前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
466件中 1 - 10件表示
  • 工人舎

    工人舎から見たノートパソコンノートパソコン

    2005年より、ノートパソコンの販売をはじめた。工人舎 フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たノートパソコンノートパソコン

    パーソナルコンピュータの種類にはデスクトップ、ノートブック、タブレットPCなどがあるがアーキテクチャ的にはほとんど同じものである。パソコンCPU市場はインテルが圧倒的なシェアを誇り、AMDがそれに次ぐ。両社がパソコン向けに供給するマイクロプロセッサは全てx86互換である(組み込みシステムで普及しているARMアーキテクチャなどは設計を多数のメーカーにライセンスする方式をとり、おびただしい種類のASICが存在するのとは対照的である)。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • 省スペースパソコン

    省スペースパソコンから見たノートパソコンノートパソコン

    省スペースパソコンとは、恒久的に一所に設置して使われることを意図したパーソナルコンピュータ(パソコン)のうち、タワー型のデスクトップパソコンに比べ小型でスペースを取らないことを特徴とするものを指す俗称ないしは総称。スモールフォームファクタ (Small Form Factor, SFF) ともいう。1990年代後半から出現したスリムタワー型、キューブ型デスクトップパソコンに代表される。広い意味では、そのような用途で使われるラップトップパソコンやオールインワンタイプの大型ノートパソコンも含まれると考えられる。省スペースパソコン フレッシュアイペディアより)

  • 中国における携帯電話

    中国における携帯電話から見たノートパソコンノートパソコン

    中国移動通信は2009年からTD-SCDMAで3Gサービスを行なっている。3Gの本格稼働の初年度から、ノートパソコン会社と共にデータ通信端末をノートパソコンにバンドルし、どこでも使えるようにしたキャンペーンを展開している。現在、次のようなサービス内容になっている。中国における携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスクドライブ

    ハードディスクドライブから見たノートパソコンノートパソコン

    ノートパソコン用の主流。3.5インチに比べ容量あたりの価格は高いものの、消費電力が少なく、耐衝撃、耐振動性に優れることから、最近では一部のデスクトップパソコン、カーナビやゲーム機(Xbox 360、プレイステーション3)でも利用されている。一般向けインターフェースはパラレルATAのものとシリアルATAのものの両方があるが、3.5インチと同じくパラレルATAの新製品は減少しており、2007年以降はシリアルATAが主流になっている。近年SCSI規格の2.5インチ型が復活し、SAS規格の物も登場。これらは従来のノートパソコン向け低性能・低消費電力型ではなく、サーバ向けの高性能・省スペース型となっている。特に環境問題に配慮し消費電力を抑える傾向にあるデータセンターなどで多く用いられている。回転数は一般的向けには4200rpmないし5400rpmで、サーバー向けやハイエンドデスクトップ向けに10000rpm以上の物もある。カーナビ向けにはさらに高耐衝撃、高耐振動性、そして耐高温性にすぐれたモデルも存在する。ハードディスクドライブ フレッシュアイペディアより)

  • 携帯機器

    携帯機器から見たノートパソコンノートパソコン

    ポータブルコンピュータ(ラップトップ、ノートパソコン、タブレットPC、ハンドヘルド、PDAやPocketPC、Palm等、将来的にはウェアラブルコンピュータ)も、携帯型トランシーバーと同様に基本的には、使用の際には手で持ち、使用しないときには身体に装着する。もっとも、将来的にはヘッドアップディスプレイ等により使用の際にも「ウェアラブル」になるであろう。携帯機器 フレッシュアイペディアより)

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクトから見たノートパソコンノートパソコン

    本社は長野県松本市、ノートパソコンの製造は長野県下伊那郡喬木村(ただしネットブックは中国工場からのOEM供給で、日本国内で検品後に出荷)、デスクトップパソコンの製造は長野県安曇野市、デスクトップパソコンサポート部門は東京都日野市にあり、ノートパソコンの修理は日野市、デスクトップパソコン本体の修理は長野県安曇野市で行っている。エプソンダイレクト フレッシュアイペディアより)

  • オールインワン

    オールインワンから見たノートパソコンノートパソコン

    ユーザビリティや付加価値の向上に重点をおいている場合は、必ずしもシステムコストは低下せず、むしろ上昇することもある。例えば、パソコンの分野では2000年代前半にデスクトップパソコンからノートパソコンへの転換が進んだが、これはユーザビリティの向上に重点が置かれた。システムコストは、安価な汎用規格品を使うデスクトップパソコンに対して専用部品の構成比率が増加したため、むしろ上昇した。オールインワン フレッシュアイペディアより)

  • シーゲイト・テクノロジー

    シーゲイト・テクノロジーから見たノートパソコンノートパソコン

    シーゲイトのハードディスクはサーバ、デスクトップコンピュータ、ノートパソコンなどから、HDDレコーダー、ゲーム機、デジタルオーディオプレーヤーなどの機器にも使われている。シーゲイト・テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • IdeaPad

    IdeaPadから見たノートパソコンノートパソコン

    IdeaPad(アイデアパッド)とは、レノボ社が製造・販売する、消費者向けのノートパソコンのシリーズである。IdeaPad フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
466件中 1 - 10件表示

「ノートパソコン」のニューストピックワード