709件中 91 - 100件表示
  • 国王歌

    国王歌から見たノーベル賞ノーベル賞

    通常は、国会やノーベル賞授賞式の開会式で演奏されている国王歌 フレッシュアイペディアより)

  • ソーク研究所

    ソーク研究所から見たノーベル賞ノーベル賞

    フランシス・クリックや、シドニー・ブレナー、リナート・ダルベッコ、ロジェ・ギルマンなどのノーベル賞受賞学者を擁し、また多くのノーベル賞学者をここから輩出している。現役の研究者にも、ロナルド・エヴァンス、フレッド・ゲージ、トニー・ハンター(いずれも慶應医学賞受賞)など、ノーベル賞の候補に常に挙げられる科学者から、新進気鋭の若手まで揃っており、人材に事欠かない。利根川進もリナート・ダルベッコの弟子として過去に研究活動を行っていた。ソーク研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 人為突然変異

    人為突然変異から見たノーベル賞ノーベル賞

    この点でマラーは巧妙であった。彼は1927年以降の一連の実験において、人為突然変異が作られたことを文句なしに明らかにした。例えば、最初の実験は、彼は3つの劣性遺伝子を含むX染色体をホモに持っている雌と、別の劣性遺伝子を含むX染色体を持つ雄の交配、という組み合わせで、交配の前にそれぞれどちらかの個体にX線を照射する、というものであった。この結果、雌にX線を照射した場合には子供の雄に、雄に照射した場合には優性な変異は子供の雌に、劣性な変異は孫の代に出現することを示した。マラーはこれらの成果により、1946年にノーベル賞を受けた。その存在が明らかになれば、それ以降はこのような工夫はさほど問題にならない。多くの研究者によって、様々な方法が工夫された。人為突然変異 フレッシュアイペディアより)

  • ストックホルム宮殿

    ストックホルム宮殿から見たノーベル賞ノーベル賞

    北棟には国王と王妃のスイート(寝室、ワードローブ、控えの間)がある。北棟にはボールルーム・白い海()を含む儀典用広間もある。同じ棟の中にはカール11世ギャラリー()があり、現在は約200名の来客を収容できる主バンケットルームとして使用されている。毎年5回から10回(公式晩餐会、儀礼晩餐会、ノーベル賞受賞者の栄誉晩餐会)の晩餐会がギャラリーで行われている。また宮殿北棟には、国王(と時に応じて王妃)が(Government for Council in State)と面会するための会議室がある。1階には特別な催し物や公開講義に使用される展示用アパートメントがある。このアパートメントは国王グスタフ6世アドルフの個人アパートメントとして使用されていた。地階(レヨンバッケンの下)にはトレー・クローノル博物館がある。この博物館はトレー・クローノル城の台所として使用されていた部屋にあり、これは宮殿の中でも最も古い部屋である。ストックホルム宮殿 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田安弘 (物理学者)

    岡田安弘 (物理学者)から見たノーベル賞ノーベル賞

    小林誠と益川敏英のノーベル賞受賞を後押しした日本の実験チームの研究者であり、授賞式の際にはストックホルムへ駆けつけた。岡田安弘 (物理学者) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・チャールズ・フィールズ

    ジョン・チャールズ・フィールズから見たノーベル賞ノーベル賞

    ジョン・チャールズ・フィールズ(John Charles Fields, 1863年5月14日-1932年8月9日)は、カナダ出身の数学者。数学のノーベル賞とも呼ばれるフィールズ賞の提唱者として知られる。フィールズ賞は1932年、チューリヒで開催された国際数学者会議で制定され、1936年に彼が残した遺産を基金として設立された。ジョン・チャールズ・フィールズ フレッシュアイペディアより)

  • 武田賞

    武田賞から見たノーベル賞ノーベル賞

    武田賞(たけだしょう)は、財団法人武田計測先端知財団が2001年に設立した、工学知の創造とその活用に対して与えられる顕彰制度である。財団法人武田計測先端知財団は、タケダ理研工業(現在はアドバンテスト)創業者である武田郁夫によって、ノーベル賞100周年にあたる、2001年に設立された。2003年以降、財源の問題で顕彰を休止している。武田賞 フレッシュアイペディアより)

  • アイドラー

    アイドラーから見たノーベル賞ノーベル賞

    アイドラーの探偵の中でも特に秀でた才能と実績を持つものに与えられる別格の存在。科学者で言えばノーベル賞受賞者クラスの名誉があり、それに応じた責任も求められる。世界中で30人前後(人数は作品の時期で増減がある)しかいない。アイドラー フレッシュアイペディアより)

  • ウルフ賞

    ウルフ賞から見たノーベル賞ノーベル賞

    ノーベル賞の前哨戦とも言われ、ウルフ賞受賞者がノーベル賞を受賞することも少なくない。ウルフ賞 フレッシュアイペディアより)

  • ネメシス (戯曲)

    ネメシス (戯曲)から見たノーベル賞ノーベル賞

    『ネメシス』(Nemesis)は、ノーベル賞を遺したアルフレッド・ノーベル作の4幕の悲劇。韻文で書かれている。亡くなる直前に書かれ、死の床にある間に印刷された。しかし、ノーベルの死後、印刷物は3部を残して破棄された。現存する版(スウェーデン語とエスペラント語)は、2003年にスウェーデンで出版されたもので、エスペラント版からスロベニア語版にも翻訳された。ネメシス (戯曲) フレッシュアイペディアより)

709件中 91 - 100件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード