582件中 91 - 100件表示
  • 淀野隆

    淀野隆から見たノーベル賞ノーベル賞

    京都府出身。父は文芸同人誌「青空」同人、フランス文学者淀野隆三。京都府立桃山高等学校から慶應義塾大学文学部に進学し社会学専攻(1961年卒業)。産業経済新聞社社会部勤務。東京オリンピックの取材、川端康成ノーベル賞受賞特派員などに従事した後1969年同社退社。1970年から万国博覧会等のプロデューサーとして活動。元電通総研客員研究員。親子2代で日本ペンクラブ会員となる。NPO法人亜州友好協会の理事であり、上海万博開幕1000日まえの発行雑誌(2007年8月創刊 )として、2か月刊日本PR雑誌の編集、執筆を担当。淀野隆 フレッシュアイペディアより)

  • 水野猛

    水野猛から見たノーベル賞ノーベル賞

    尚、水野らが大腸菌で発見したアンチセンスRNAに関する論文は、1998年に線虫(C.elegans)でアンチセンスRNAを用いRNAi現象(RNA干渉現象)を発見し、2006年にノーベル生理医学賞を受賞したアンドリュー・ファイアー教授、クレイグ・メロー教授らのノーベル賞受賞理由に関する参考文献に記載されている。水野猛 フレッシュアイペディアより)

  • エジソンメダル

    エジソンメダルから見たノーベル賞ノーベル賞

    発明家であるトーマス・エジソンの名にちなんでエジソンの友人らによって創設された。電気電子工学においてノーベル賞に比類する名誉とされる。エジソンメダル フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・ウィルキンソン

    ジェフリー・ウィルキンソンから見たノーベル賞ノーベル賞

    公立の小学校で教育を受け、1932年に州の奨学金を獲得してトッドモーデンの中学校に進学した。このとき彼に物理学を教えたのは、「原子の分割」で後にノーベル賞を受賞したジョン・コッククロフト卿が教えを受けたのと同じ教師であった。ジェフリー・ウィルキンソン フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドマン環境賞

    ゴールドマン環境賞から見たノーベル賞ノーベル賞

    アメリカの保険会社の会長であったリチャード・ゴールドマンと、妻のローダ・ゴールドマンによって1990年に設立された。その権威から「環境分野のノーベル賞」「ノーベル環境賞」と言われることもあるが、毎年大陸ごとに受賞者が決められるのが特徴である。賞金は12万5000ドル。賞を授与するゴールドマン環境財団の本部はアメリカのサンフランシスコにある。ゴールドマン環境賞 フレッシュアイペディアより)

  • IEEE栄誉賞

    IEEE栄誉賞から見たノーベル賞ノーベル賞

    1917年に無線技術者協会(IEEEの前身)によって創設され、毎年1名を選定する。IEEEが授与する賞はエジソンメダルやニシザワメダル、ベルメダルなどが存在するが、栄誉賞は最高の賞であるといえる。多くのノーベル賞受賞者がIEEE栄誉賞を受賞している。IEEE栄誉賞 フレッシュアイペディアより)

  • 島津創業記念資料館

    島津創業記念資料館から見たノーベル賞ノーベル賞

    文書・器械展示のほか、ノーベル賞受賞者・田中耕一関連のパネル展示もある。島津創業記念資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 世界連邦運動

    世界連邦運動から見たノーベル賞ノーベル賞

    第二次世界大戦末期において成立した国際連合が戦争抑止力の低いことを痛感した世界の科学者・文化人たちがより強力な世界連邦の形成をすすめることで、世界から戦争を無くしていこうと決意し1946年ルクセンブルクにおいて「世界連邦政府のための世界運動」を起こした。この運動にはバートランド・ラッセル、アルベルト・アインシュタイン、アルベルト・シュバイツァー、ウィンストン・チャーチル、湯川秀樹などのノーベル賞受賞者が賛同した。そして、現在まで名前を変えて続いている。世界連邦運動 フレッシュアイペディアより)

  • マフラ国立宮殿

    マフラ国立宮殿から見たノーベル賞ノーベル賞

    宮殿の建築について主に言及されているのは、ポルトガルのノーベル賞受賞作家であるジョゼ・サラマーゴ作の「修道院回想録―バルタザルとブリムンダ(Baltasar and Blimunda)」である。主人公であるバルタザルはマフラに生まれ、宮殿建築の労働者の一人として働くこととなる。サラマーゴは採石場から建物の場所までの巨大な石の輸送場面を含め、宮殿建築の過程を詳細に描写し、建築労働を宮殿建築に携わった労働者への拷問であったとして描いている。マフラ国立宮殿 フレッシュアイペディアより)

  • モ・イブラヒム賞

    モ・イブラヒム賞から見たノーベル賞ノーベル賞

    モ・イブラヒム賞、正式名称アフリカのリーダーシップに対するモ・イブラヒム賞(Mo Ibrahim Prize for Achievement in African Leadership)は、アフリカで優れた統治を行った統治者に対して贈られる賞である。「アフリカのノーベル賞」とも呼ばれる。賞金は世界最多の500万ドルで、受賞者の引退後10年に分割して授与される。さらに10年後からは死亡するまで20万ドルの生涯年金が贈られる。モ・イブラヒム賞 フレッシュアイペディアより)

582件中 91 - 100件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード