前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示
  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たラファエル・ナダル

    全仏オープンベスト8進出をきっかけに、ジョコビッチは急成長を始める。世界ランキング63位のノーシード選手だったジョコビッチは、2回戦でフェルナンド・ゴンサレス、3回戦でトミー・ハースといった強豪選手たちを破って勝ち進むと、準々決勝で昨年の同大会優勝者ラファエル・ナダルとの対戦中に腰を痛め、6-4, 6-4と2セットを先取された後で途中棄権を余儀なくされた。この時は故国セルビア・モンテネグロの分離直前の時期で、ジョコビッチの国籍は「セルビア・モンテネグロ」と記載されている。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たロジャー・フェデラー

    ジョコビッチは大躍進を果たす。マイアミ・マスターズ決勝で、フェデラーを下して勝ち上がって来たギリェルモ・カナスを破り、大規模トーナメント群であるATPマスターズシリーズ初優勝を達成。全仏オープンでは第6シードに選ばれ、初めて準決勝まで勝ち上がると、同大会で2連覇中だったナダルに5-7, 4-6, 2-6で敗れたものの、続く第4シードで挑んだウィンブルドンでは、雨天による大会進行の遅延に悩まされながら、4回戦でレイトン・ヒューイットと4時間、準々決勝でマルコス・バグダティスと5時間ものマラソンマッチを戦い抜き、苦しみつつも準決勝まで勝ち上がった。しかし、ナダルとの対戦中に足の痛みで途中棄権を余儀なくされた。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たアンディ・マリー

    この年、4大大会で優勝こそできなかったが、全米オープン準決勝でフェデラーと互角に戦う等実力を発揮。急速に台頭してきた若手選手達(2009年全仏準優勝セーデリング、2009年最終戦優勝ダビデンコ、2009年全米優勝デル・ポトロ、2008年全米準優勝マリー)と共に次世代No.1候補として、 フェデラー/ナダル2強を目指す位置を確保している。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た錦織圭

    その後の北米ハードコートマスターズでは、2大会連続で早期敗退を喫した。全米オープンでは準決勝まで進むものの錦織圭に敗退し、5年ぶりに決勝進出を逃すこととなった。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たスタン・ワウリンカ

    全豪オープンでは、準々決勝で大会優勝を果たしたスタニスラス・ワウリンカに6-2, 4-6, 2-6, 6-3, 7-9の激戦の末敗退した。これにより4大大会連続ベスト4進出が14大会(歴代2位)で止まり、昨年の全米オープン後から続いていたマッチ連勝も28連勝でストップすることとなった。また、両者は前年の4回戦でも5時間を超える試合を戦っていたが、この試合ではワウリンカの攻撃的なテニスに屈する形となった。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たトマーシュ・ベルディハ

    その後しばらく不本意な成績が続く。全仏オープンでは準々決勝でユルゲン・メルツァーに逆転負けを喫し、ウィンブルドンでは準決勝で、前の試合でフェデラーを破っていたトマーシュ・ベルディハに完敗を喫した。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たトミー・ハース

    全仏オープンベスト8進出をきっかけに、ジョコビッチは急成長を始める。世界ランキング63位のノーシード選手だったジョコビッチは、2回戦でフェルナンド・ゴンサレス、3回戦でトミー・ハースといった強豪選手たちを破って勝ち進むと、準々決勝で昨年の同大会優勝者ラファエル・ナダルとの対戦中に腰を痛め、6-4, 6-4と2セットを先取された後で途中棄権を余儀なくされた。この時は故国セルビア・モンテネグロの分離直前の時期で、ジョコビッチの国籍は「セルビア・モンテネグロ」と記載されている。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たアンドレ・アガシ

    全豪オープンでは、決勝でマリーと対戦。2人の4大大会決勝は5度目、全豪では2年ぶり3度目となる。結果はジョコビッチがマリーを7-6(5), 6-7(4), 6-3, 6-0で破り2年ぶり5度目の優勝。全豪オープンの優勝5回は1960年代に活躍したロイ・エマーソンの6度に次いで史上2位、1968年のオープン化以降ではフェデラー・アンドレ・アガシの4度を抜き最多。グランドスラム通算優勝8回はアンドレ・アガシ、ジミー・コナーズらに並んで歴代8位タイ記録。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たフアン・マルティン・デル・ポトロ

    この年、4大大会で優勝こそできなかったが、全米オープン準決勝でフェデラーと互角に戦う等実力を発揮。急速に台頭してきた若手選手達(2009年全仏準優勝セーデリング、2009年最終戦優勝ダビデンコ、2009年全米優勝デル・ポトロ、2008年全米準優勝マリー)と共に次世代No.1候補として、 フェデラー/ナダル2強を目指す位置を確保している。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たニコライ・ダビデンコ

    全豪優勝から半年後、彼は8月の北京五輪で男子シングルスの銅メダリストになった。第3シードのジョコビッチは準決勝でナダルに敗れた後、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」でジェームズ・ブレークを6-3, 7-6(4)で破り、オリンピックのセルビア代表選手として銅メダルを獲得した。2008年度の男子ツアー年間最終戦「テニス・マスターズ・カップ」では、決勝でニコライ・ダビデンコを6-1, 7-5で破って初優勝を決めた。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード