466件中 71 - 80件表示
  • Pentium 4-M

    Pentium 4-Mから見たノートパソコンノートパソコン

    Pentium 4-M (ペンティアム 4 エム)とは米国インテルが開発したCPU。正式名称は Mobile Intel Pentium 4 processor-M(モバイル インテル ペンティアム 4 プロセッサ エム) 。Pentium 4のNetBurstマイクロアーキテクチャをベースにノートパソコン用機能を有効にして出荷したものである。Pentium 4-M フレッシュアイペディアより)

  • SRAMカード

    SRAMカードから見たノートパソコンノートパソコン

    書き込みはきわめて高速だが、容量が小さく高価。キャパシタを用いるDRAMよりも少ない電力でデータを維持でき、EEPROMよりも使い勝手が良い為、小容量ながら磁気メディアを補完するコンパクトな外部記憶装置として、フラッシュメモリ登場までは広範囲に利用された。インタフェースとコントローラを一体化したSRAMカードとしては、ノートパソコンやワープロ専用機、電子手帳などの外部記憶メディアとして頻繁に利用されていた(PCカード規格ではない独自規格のものも存在した)。SRAMカード フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad Edge

    ThinkPad Edgeから見たノートパソコンノートパソコン

    ThinkPad Edge(シンクパッド エッジ - )シリーズは、レノボのノートパソコン、ThinkPadブランドのシリーズの1つ。ThinkPad Edge フレッシュアイペディアより)

  • 98NOTE

    98NOTEから見たノートパソコンノートパソコン

    98NOTE(きゅうはちノート)とはかつて日本電気が発売していたPC-9800シリーズのノートパソコン。ラップトップ機であるLシリーズの後継機にあたる。初代機はPC-9801Nで1989年11月に発売された。98NOTE フレッシュアイペディアより)

  • プリインストール

    プリインストールから見たノート型パソコンノートパソコン

    なお、1990年代後半から2000年代初頭にかけてのインターネット利用が進んでパソコンが一般家庭に普及し始めた時代には、特にノート型パソコンではメモリの搭載量が少なく、プリインストールされた常駐ソフトウェアだけでメモリリソースを完全に使い切ってしまうような商品も見られた。この傾向は、2000年代後半に入って市場を築き始めたネットブックないしネットトップなどに含まれる製品でも、似たような動向が見出せる。プリインストール フレッシュアイペディアより)

  • LaVie

    LaVieから見たノートパソコンノートパソコン

    LaVie(ラヴィ)は、日本電気(NEC)のパーソナル向けノートパソコンのブランド名。現在はNECの関連会社であるNECパーソナルコンピュータ(2011年7月にNECパーソナルプロダクツのパソコン部門を分社化して設立。レノボとの合弁会社であるLenovo NEC Holdings B.Vの完全子会社)が企画・開発・製造を行っている。LaVie フレッシュアイペディアより)

  • さくらももこのウキウキカーニバル

    さくらももこのウキウキカーニバルから見たノートパソコンノートパソコン

    このゲームの世界で販売されているノートパソコンの製品名。アルファベット表記はMiniP@。パソコン初級者向けの入門機として町の人々やモンピーにも広く普及している。主人公の持つミニパにはウェブブラウザ、電子メールクライアント、町の地図が用意されるが、メールは受信のみで送信はできない。さくらももこのウキウキカーニバル フレッシュアイペディアより)

  • VIA Nano

    VIA Nanoから見たノートPCノートパソコン

    VIA Nanoの製品ラインナップはメインストリームデスクトップ/ノートPC向けのLシリーズと、SFFデスクトップ/UMPC向けのUシリーズに大別される。VIA Nano フレッシュアイペディアより)

  • M-stage

    M-stageから見たノートパソコンノートパソコン

    携帯電話と比べて大画面であるPDA端末やノートパソコンを通信端末を介してmoperaへ接続し、ポータルサイトへアクセスすることでニュースサイト・地図・乗換案内(※パケット通信を考慮して、基本的にテキストと簡易な図画のみで構成)などの有料情報コンテンツを購入できるものである。このポータルサイトのシステムはiモード(iメニュー)と同等のIP接続サービスであり、モバイラー版のiモードを狙ったものとされている。M-stage フレッシュアイペディアより)

  • 5時の魔法使い

    5時の魔法使いから見たノート型パソコンノートパソコン

    ゼベックスタジオからのテレビ放送は初の試みであったが、とても小さいスタジオであったため、テレビ番組らしいセットが設置できず、マイク、小さなテーブル、ノート型パソコン、ワイドテレビを設置する程度だったため、テレビ画面を通して見るスタジオはとても簡素だった。オープニングやエンディングでは出演者のほとんどが立ったまま番組を進行していて、落ち着かない印象があった。特に水曜日や金曜日は出演者数が多いこともあって、スタジオの狭さをより強調することとなった。ラジオ番組をテレビ番組にした雰囲気といえる。5時の魔法使い フレッシュアイペディアより)

466件中 71 - 80件表示

「ノートパソコン」のニューストピックワード