328件中 61 - 70件表示
  • ひっぱりうどん

    ひっぱりうどんから見た海苔海苔

    食材 - 鰹節、鮭缶、ツナ缶、ミョウガの輪切り、古漬けや沢庵のみじん切り、海苔、天かすなど。ひっぱりうどん フレッシュアイペディアより)

  • 巻き簾

    巻き簾から見た海苔海苔

    調理に使った後はカビや細菌の繁殖を防ぐために風通しのよいところで干すのがよいとされているが、使った後の手間を省くために食品用ラップフィルムで巻き簾を覆って使用する人もいる。特に、カリフォルニアロールなどでご飯が外側に巻かれる裏巻きを作る際には海苔が湿るのを防ぐため巻き簾をよく乾かした状態で用いる。巻き簾 フレッシュアイペディアより)

  • 袋

    から見た海苔海苔

    再封可能なチャック付きの袋。海苔やふりかけなど湿気を嫌う食品類のパッケージを中心に見られる。 フレッシュアイペディアより)

  • メカブ

    メカブから見た海苔海苔

    古代には海藻根(まなかし)と呼ばれ、貢物として海苔に次ぎ珍重されていた。中世以降になると中央文書からは姿を消すが、代わりに地方産物として「メカブ」の名で登場するようになる。地域により「ミミ」「ネカブ」「カブ」「メヒビ」などさまざまな呼称がある。また乾燥品は古くは民間薬としても利用された。メカブ フレッシュアイペディアより)

  • カネスエ

    カネスエから見た海苔海苔

    1931年に牛田桂が「魚が食いたかった。いさば屋なら魚が食えると思ったんだがな。」と丁稚奉公に入り、1937年に番頭へ昇格。桂が6人中5番目の番頭だった1940年当時、42坪の広さの店に20人以上の奉公人が平台にイワシ、サンマ、サバの塩漬けの干物、棚にシイタケ、海苔、コンブなどが並べ、常時ではないが生の魚を売っていた。買い物客、小売・卸売商などさまざまな客に対し、それぞれに異なった売り方をしていた。カネスエ フレッシュアイペディアより)

  • 大番長

    大番長から見た海苔海苔

    宮里軍団の一員で「食い意地のショーコ」。絵梨花の腰巾着で戦闘能力は皆無。狼牙から「岩海苔」と呼ばれている。大番長 フレッシュアイペディアより)

  • 六角川

    六角川から見た海苔海苔

    流れが緩やかで、また有明海最深部に流入しているため、河口から29km地点まで海水の遡上が見られる。河口部では江戸時代から干拓が行われ、また海苔養殖も盛ん。六角川 フレッシュアイペディアより)

  • 海苔弁当

    海苔弁当から見た海苔海苔

    海苔弁当(のり弁当、のりべんとう)とは、海苔を米飯のおかずとして食材に用いた弁当である。海苔弁当 フレッシュアイペディアより)

  • 元祖たこ昌

    元祖たこ昌から見た海苔海苔

    1969年6月 - 株式会社 海善として設立。当時は業務用海苔を販売していた。元祖たこ昌 フレッシュアイペディアより)

  • 大野海苔

    大野海苔から見た海苔海苔

    株式会社 大野海苔(おおののり)は、海苔の製造・販売を行う食品会社。大野海苔 フレッシュアイペディアより)

328件中 61 - 70件表示

「ノリ」のニューストピックワード