87件中 71 - 80件表示
  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た2009年ウィンブルドン選手権

    全豪オープンでは、アンディ・ロディックとの準々決勝を 7-6(7-3), 4-6, 2-6, 1-2 で途中棄権してしまった。全仏オープンでは3回戦でフィリップ・コールシュライバーに、ウィンブルドンでは準々決勝でトミー・ハースに、全米オープンでは準決勝でフェデラーにそれぞれ敗れている。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た2012年ウィンブルドン選手権

    全仏オープンでは初めて決勝に進出したが、決勝でナダルに 4?6, 3?6, 6?2, 5?7 で敗れ4大大会4連続優勝を逃した。ウィンブルドンでは準決勝で優勝したロジャー・フェデラーに 3-6, 6-3, 4-6, 3-6 で敗れ1年間守ったランキング1位から陥落した。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た2013年全豪オープン

    全豪オープンでは、決勝でアンディ・マレーを6-7, 7-6, 6-3, 6-2で破り、オープン化後初の全豪3連覇を成し遂げた。ドバイ・テニス選手権では決勝でトマーシュ・ベルディハを破り2年ぶり4度目の優勝を果たした。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た2010年ウィンブルドン選手権

    その後しばらく不本意な成績が続く。全仏オープンでは準々決勝でユルゲン・メルツァーに逆転負けを喫し、ウィンブルドンでは準決勝で、前の試合でフェデラーを破っていたトマーシュ・ベルディハに完敗を喫した。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たBNLイタリア国際

    全豪オープンでは決勝でラファエル・ナダルを 5-7, 6-4, 6-2, 6-7(5), 7-5 で破り2年連続3度目の優勝を果たした。試合時間は5時間53分で全豪最長記録であり、4大大会決勝最長記録となった。マイアミ・マスターズでは、決勝でアンディ・マレーをストレートで下しシーズン2勝目を挙げた。続くモンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズではいずれも決勝でナダルにストレートで敗れた。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たデビスカップ2010

    しかし全米オープンでは初戦でフルセットを戦うもその後は順調にストレートで勝ちあがり、準決勝でついにフェデラーと4年連続となる対戦を実現。5-7, 6-1, 5-7, 6-2, 7-5 でついにフェデラーを破り3年ぶりに決勝進出を果たしたが、雨で1日順延した決勝ではナダルに 4-6, 7-5, 4-6, 2-6 で敗れた。12月にベオグラードで開催されたフランスとのデビスカップ決勝ではシングルスでジル・シモンを 6-3, 6-1, 7-5 、ガエル・モンフィスを 6-2, 6-2, 6-4 で破り、セルビアの初優勝に貢献した。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た2009年全仏オープン

    全豪オープンでは、アンディ・ロディックとの準々決勝を 7-6(7-3), 4-6, 2-6, 1-2 で途中棄権してしまった。全仏オープンでは3回戦でフィリップ・コールシュライバーに、ウィンブルドンでは準々決勝でトミー・ハースに、全米オープンでは準決勝でフェデラーにそれぞれ敗れている。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たミュンヘン

    4歳からテニスを始める。ジョコビッチの父親は元プロスキー選手で、優れたサッカー選手でもあり、現在はセルビア国内でピザとクレープのレストランを経営している。ノバクは12歳の時、ドイツ・ミュンヘンにある「ニキ・ピリッチ・テニスアカデミー」に留学し、2年後セルビアに戻った。2003年に16歳でプロ入りし、2004年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのセルビア・モンテネグロ代表選手になる。2005年から4大大会に出場し始めたジョコビッチは、デビュー戦の全豪オープンでは1回戦でマラト・サフィンに完敗したが、ウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出した。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見た2005年全豪オープン

    4歳からテニスを始める。ジョコビッチの父親は元プロスキー選手で、優れたサッカー選手でもあり、現在はセルビア国内でピザとクレープのレストランを経営している。ノバクは12歳の時、ドイツ・ミュンヘンにある「ニキ・ピリッチ・テニスアカデミー」に留学し、2年後セルビアに戻った。2003年に16歳でプロ入りし、2004年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのセルビア・モンテネグロ代表選手になる。2005年から4大大会に出場し始めたジョコビッチは、デビュー戦の全豪オープンでは1回戦でマラト・サフィンに完敗したが、ウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出した。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たロシア

    全豪オープンで、ジョコビッチは準決勝でフェデラーに 7-5, 6-3, 7-6(7-5) のストレート勝ちを収め、フェデラーが2005年ウィンブルドンから続けてきた4大大会連続決勝進出歴代1位記録を「10」で止めた。決勝戦では世界ランキング38位のノーシードから勝ち上がったジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)を 4-6, 6-4, 6-3, 7-6(7-2) で破り、20歳8ヶ月で4大大会初優勝を達成した。これはセルビア出身のテニス選手として、最初の4大大会男子シングルス優勝でもある。全豪優勝から半年後、彼は8月の北京五輪で男子シングルスの銅メダリストになった。第3シードのジョコビッチは準決勝でラファエル・ナダルに敗れた後、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」でジェームズ・ブレーク(アメリカ)を 6-3, 7-6(7-4) で破り、オリンピックのセルビア代表選手として銅メダルを獲得した。2008年度の男子ツアー年間最終戦「テニス・マスターズ・カップ」では、決勝でニコライ・ダビデンコ(ロシア)を 6-1, 7-5 で破って初優勝を決めた。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

87件中 71 - 80件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード