76件中 21 - 30件表示
  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たコーマック・マッカーシー

    2005年に発表されたコーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』(原題: No Country for Old Men, 扶桑社ミステリー文庫)の映画化作品。原題はウィリアム・バトラー・イェイツの詩「Sailing to Byzantium」の第1句が引用されている。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たニューヨーク映画批評家協会賞

    ニューヨーク映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たジーン・ジョーンズ

    ガソリンスタンド店主 - ジーン・ジョーンズノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たミラマックス

    製作会社:パラマウント・ヴァンテージ、ミラマックス、スコット・ルーディン・プロダクションズ、マイク・ゾス・プロダクションズノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見た扶桑社

    2005年に発表されたコーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』(原題: No Country for Old Men, 扶桑社ミステリー文庫)の映画化作品。原題はウィリアム・バトラー・イェイツの詩「Sailing to Byzantium」の第1句が引用されている。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たメキシコ

    アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、麻薬取引の大金を巡って凄惨な殺戮劇が繰り広げられる。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たテキサス州

    舞台は1980年のアメリカ合衆国テキサス州西部。凶悪化する犯罪を憂える保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)の語りを背景に、殺し屋アントン・シガー(ハビエル・バルデム)が保安官の拘束を脱して殺人・窃盗を行うシーンから物語が始まる。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たアメリカ合衆国

    アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、麻薬取引の大金を巡って凄惨な殺戮劇が繰り広げられる。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見たエルパソ (テキサス州)

    米国に戻ってきたモスはカーラに電話し、彼女の母親ともどもエルパソのモーテルで落ち合うよう打ち合わせる。モスに会うために保安官のベルもエルパソに向かうが、モーテルに到着する直前にモスは殺害され金は消えていた。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見た賞金稼ぎ

    入院中のモスに面会に来たのは、賞金稼ぎのカーソン・ウェルズ(ウディ・ハレルソン)だった。ウェルズは麻薬ディーラーから金の奪還を命じられており、金と引き換えにモスの命を守るという交換条件を出すが、モスはこれを拒絶。その後米国内のホテルに戻ってきたウェルズはシガーに殺害される。その時ウェルズの部屋に電話をかけてきたのはモスであった。シガーは電話を取り、二人の会話が初めて実現する。モスが自分の手で金を持ってくること、そうすればカーラに手出しはしないと約束するシガーだが、モスはこれも拒否し会話は終わる。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示

「ノーカントリー」のニューストピックワード