前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • グレゴア・シュリーレンツァウアー

    グレゴア・シュリーレンツァウアーから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    2006年のスキージャンプ・サマーグランプリでは1勝をあげて総合5位となった。グレゴア・シュリーレンツァウアー フレッシュアイペディアより)

  • カミル・ストッフ

    カミル・ストッフから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    2007年のスキージャンプ・サマーグランプリ、10月3日のオーベルストドルフで初勝利、12月26日にはポーランド選手権ラージヒルで初優勝した。カミル・ストッフ フレッシュアイペディアより)

  • パヴェル・カレリン

    パヴェル・カレリンから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    2007年10月6日にドイツのクリンゲンタールで行われたスキージャンプ・サマーグランプリで2位となり、2007-2008シーズンからスキージャンプ・ワールドカップに参戦するとこのシーズン総合32位となった。パヴェル・カレリン フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・コウデルカ

    ロマン・コウデルカから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    2004年からスキージャンプ・コンチネンタルカップに参戦、2006年9月2日にスキージャンプ・サマーグランプリのクラーニ大会で3位に入賞するなど好成績を残し、2006-2007シーズンからスキージャンプ・ワールドカップに参戦した。ワールドカップへのデビューは2006年11月24日のクーサモで、31位だった。ロマン・コウデルカ フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・ノイマイアー

    ミヒャエル・ノイマイアーから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    2006/07シーズンは開幕戦のクーサモで5位と好調だったが、12月のリレハンメルで膝の十字靭帯を断裂しシーズンを棒に振った。9ヶ月後ザコパネで行われたスキージャンプ・サマーグランプリで復活し6位となった。ミヒャエル・ノイマイアー フレッシュアイペディアより)

  • アンデシュ・ヤコブセン

    アンデシュ・ヤコブセンから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    同年夏のスキージャンプ・サマーグランプリではナショナルAチームで転戦し、5戦で10位以内となり総合でも10位となった。アンデシュ・ヤコブセン フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・チェコン

    ロベルト・チェコンから見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    ロベルト・チェコン(Roberto Cecon 1971年12月28日- )はイタリアのウーディネ県ジェモーナ・デル・フリウーリ出身の元スキージャンプ選手。1987年から2003年までの16年間ワールドカップに出場した。その間スキージャンプ・ワールドカップで6勝、サマーグランプリでも1勝を挙げ1994?95年シーズンはシーズン総合2位となっている。ロベルト・チェコン フレッシュアイペディアより)

  • 小林潤志郎

    小林潤志郎から見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    東海大学(札幌キャンパス;国際文化学部地域創造学科)に入学後、2年次の2011/2012シーズンより本格的にスペシャルジャンプに転向すると、第12回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会で2位、白馬でのスキージャンプ・サマーグランプリでは2戦連続トップ10入りし、ジャンプ転向1年目にしてスキージャンプ・ワールドカップ(W杯)代表入りを果たした。小林潤志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水礼留飛

    清水礼留飛から見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    純ジャンプ転向1年目から早速スキージャンプ・コンチネンタルカップ遠征メンバーに抜擢される。翌2012年のスキージャンプ・サマーグランプリの日本代表に選出されると、初戦のフランス・クーシュベル大会でいきなり初優勝するという快挙を達成する。さらに続くドイツ・ヒンターツァルテン大会でも2位に入る活躍を見せた。この結果、2012/13シーズンのスキージャンプ・ワールドカップ遠征メンバーに選抜された。清水礼留飛 フレッシュアイペディアより)

  • 岡部孝信

    岡部孝信から見たスキージャンプ・サマーグランプリスキージャンプ・サマーグランプリ

    岡部は身長165cmと、ジャンプ選手としてはきわめて小柄であるため、このルール適用によりスキーを4cm程度短くされた。施行直後の夏の国内大会こそ上位に入り、同年のサマーグランプリ代表に選出されたが、98サマーグランプリの第2戦プレダッツォ大会の9位を最後に、成績は下降線をたどった。以後も苦しい戦いが続き、海外遠征からは遠のいた。成績が出なかったこの時期について、2006年のインタビューでは「自分でいろいろ考えて、崩れていったと思う。」と語っている。岡部孝信 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示