ノーベル賞 ニュース&Wiki etc.

ノーベル賞(ノーベルしょう)は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞のことである。物理学、化学、医学生理学、文学、平和、経済学の6分野で顕著な功績を残した人物に贈られる。 (出典:Wikipedia)

「ノーベル賞」Q&A

  • Q&A

    山本義隆さんが全共闘運動にのめりこんでなかったら、ノーベル賞を取れるくらいの物理学者…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年2月21日 20:08

  • Q&A

    おみくその培養に成功したらノーベル賞ですかね?山中先生も小保方さんもチャレンジしてい…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年2月21日 03:52

  • Q&A

    ノーベル平和賞の選考委員長が亡くなりましたが、これで来年の受賞者は池田先生に決定です…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年2月21日 03:17

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ノーベル賞」のつながり調べ

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見たノーベル賞

    『私の死亡記事』(文藝春秋 2004年)という本の中では、自分の死去はカラスを打ち落とそうとして、屋根から転落死(実際、自宅の庭に置いてある野鳥のエサを食べに来たカラスをゴム鉄砲で打ち落そうとしたが、石につまづいて大怪我をした事がある。その後、それが元で日本野鳥の会を除名された)。葬儀は音楽葬の形式で、また、読売ジャイアンツが2000年から2019年に亘って20連覇し、2018年には長嶋茂雄が世界最年長のプロ野球監督としてこの年新設された“ノーベルスポーツ賞”を初受賞する事が、最大の私への餞別だと記載している(ただし、この分野のノーベル賞は2010年現在、現実には存在しない)。(渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • ラビンドラナート・タゴール

    ラビンドラナート・タゴールから見たノーベル賞

    サー・ラビーンドラナート・タゴール(英語:Sir Rabindranath Tagore、ベンガル語:ロビンドロナート・タクゥル '、ヒンディー語:ラビーンドラナート・タークゥル '(????)、1861年5月7日 - 1941年8月7日)は、インドの詩人 、思想家である。詩聖(グゥルゥデーウ ???????)として非常な尊敬を集めている。1913年には『ギーターンジャリ』によってノーベル文学賞を受賞する。これはアジア人に与えられた初のノーベル賞であった。(ラビンドラナート・タゴール フレッシュアイペディアより)

「ノーベル賞」のニューストピックワード