87件中 31 - 40件表示
  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た全豪オープン

    全豪オープン:4勝(2008, 11-13年)ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たウィンブルドン選手権

    ウィンブルドン:1勝(2011年)ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た全米オープン (テニス)

    全米オープン:1勝(2011年)ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た男子プロテニス協会

    ノバク・ジョコビッチ(Novak Đoković, , 1987年5月22日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。これまでにATPツアーでシングルス36勝、ダブルス1勝を挙げている。身長188cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たデビスカップ

    4歳からテニスを始める。ジョコビッチの父親は元プロスキー選手で、優れたサッカー選手でもあり、現在はセルビア国内でピザとクレープのレストランを経営している。ノバクは12歳の時、ドイツ・ミュンヘンにある「ニキ・ピリッチ・テニスアカデミー」に留学し、2年後セルビアに戻った。2003年に16歳でプロ入りし、2004年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのセルビア・モンテネグロ代表選手になる。2005年から4大大会に出場し始めたジョコビッチは、デビュー戦の全豪オープンでは1回戦でマラト・サフィンに完敗したが、ウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出した。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たセルビア

    ノバク・ジョコビッチ(Novak Đoković, , 1987年5月22日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。これまでにATPツアーでシングルス36勝、ダブルス1勝を挙げている。身長188cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たテニス

    ノバク・ジョコビッチ(Novak Đoković, , 1987年5月22日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。これまでにATPツアーでシングルス36勝、ダブルス1勝を挙げている。身長188cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た2008年全豪オープン

    2008年全豪オープンでセルビア人初の4大大会男子シングルス部門の優勝者となり、同年開催の北京オリンピックでは銅メダルに輝いた。2011年には全豪オープン、ウィンブルドン選手権、全米オープンのシングルス部門で優勝し、オープン化以降同一年に3つのグランドスラムシングルスタイトルを獲得した6人目の男子選手となった。ジョークや選手のモノマネといった試合内外でのユーモラスなパフォーマンスでも知られ、「ノール」(Nole)という愛称で呼ばれ親しまれている。セルビア・モンテネグロの分離により、現在は「セルビア」国籍でエントリーしている。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たセルビア・モンテネグロ

    4歳からテニスを始める。ジョコビッチの父親は元プロスキー選手で、優れたサッカー選手でもあり、現在はセルビア国内でピザとクレープのレストランを経営している。ノバクは12歳の時、ドイツ・ミュンヘンにある「ニキ・ピリッチ・テニスアカデミー」に留学し、2年後セルビアに戻った。2003年に16歳でプロ入りし、2004年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのセルビア・モンテネグロ代表選手になる。2005年から4大大会に出場し始めたジョコビッチは、デビュー戦の全豪オープンでは1回戦でマラト・サフィンに完敗したが、ウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出した。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た2011年ウィンブルドン選手権

    2008年全豪オープンでセルビア人初の4大大会男子シングルス部門の優勝者となり、同年開催の北京オリンピックでは銅メダルに輝いた。2011年には全豪オープン、ウィンブルドン選手権、全米オープンのシングルス部門で優勝し、オープン化以降同一年に3つのグランドスラムシングルスタイトルを獲得した6人目の男子選手となった。ジョークや選手のモノマネといった試合内外でのユーモラスなパフォーマンスでも知られ、「ノール」(Nole)という愛称で呼ばれ親しまれている。セルビア・モンテネグロの分離により、現在は「セルビア」国籍でエントリーしている。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード