前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • グレゴア・シュリーレンツァウアー

    グレゴア・シュリーレンツァウアーから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    2006年のスキージャンプ・サマーグランプリでは1勝をあげて総合5位となった。グレゴア・シュリーレンツァウアー フレッシュアイペディアより)

  • スンカル国際スキージャンプ複合施設

    スンカル国際スキージャンプ複合施設から見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    現競技場建設以前にもアルマトイにはスキージャンプ台が存在しており、アルマトイがカザフスタンにおけるスキージャンプの中心地であった。 既存のジャンプ台はK70の人口芝を使用した競技場で、主に国内競技大会使用されていたが、新競技場建設に伴い取り壊されている。 また、青少年大会用のK15、K30及びK45のジャンプ台は残された。2007年秋にK95とK125のジャンプ台の建設を開始。 また、20,000席の観客席とリフトも併せて建設された。 2つの新しいジャンプ台は2010年完成。杮落としとしてコンチネンタルカップ2010が開催され、ポーランドのカミル・ストッフ?が初の勝者となった。 半年後に開催の2011年冬季アジア大会のスキージャンプ競技会場として使用するにあたり、幾つかの施設が建てられた。 8月30日にはスキージャンプ・サマーグランプリ2011が開催され、スロヴェニアのユーリ・テペシュの優勝であった。 その後老朽化した青少年用施設が取り壊され、2013年より新しい青少年用ジャンプ台(K20、K40とK60)の使用が開始された。スンカル国際スキージャンプ複合施設 フレッシュアイペディアより)

  • 田中翔大

    田中翔大から見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    2013 FISサマーグランプリ 白馬大会 31位田中翔大 フレッシュアイペディアより)

  • 岡部孝信

    岡部孝信から見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    岡部は身長165cmと、ジャンプ選手としてはきわめて小柄であるため、このルール適用によりスキーを4cm程度短くされた。施行直後の夏の国内大会こそ上位に入り、同年のサマーグランプリ代表に選出されたが、98サマーグランプリの第2戦プレダッツォ大会の9位を最後に、成績は下降線をたどった。以後も苦しい戦いが続き、海外遠征からは遠のいた。成績が出なかったこの時期について、2006年のインタビューでは「自分でいろいろ考えて、崩れていったと思う。」と岡部は語っている。岡部孝信 フレッシュアイペディアより)

  • クールシュヴェル

    クールシュヴェルから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    1992年のアルベールビルオリンピックに際して、Le Praz はスキージャンプの会場となった(現在でもスキージャンプ・サマーグランプリで使用されている)。また、La Tania はこのオリンピックに際して開発が行われた地区である。クールシュヴェル フレッシュアイペディアより)

  • パヴェル・カレリン

    パヴェル・カレリンから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    2007年10月6日にドイツのクリンゲンタールで行われたスキージャンプ・サマーグランプリで2位となり、2007-2008シーズンからスキージャンプ・ワールドカップに参戦するとこのシーズン総合32位となった。パヴェル・カレリン フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・コウデルカ

    ロマン・コウデルカから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    2004年からスキージャンプ・コンチネンタルカップに参戦、2006年9月2日にスキージャンプ・サマーグランプリのクラーニ大会で3位に入賞するなど好成績を残し、2006-2007シーズンからスキージャンプ・ワールドカップに参戦した。ワールドカップへのデビューは2006年11月24日のクーサモで、31位だった。ロマン・コウデルカ フレッシュアイペディアより)

  • アントニン・ハイエク

    アントニン・ハイエクから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    2006年夏のスキージャンプ・サマーグランプリ白馬大会では2試合続けて3位入賞、2007年3月11日のラハティ大会でそれまでの自己最高6位となった。アントニン・ハイエク フレッシュアイペディアより)

  • 清水礼留飛

    清水礼留飛から見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    純ジャンプ転向1年目の夏から早速遠征メンバーに抜擢され、スキージャンプ・サマーグランプリやスキージャンプ・コンチネンタルカップを転戦し、2012年2月には世界ジュニア選手権に出場した。2012年8月、サマーグランプリ初戦のフランス・クーシュベル大会で初優勝を達成。続くドイツ・ヒンターツァルテン大会でも2位に入るなど好成績を残した結果、2012/13シーズンのスキージャンプ・ワールドカップ遠征メンバーに選抜された。冬のシーズンも序盤戦から安定感のある飛躍を続け、翌シーズンに迫ったソチオリンピック前哨戦となる、12月のロシア・ソチ大会でのノーマルヒルでは、第1戦は10位、第2戦は初のシングルとなる9位。2013年2月にはノルディックスキー世界選手権の日本代表に初選出され、団体戦に出場した。清水礼留飛 フレッシュアイペディアより)

  • アンデシュ・ヤコブセン

    アンデシュ・ヤコブセンから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    同年夏のスキージャンプ・サマーグランプリではナショナルAチームで転戦し、5戦で10位以内となり総合でも10位となった。アンデシュ・ヤコブセン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「ノルディックスキーサマーグランプリ」のニューストピックワード