75件中 51 - 60件表示
  • ニコライ・ダビデンコ

    ニコライ・ダビデンコから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年3月末に行われたマイアミ・マスターズで、ダビデンコは準決勝で地元アメリカのアンディ・ロディック、決勝でラファエル・ナダルを破り、自身2度目のATPマスターズシリーズ大会制覇を果たした。年末のツアー最終戦では決勝戦まで進出したがノバク・ジョコビッチに 1-6,5-7 で敗れ準優勝に終わった。ニコライ・ダビデンコ フレッシュアイペディアより)

  • イーゴリ・アンドレエフ

    イーゴリ・アンドレエフから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    イーゴリ・アンドレエフは2005年4月、スペイン・バレンシア大会の決勝でダビド・フェレールを破り、男子ツアーのシングルスで初優勝を飾った。この年は男子ツアーでシングルス年間3勝を挙げ、2006年4月3日付で世界ランキングの自己最高位「24位」をマークした。しかし、2006年4月28日にアンドレエフは左膝軟骨損傷修復のための手術を受け、半年間の戦線離脱を余儀なくされた。その間に世界ランキングも降下し、2007年全仏オープンを迎えた時は「125位」まで落ちていた。この大会で、アンドレエフは4大大会男子シングルスで初めての好成績を出した。1回戦で第3シードのアンディ・ロディックを 3-6, 6-4, 6-3, 6-4 で破って波に乗り、4回戦でキプロスのマルコス・バグダティスを破った。初めての準々決勝では、第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 3-6, 3-6, 3-6 のストレートで敗れた。(この大会では、アメリカの男子選手9名がすべて1回戦敗退に終わったが、これはテニス4大大会史上40年ぶりの珍事と言われた。)イーゴリ・アンドレエフ フレッシュアイペディアより)

  • ライナー・シュットラー

    ライナー・シュットラーから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    それからしばらく好成績がなかったが、2008年4月にダブルスで2大会に優勝する。これでシュットラーの男子ツアーダブルス・タイトルは4つになった。2008年ウィンブルドンにおいて、ライナー・シュットラーは世界ランキング94位の低位置から勝ち進み、32歳にして初のベスト4に進出した。2回戦で第9シードのジェームズ・ブレーク(アメリカ)を 6-3, 6-7, 4-6, 6-4, 6-4 のフルセットで破って波に乗り、準々決勝のアルノー・クレマン(フランス)戦では 6-3, 5-7, 7-6, 6-7, 8-6 で2日がかりの試合を制し、5年前の2003年全豪オープン以来の大舞台に姿を見せた。初進出の準決勝では、第2シードのラファエル・ナダルに 1-6, 6-7, 4-6 のストレートで完敗した。北京五輪の男子シングルスで、シュットラーは1回戦で日本の錦織圭を破った後、2回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れた。ライナー・シュットラー フレッシュアイペディアより)

  • フロリアン・マイヤー

    フロリアン・マイヤーから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2012年ウィンブルドン選手権では第31シードから4回戦で第18シードのリシャール・ガスケ(フランス)を 6?3, 6?1, 3?6, 6?2 で破り8年ぶりのベスト8に進出した。準々決勝では第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 4?6, 1?6, 4?6 で敗れた。フロリアン・マイヤー フレッシュアイペディアより)

  • バーナード・トミック

    バーナード・トミックから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    トミックは2011年に躍進した。全豪オープンでは2回戦で第31シードのフェリシアーノ・ロペスを 7-6(4), 7-6(3), 6-3 で破り、3回戦で第1シードのラファエル・ナダルと対戦した。ウィンブルドンでは予選から勝ち上がり、1回戦で第29シードのニコライ・ダビデンコを 7-5, 6-3, 7-5 、2回戦でイーゴリ・アンドレエフを 4-6, 5-7, 6-3, 6-4, 6-1、3回戦では第5シードのロビン・セーデリングを 6-1, 6-4, 7-5、4回戦ではグザビエ・マリスを 6-1, 7-5, 6-4 で破り18歳でベスト8進出を果たした。予選から勝ち上がった選手が、男子シングルスでベスト8に進出するのは11年ぶりの快挙であった。準々決勝では優勝したノバク・ジョコビッチに 2-6, 6-3, 3-6, 5-7 で敗れたが第2セットを奪う健闘を見せた。この活躍によりランキングが158位から71位に大幅に上がった。10月の楽天ジャパンオープンにも出場し、1回戦でビクトル・トロイツキ、2回戦で伊藤竜馬を破りベスト8に進出した。大会後のランキングでは49位となりトップ50位入りを果たしている。バーナード・トミック フレッシュアイペディアより)

  • 2007年全米オープン (テニス)

    2007年全米オープン (テニス)から見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ロジャー・フェデラー def. ノバク・ジョコビッチ, 7?6(4), 7?6(2), 6?42007年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    男子シングルス優勝:ノバク・ジョコビッチ()(3年ぶり2回目)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・セッピ

    アンドレアス・セッピから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2012年5月のセルビア・オープンでは決勝でブノワ・ペアに 6?3, 6?2 で勝利しツアー2勝目を挙げた。全仏オープンでは3回戦でフェルナンド・ベルダスコを 7-5, 3-6, 6-3, 4-6, 6-2 で破り4大大会で初めて4回戦に進出した。4回戦では世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチと対戦し第1、2セットを先取したが 6-4, 7-6(5), 3-6, 5-7, 3-6 の逆転で敗れた。ロンドン五輪で2度目のオリンピックに出場し2回戦でフアン・マルティン・デル・ポトロに 3-6, 6-7(2) で敗れた。 10月のクレムリン・カップでは決勝でトマス・ベルッシを 3?6, 7?6(3), 6?3 で破りツアー3勝を挙げた。10月22日付のランキングで自己最高のシングルス22位を記録した。アンドレアス・セッピ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ブレーク

    ジェームズ・ブレークから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年2月17日、ブレークは「デルレイビーチ国際テニス選手権」の決勝戦で日本の錦織圭に 6-3, 1-6, 4-6 の逆転で敗れた。(錦織はこの優勝により、日本人男子選手として松岡修造以来16年ぶり、史上2人目となるATPツアーシングルス優勝を成し遂げた。)同年8月の北京五輪で、ブレークは準々決勝で第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)を 6-4, 7-6(2) で破り、男子シングルスのベスト4に勝ち進んだ。準決勝でフェルナンド・ゴンサレス(チリ)に 6-4, 5-7, 9-11 で敗れ、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」でもノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 3-6, 6-7 で敗れたため、彼はアメリカ代表選手としての銅メダル獲得を逃した。ジェームズ・ブレーク フレッシュアイペディアより)

  • ミカエル・ロドラ

    ミカエル・ロドラから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    シングルスでのロドラは、2004年に全仏オープンと全米オープンの2大会で4回戦に進出した。敗れた対戦相手は、全仏オープンがティム・ヘンマン(イギリス)で、全米オープンはヨアキム・ヨハンソン(スウェーデン)であった。2008年のシーズンは久々にシングルスでも好成績を出し、全仏オープンで2度目の4回戦に勝ち残った。4年ぶりの全仏4回戦で、ロドラはエルネスツ・ガルビス(ラトビア)にストレート負けした。2011年ウィンブルドン選手権でウィンブルドンでは初めてとなる4回戦に進出したが、優勝したノバク・ジョコビッチに 3-6, 3-6, 3-6 で完敗した。ミカエル・ロドラ フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード

  • 男子テニス・ATPツアーファイナル

  • ブランディングディレクター村松亮太郎

  • 天空の楽園 Winter Night Tour −STARS BY NAKED−