前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
251件中 1 - 10件表示
  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たレノボ

    1991年にはアップルコンピュータがPowerBookシリーズの発売を開始、キーボードの手前にパームレストとポインティングデバイス(当時はトラックボール)を配置するという現在のノートパソコンのデザインの原型となった。ThinkPad(IBM/Lenovo)は独自のトラックポイントを採用している。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たヒューレット・パッカード

    2014年7月現在、日本で販売しているメーカーはLenovo(旧IBM)、東芝、富士通、NEC、デル、エプソンダイレクト、ヒューレット・パッカード、エイサー、アップル、ショップブランドなどで、それぞれ各社のカラーがはっきりと出ているのが特徴。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たデル

    2014年7月現在、日本で販売しているメーカーはLenovo(旧IBM)、東芝、富士通、NEC、デル、エプソンダイレクト、ヒューレット・パッカード、エイサー、アップル、ショップブランドなどで、それぞれ各社のカラーがはっきりと出ているのが特徴。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見た東芝

    そんな中、A4ノートサイズ、2.7kgと軽量で、最小限のインターフェースを装備しながら、大型の液晶ディスプレイを備え、デスクトップタイプのパソコンと互換性を保持した製品として、1989年6月27日発表、同年7月に東芝から発売されたDynaBook(現・dynabook) J-3100SSは、19万8,000円という価格で衝撃を与えた。発表こそ エプソンのPC-286NOTE executive が先んじていたものの(1989年6月7日発表、同年9月発売、重さ 2.2kg、45万8,000円)、価格的には競合にならなかった。これらは、1989年10月には NEC より発売された PC-9801n とともに、「ノートパソコン」、通称「ノートPC」という新たな市場を切り開いた。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たNEC

    後にA4サイズ程度の持ち運べるコンピュータが開発され、ハンドヘルドコンピュータと呼ばれた。フルキーボードと小さな液晶ディスプレイを備え、バッテリー駆動が可能であった。マイクロカセットやプリンタなどの入出力機器を搭載したものもあったが、基本的にはデスクトップタイプのパソコンとは互換性のない、別個の商品として扱われていた。エプソンのHC-20、TRS-80 Model 100、そしてNECのPC-8201などが初期の例である。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たソニー

    この分野は従来、パナソニック、IBM(現・レノボ)、富士通が得意としていたが、最近ではNECやソニー(現・VAIO)も対抗するモデルを販売するなど、他社も追撃する気配を見せている。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たエプソン

    後にA4サイズ程度の持ち運べるコンピュータが開発され、ハンドヘルドコンピュータと呼ばれた。フルキーボードと小さな液晶ディスプレイを備え、バッテリー駆動が可能であった。マイクロカセットやプリンタなどの入出力機器を搭載したものもあったが、基本的にはデスクトップタイプのパソコンとは互換性のない、別個の商品として扱われていた。エプソンのHC-20、TRS-80 Model 100、そしてNECのPC-8201などが初期の例である。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見た日本電気

    なお、1989年に日本でこの分野のパソコンが登場した当時は呼称が統一されておらず、マスメディアやパソコン雑誌でも当初は「ブック型パソコン」、「ブックパソコン」などの呼称が多かったが、エプソン(現・セイコーエプソン)が286NOTE、NECが98NOTEをそれぞれ「ノート型パソコン」として売り出したことから、「ノートパソコン」の名が一般的になった。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たデスクトップパソコン

    古くは小型高密度化でそれ相応の製造コストが掛かることから、デスクトップパソコンと比して販売価格が割高となる傾向は避けえず、またオールインワンタイプの宿命として拡張性も限定的、かつモジュールも専用部品を使うことから、デスクトップ機のように部品交換で機能を向上させたりすることにも、それらが高価であるとかそもそも部品交換に対応していないなど、困難が付きまとった。そのため、ユーザーにあってはマシンパワー(計算能力や記憶容量)が必要な処理はデスクトップ機で、持ち歩きが必要な場所ではノートパソコンで…という使い分けをし、その意味でノートパソコンはサブ機的な位置付けが長らく続いていた。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見た富士通

    ローエンドからロワメインストリームのCPU(2015年時点ではAMDのEシリーズ、AシリーズやインテルのCeleron、Pentium、Core i3、i5、i7(ただしCore i7の場合は2コア/4スレッドの低電圧仕様版がほとんど)と、13?15インチクラスの液晶を搭載したモデル。価格優先の設計で寸法と重量が大きいが、CPUがボトルネックとなりにくい一般的な用途(ネットアクセス、低解像度の動画再生、文書作成や表計算などのオフィススイートなど)には必要十分な性能で、安価なこともあり各社の売れ筋商品となっている。チップセットにもモバイル向けローエンド製品が使われることが多く(一部例外あり)、GPUもチップセットに統合されている。中には無線LANをも省略したモデルもある。また、2012年頃からUSB 3.0インターフェースや、一部に限られるがBlu-ray Discドライブなどを搭載したモデル(特に東芝、NEC、富士通)も存在する。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
251件中 1 - 10件表示

「ノートパソコン」のニューストピックワード