466件中 11 - 20件表示
  • タブレットPC

    タブレットPCから見たノートパソコンノートパソコン

    タブレットPC()は、平板状の外形を備えタッチパネル式などの表示/入力部を持った携帯可能なパーソナルコンピュータである。広義にはタブレットコンピュータ全般を指し、携帯情報端末や片手に収まる小型POS端末でもタッチパネルを備えたものであれば概ねこれに含まれる(一種のミニノートパソコンともいえる)が、狭義にはマイクロソフト社のOSと同社が2002年に発表したタブレットPC用拡張ソフトウェア「」とその後継機能に対応したPC製品を指す。タブレットPC フレッシュアイペディアより)

  • デスクトップパソコン

    デスクトップパソコンから見たノートパソコンノートパソコン

    パーソナルコンピュータの筐体は黎明期より机の上へ据え置くスタイルが主流であったが、ノートパソコンの前身であるラップトップパソコンが普及を始めた1980年代中頃から、その対語として用いられるようになった。デスクトップパソコン フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たノートパソコンノートパソコン

    「Video Audio Integrated Operation」の頭字語とされ、AV機能を重視している。2008年7月には「Visual Audio Intelligent Organizer」と再定義された。シリーズとして、デスクトップ型、ノート型、PDA型が販売された。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • ラップトップパソコン

    ラップトップパソコンから見たノートパソコンノートパソコン

    コンピュータは大きさによって大まかにデスクトップ(卓上型)、ラップトップ(膝上)、パームトップ(掌上)に分類され、「ラップトップ」の名称は椅子に座りながら「膝の上(ラップトップ)でも使用できる」との意味からで、英語の範疇では主に和製英語である「ノートパソコン」を含めたカテゴリーである。ただし日本では通常「一般的なノートパソコンよりも一回り大きいカテゴリー」として使われており、このため英語で言うところの“Laptop computer”に関してはノートパソコンの項を参照。ラップトップパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ソーテック

    ソーテックから見たノートパソコンノートパソコン

    主に日本国外向けラップトップ型、ノート型PCの製造販売、OEMを手掛けていた。ソーテック フレッシュアイペディアより)

  • ハンドヘルドコンピュータ

    ハンドヘルドコンピュータから見たノートパソコンノートパソコン

    ハンドヘルドコンピュータ(Handheld Computer)とは、持ち運べる程度の小型サイズの「携帯情報端末」のこと。通常は、フルキーボードを備えながらもノートパソコンより小さいものや、キーボードがなく縦長の手帳型をしたもの(「パームサイズコンピュータ」)を指す。場合によっては、ノートパソコン、ポケットコンピュータなど形状を問わず、携帯型のコンピュータ全般を指すが、近年ではこの用法が使用される事はほぼ無くなった。この用法については広義のモバイルを参照。ハンドヘルドコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • 吉野彰

    吉野彰から見たノートパソコンノートパソコン

    1980年代、携帯電話やノートパソコンなどの携帯機器の開発により、高容量で小型軽量な二次電池(充電可能な電池)のニーズが高まったが、従来のニッケル水素電池などでは限界があり新型二次電池が切望されていた。吉野彰 フレッシュアイペディアより)

  • Ultra-Mobile PC

    Ultra-Mobile PCから見たノートパソコンノートパソコン

    Ultra-Mobile PC(ウルトラモバイル ピーシー、略称UMPC)は2006年3月9日にマイクロソフトやインテルなどが発表したタブレットPCの規格。また、その規格に準拠したものと同程度のノートパソコンおよびそのカテゴリー・市場のこと。Ultra-Mobile PC フレッシュアイペディアより)

  • 静音パソコン

    静音パソコンから見たノートパソコンノートパソコン

    CPUの高性能・高発熱化に伴って最も騒音を発するPCパーツとなっており、通常はヒートシンクに合わせて口径5cm?8cmの高速回転型の冷却ファンが固定されている。その駆動音・風きり音が最大の騒音源となっている場合が多い。CPUを低発熱型(ノートパソコン向けCPUや組み込みシステム向けCPU)に交換したり、ダウンクロック(アンダークロック)や低電圧化といった手法で低発熱化する事が可能であり、さらに大型のヒートシンクを併用する事でファンレス化が可能となる。ただし、夏期や高負荷が長時間続く場合には熱暴走や故障の恐れがあり、ケースファンなどの風がヒートシンクに当たるようにエアフロー(通風)を考慮する必要がある。無理にファンレスを狙わず、ファンを大型で低回転な型に換えるだけでも相応の効果がある(小口径のファンを大型のサイズに変換出来る製品が存在する)。ファンの速度は超低速回転(10dB)から低速回転(20dB)、普通、高速回転(30dB)、超高速回転(40dB辺り)と書かれた製品が存在するが、普通から高速回転辺りにすると熱暴走を抑えつつ、静音を目指す事が出来る、静音とされる音圧レベル(dB/デシベル)は20CFM以下とされている。熱暴走を抑えるためにはdB以外にも風量を増やし回転数を減らす必要があり、ファンは口径が大きく、厚い物の方が風量が大きく音も小さい製品が多い(dBを確認する必要がある)がケースやマザーボード、電源とサイズが合うか確認する必要がある。一部のメーカー製パソコンでは、排気用のケースファンに隣接させる事でファンレス化している例もある。(他には、ネジを鉄製では無く、専用のゴム製のネジを取り付ける事によって振動を防ぐ事が出来る。ゴムシートを併用する事で静音の効果が高まる)。: 近年になってメーカー製PCに水冷ユニットが標準装備されたものや、自作パーツとして水冷ユニットが販売されている。ファンやヒートシンクを埃から除去する事により音を抑える事が出来る。静音パソコン フレッシュアイペディアより)

  • Centrino

    Centrinoから見たノートパソコンノートパソコン

    Centrino(セントリーノ)はインテルのブランドの一つで、当初は同社製品(CPU・チップセット・無線LANモジュール)で構成されたモバイルPC向けプラットフォームの名称として、2010年からはWi-FiとWiMAX関連の製品の名称として用いられている。Centrino フレッシュアイペディアより)

466件中 11 - 20件表示

「ノートパソコン」のニューストピックワード