前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
412件中 1 - 10件表示
  • おにぎり

    おにぎりから見た海苔海苔

    鎌倉時代の末期頃からは、うるち米が使われるようになった。当時のおにぎりは飯をただ握り固めたものか焼き固めたもので、表面に海苔を貼り付ける形式が生まれたのは海苔の養殖が普及し、加工された四角い板のりが「浅草海苔」として広く販売されるようになった江戸時代元禄以降と見られている。海苔は栄養もあり、表面に貼り付ければ食べる際に手に飯粒が付着しない。その便利さとも相まって、海苔はおにぎりの必需品となった。おにぎり フレッシュアイペディアより)

  • 蕎麦

    蕎麦から見た海苔海苔

    また、風味付けに加えられる素材によって、胡麻切り蕎麦(黒ゴマを使用)、海苔切り蕎麦(海苔を使用)、茶蕎麦(抹茶を使用)などの種類がある。店によってはモロヘイヤ、山椒、タケノコ、ふきのとう、アシタバ、大葉、柚子、若布、梅などの季節の植物を練り込んで出すところもある。蕎麦 フレッシュアイペディアより)

  • Porphyra umbilicalis

    Porphyra umbilicalisから見た海苔海苔

    ''は、紅藻でウシケノリ科ポルフィラ属に分類される。海苔の1種。かつて日本産の藻類チシマクロノリにこの学名が使われていたが、別種であることが明らかとなっている。Porphyra umbilicalis フレッシュアイペディアより)

  • どんどん焼き

    どんどん焼きから見た海苔海苔

    作り方は、まず小麦粉を水で溶いた生地を角の取れた長方形から楕円形に薄く伸ばして焼き、海苔・青海苔・魚肉ソーセージなどを乗せる。焼き上がったところで、1本あるいは2本の割り箸にロール状または短冊状にくるくると巻き取り、ソースなどをハケでつけて完成となる。どんどん焼き フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県

    千葉県から見た海苔海苔

    東京湾では海苔の養殖も行われている。かつては遠浅の干潟が広がる千葉市など東京湾奥部でも養殖が盛んに行われていたが、沿岸の埋め立てに伴い、これは消滅した。現在は、木更津市や富津市、船橋市などの遠浅の海で養殖されている海苔は『江戸前海苔』として珍重されている。香りや味の良いアサクサノリを復活させる試みも行われている。千葉県 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀県

    佐賀県から見た海苔海苔

    佐賀平野を中心に穀類を中心とした農業が、入り江の多い玄界灘に面する北西部では果樹農業や畜産、沿岸漁業が盛んである。有明海に面した県南地域では海苔の養殖が盛んである。佐賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀市

    佐賀市から見た海苔海苔

    郊外では広い平野と水利を生かした穀類を軸にした農業、有明海の性質に適した海苔養殖を軸にした漁業が地域産業として維持されてきた。一方の工業では伝統的な背景などから、重工業よりも軽工業の方が発達しているという特徴がある。佐賀市 フレッシュアイペディアより)

  • スサビノリ

    スサビノリから見た海苔海苔

    スサビノリ(荒び海苔、学名:)は、ウシケノリ科アマノリ属に分類される紅藻類の海藻で、海苔の1種。 海苔養殖の対象として最もよく用いられる。スサビノリ フレッシュアイペディアより)

  • 香良洲町

    香良洲町から見た海苔海苔

    米や梨を栽培する農業や沿岸漁業や海苔の養殖が主体の水産業を主業とする。香良洲町 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢地先埋立事業

    金沢地先埋立事業から見た海苔海苔

    第二次世界大戦以前の金沢は、金沢八景に代表されるように景勝地であり、富岡から柴にかけての海岸では海苔・ワカメの養殖や漁業が行われていたが戦時中に日平産業や文寿堂富岡工場(海軍関係の印刷物を扱った印刷会社。1950年倒産)など軍需産業が進出。軍の指令による埋立も行われた。戦災では大きな被害を免れたため、京浜地区より移り住む者が急増した。昭和30年代には、京急興業による富岡、西武系の国土計画興業による西柴をはじめ種々の業者による宅地開発が急増した。その多くが丘陵の傾斜地を階段状に造成するもので、下水道や道路など公共施設の整備が追い付かずにいた。1963年ごろには大手業者から地元漁協に対し海面埋め立ての打診があったとの情報が市にもたらされ、独自の埋立構想を持っていた市は対応に迫られた。横浜市による記録に残る埋立構想は、1963年3月に横浜国際港都建設審議会に諮問された「横浜国際港都総合基幹計画改定案」が初めてで、金沢地先330haに工場移転用地と、埋立地の一部および富岡・釜利谷の土砂採取地に住宅地を造成するもので、工場用地が主体であった。1965年10月に発行された小冊子「横浜のまちづくり」では六大事業の他のプランと共に埋立案が初めて市民に示された。この案では埋立面積を増加するとともに用途を工場・住宅で半々にした。同年4月の「横浜国際港都建設福祉計画案」では、市民の健康的文化的生活を営む上に必要な一大臨海公園が計画に盛り込まれた。1968年7月には、横浜市六大事業の一環として正式に決定された。当初は1968年度から1972年度にかけての5ヶ年の事業として計画され、根岸湾ハ地区(鳥浜町)から富岡川にかけての200万m2を1号地として金沢木材埠頭や三菱重工業横浜製作所、下水処理場などに充てられ、富岡川から長浜水路にかけての2号地は清掃工場や流通関連用地、貨物ヤード、以南の3号地は主として中小企業用地とされる計画であった。工区の分割には、防災上の利点のほか、在日米軍小柴貯油施設および横浜検疫所長浜措置場の調整に期間を要することが予想され、当該区域以外を先行して着工する狙いがあった。その後、漁業権交渉や反対運動、土砂の入手先変更により1971年と1974年に2度計画変更される。金沢地先埋立事業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
412件中 1 - 10件表示

「ノリ」のニューストピックワード