前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たハビエル・バルデム

    舞台は1980年のアメリカ合衆国テキサス州西部。凶悪化する犯罪を憂える保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)の語りを背景に、脱走した殺し屋アントン・シガー(ハビエル・バルデム)が殺人・強盗を繰り返すシーンから物語は始まる。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たコーエン兄弟

    『ノーカントリー』(原題: No Country for Old Men)は、2007年製作のアメリカ映画。コーエン兄弟製作のスリラー映画。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たウディ・ハレルソン

    入院中のモスに面会に来たのは、賞金稼ぎのカーソン・ウェルズ(ウディ・ハレルソン)だった。ウェルズは麻薬ディーラーから金の奪還を命じられており、金と引き換えにモスの命を守るという交換条件を出すが、モスはこれを拒絶。その後米国内のホテルに戻ってきたウェルズはシガーに殺害される。その時ウェルズの部屋に電話をかけてきたのはモスであった。シガーは電話を取り、二人の会話が初めて実現する。モスが自分の手で金を持ってくること、そうすれば妻に手出しはしないと約束するシガーだが、モスはこれも拒否し会話は終わる。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たトミー・リー・ジョーンズ

    舞台は1980年のアメリカ合衆国テキサス州西部。凶悪化する犯罪を憂える保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)の語りを背景に、脱走した殺し屋アントン・シガー(ハビエル・バルデム)が殺人・強盗を繰り返すシーンから物語は始まる。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たスコット・ルーディン

    製作:スコット・ルーディン、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエンノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見た麻薬

    アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、麻薬取引の大金を巡って凄惨な殺戮劇が繰り広げられる。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たジョシュ・ブローリン

    一方そのころ、銃を持ってプロングホーンを撃ちに行ったベトナム帰還兵ルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は偶然にも殺人現場に遭遇する。状況からすると麻薬取引がスムーズに進まず、途中で銃撃戦に発展したようだ。死体の転がる中を歩くモスは、麻薬を積んだトラックの運転席で息も絶え絶えになっているメキシコ人を発見する。いろいろと質問するモスだが、相手の言う言葉は「アグア」(スペイン語で「水」の意)のみ。その後、モスは事件現場から少し歩いたところにあった男の死体から札束の詰まったブリーフケースを発見し、自宅に持ち帰る。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たケリー・マクドナルド

    危険を感じたモスは妻カーラ・ジーン(ケリー・マクドナルド)をバスに乗せて実家に帰し、自身はモーテルに潜伏する。しかし金の入ったブリーフケースには発信器が隠されており、シガーはそれを頼りにモスの滞在するモーテルを発見する。シガーがメキシコ系の別の追っ手と交戦中、モスはからくも逃走する。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たコーマック・マッカーシー

    2005年に発表されたコーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』(原題: No Country for Old Men, 扶桑社ミステリー文庫)の映画化作品。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たニューヨーク映画批評家協会賞

    ニューヨーク映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「ノーカントリー」のニューストピックワード