シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)を 6-4, 6-4, 6-4 で破り全仏では初の4回戦進出を果たした。トミー・ロブレド(スペイン)に 4-6, 7-5, 6-7, 2-6 で敗れ4大大会初のベスト8進出を逃した。フィリップ・コールシュライバー フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・アンダーソン

    ケビン・アンダーソンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    4大大会では2008年全豪オープンで予選を勝ち上がり初出場し、1回戦でアレハンドロ・ファジャに 7-5, 5-7, 7-6(8), 2-6, 5-7 で敗れた。3月のラスベガス大会で予選から勝ち上がり決勝に進出。サム・クエリーに 6?4, 3?6, 4?6 で敗れ準優勝となった。マイアミ・マスターズでは2回戦で当時3位のノバク・ジョコビッチを 7-6(1), 3-6, 6-4 で破り初めてトップ10プレイヤーに勝利した。8月の北京五輪にも出場し、シングルス2回戦でニコラス・キーファーに 4-6, 7-6(4), 4-6 で敗れた。ケビン・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • トマーシュ・ベルディハ

    トマーシュ・ベルディハから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2010年の全仏オープンでは、ロビン・セーデリングとの準決勝まで勝ち上がり、 6-3, 3-6, 5-7, 6-3, 6-3 で敗退したが、自身初となるグランドスラム4強入りを果たした。勢いに乗ったベルディハはウィンブルドンで旋風を起こし、準々決勝、同選手権で6度の優勝を誇るロジャー・フェデラーを 6-4, 3-6, 6-1, 6-4 で破った。同大会で2年連続7度目の優勝を狙っていたフェデラーが決勝進出を逃したのは8年ぶりだったこともあり、快挙を成し遂げたベルディハは大きな注目を集めた。次の準決勝でノバク・ジョコビッチを破り、初の4大大会決勝進出を果たす。決勝戦、ラファエル・ナダルに 6-3, 7-5, 6-4 で敗退するが、チェコ勢として、1987年のイワン・レンドル(当時チェコスロバキア)以来、実に23年ぶりの決勝進出を果たした。全米オープンでは1回戦で敗退するなどシーズン後半は調子を落としたが、トップ8選手による最終戦ATPワールドツアー・ファイナルに初出場を果たし、ランキングを自己最高の6位に上げた。トマーシュ・ベルディハ フレッシュアイペディアより)

  • ヨアキム・ヨハンソン

    ヨアキム・ヨハンソンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2007年1月、ヨハンソンに一時復調の兆しが見えた試合があった。2年前の2005年に優勝した年頭のアデレード大会で、彼は当時19歳のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との準決勝まで勝ち進んだ。しかし、すぐ後の全豪オープンは1回戦の第1セットで、2ゲームだけで途中棄権に追い込まれる。同年10月のスウェーデン開催大会「ストックホルム・オープン」が、当年度の最後の試合出場になった。度重なる故障や病気から回復できず、“ピム・ピム・ヨハンソン”ことヨアキム・ヨハンソンは、2008年2月に現役引退会見を開いた。ヨアキム・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • 盧彦勳

    盧彦勳から見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2010年、ウィンブルドンでは4回戦でアンディ・ロディック(アメリカ)を 4-6, 7-6(3), 7-6(4), 6-7(5), 9-7 で破り、台湾人初のベスト8進出を果たした。準々決勝ではノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 2-6, 2-6 で敗れた。盧彦勳 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年全豪オープン

    2013年全豪オープンから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチ def. アンディ・マリー, 6-7(2), 7-6(3), 6-3, 6-22013年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示