前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
582件中 1 - 10件表示
  • スタンフォード大学

    スタンフォード大学から見たノーベル賞ノーベル賞

    ケネス・アロー(経済学教授、ノーベル賞受賞者、1957年ジョン・ベーツ・クラーク賞受賞)スタンフォード大学 フレッシュアイペディアより)

  • ライス大学

    ライス大学から見たノーベル賞ノーベル賞

    ロバート・カール - 化学者、1996年ノーベル賞受賞ライス大学 フレッシュアイペディアより)

  • フーヴァー戦争・革命・平和研究所

    フーヴァー戦争・革命・平和研究所から見たノーベル賞ノーベル賞

    ゲーリー・ベッカー:1992年ノーベル賞経済学賞受賞者フーヴァー戦争・革命・平和研究所 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たノーベル賞ノーベル賞

    現王家はベルナドッテ家。スウェーデン・アカデミーによるノーベル賞は世界的権威がある。歴代国王は王位につく際に、自分の統治をモットーとして表明する習慣になっている。現国王カール16世グスタフのモットーは「(スウェーデンのために、時代と共に)」である(右の表中では国の標語としている)。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア大学アーバイン校

    カリフォルニア大学アーバイン校から見たノーベル賞ノーベル賞

    南カリフォルニアに位置するテックコーストの中でも、主にコンピュータ産業が集まる地域の中心に設置されている。アーバイン市の街自体は新しく、1970年代より元あった広大な農地において先端の都市開発の技術や知識を駆使した大規模な開発計画、そしてこれを後押しする地方政策のもと、人口約20万人の都市へと発展を遂げた地域である。こうした環境の中で、この大学も創立後40年弱で全米の州立大学ランキングでトップ10位以内に名を連ねる名門校に成長した。これまでに3名の教職員がこの大学における研究でノーベル賞を受賞している。カリフォルニア大学アーバイン校 フレッシュアイペディアより)

  • 湯川秀樹

    湯川秀樹から見たノーベル賞ノーベル賞

    原子核内部において、陽子や中性子を互いに結合させる強い相互作用の媒介となる中間子の存在を1935年に理論的に予言した。1947年、イギリスの物理学者セシル・パウエルが宇宙線の中からパイ中間子を発見したことにより湯川理論の正しさが証明され、これにより1949年(昭和24年)、日本人として初めてノーベル賞を受賞した。湯川秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • アルフレッド・ノーベル

    アルフレッド・ノーベルから見たノーベル賞ノーベル賞

    アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel, 1833年10月21日 - 1896年12月10日)は、ダイナマイトの発明で知られるスウェーデンの化学者、発明家、実業家。ボフォース社を単なる鉄工所から兵器メーカーへと発展させた。350もの特許を取得し、中でもダイナマイトが最も有名である。ダイナマイトの開発で巨万の富を築いたことから、「ダイナマイト王」とも呼ばれた。遺産をノーベル賞創設に使った。自然界には存在しない元素ノーベリウムはノーベルの名をとって名付けられた。Dynamit Nobel やアクゾノーベルのように現代の企業名にも名を残している(どちらもノーベルが創業した会社の後継)。アルフレッド・ノーベル フレッシュアイペディアより)

  • ルードヴィ・ノーベル賞

    ルードヴィ・ノーベル賞から見たノーベル賞ノーベル賞

    ノーベル賞の制度が発足する以前の1888年に創設。2008年現在、ロシアのビジネスマンや芸術家が主催している。知名度は低いがプーチン元大統領が2008年に受賞したことから世界的に報道された。ルードヴィ・ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ストックホルム国際青年科学セミナー

    ストックホルム国際青年科学セミナーから見たノーベル賞ノーベル賞

    ストックホルム国際青年科学セミナー ()は、ノーベル財団が毎年ノーベル賞受賞行事にあわせて開催し、世界各国から選抜された若手科学者約25名が集まり、研究発表や交流を通じて相互啓発を図るプログラム。第一回セミナーは1976年に開催された。日本からは1987年以来、選抜された毎年2名の学生が日本代表として国際科学技術財団から若手科学者育成事業の一環として派遣されている。ストックホルム国際青年科学セミナー フレッシュアイペディアより)

  • 分子科学研究所

    分子科学研究所から見たノーベル賞ノーベル賞

    大型測定機器や高速計算機など非常に高額で大学単独では購入することが難しい研究機器を整備し、全国の大学へ開放することで、世界トップクラスの分子科学研究を行う拠点として設立された。当時の大学が抱えていた教授中心の閉鎖性、非流動性、非効率性など、研究を妨げる諸問題を打破するため、教室系技官の各教授からの独立、教室系技官を組織した技術課の設置、教授と助教授の独立した半講座制、研究者の内部昇進禁止、助手の任期制、所長を構成員選挙で選ばないことなど、研究者の流動性を確保することで研究施設を広く開放するための制度を、最初に導入した研究所である。物理学者や化学者の間では、ノーベル賞を取るために設立された研究所と言われている。分子科学研究所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
582件中 1 - 10件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード