709件中 21 - 30件表示
  • 湯川秀樹

    湯川秀樹から見たノーベル賞ノーベル賞

    原子核内部において、陽子や中性子を互いに結合させる強い相互作用の媒介となる中間子の存在を1935年に理論的に予言した。1947年、イギリスの物理学者セシル・パウエルが宇宙線の中からパイ中間子を発見したことにより、湯川の理論の正しさが証明され、これにより1949年(昭和24年)、日本人として初めてノーベル賞を受賞した。湯川秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • リプカ・タタール人

    リプカ・タタール人から見たノーベル賞ノーベル賞

    1672年:が起きる。これはフメリニツキーの乱と:en:Polish?Cossack?Tatar War (1666?71)で荒廃した東部辺境地方(クレシ)で、リプカ人でないタタール人がトルコやロシアから侵入して略奪行為を働いたことがリプカ人の所業だと間違って認識されたことでリプカ人に与えられていた宗教的自由と古来からの権利および諸特権が制限・剥奪されたこと、そして何よりも以前からあった給料の遅配に加えてリプカ人部隊とワラキア人部隊に対する減給が( - ポーランド国会)で決定されたことに対する反発として起きたものだった。リプカ人はポドレ(ポジーリャ)に陣地を構えた。リプカの反乱は、キリスト教に改宗したリプカ・タタールの子孫であるノーベル賞作家ヘンリク・シェンキェヴィチが著した、歴史小説「3部作」の最終巻『』( - パン・ヴォウォディヨフスキ、1888年)の時代背景をなしている。同書は1969年、が監督、ダニエル・オルブリフスキがトゥハイ・ベイの息子役(架空の人物)を務めて映画化され、同作はポーランド映画史において最も大人気を博した映画として知られる。リプカ・タタール人 フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・キュリー

    ピエール・キュリーから見たノーベル賞ノーベル賞

    彼の死後、妻マリは単独で2度目のノーベル賞を、また娘のイレーヌ・ジョリオ=キュリーとその夫で研究所の助手だったフレデリック・ジョリオ=キュリーも放射性元素の研究でノーベル賞を受賞している。もう1人の娘エーヴは、母の伝記を書いた。ピエール・キュリー フレッシュアイペディアより)

  • ベル研究所

    ベル研究所から見たノーベル賞ノーベル賞

    1925年に当時のAT&T社長ウォルター・グリフォードが独立事業としてベル研究所を設立した。もともとはウェスタン・エレクトリック社の研究部門とAT&Tの技術部門を引き継いだもので、AT&Tとウェスタン・エレクトリック社がそれぞれ50%ずつ出資した。最初の研究所長は Frank B. Jewett で、1940年まで所長を務めた。電話交換機など、AT&T向けにウェスタン・エレクトリックが製造する装置の設計とサポートを主な業務としていた。電話会社向けのサポート業務としては、包括的な技術マニュアル(手引書)のシリーズ :en:Bell System Practices (BSP) の執筆と保守がある。親会社に対するコンサルタント業務も行った。また、プロジェクト・ナイキやアポロ計画などアメリカ政府の仕事も請け負った。基礎研究に携わる人員はごく一部だが、ノーベル賞受賞者を何人か輩出したこともあって、特に注目を浴びた。1940年代までベル研究所の本拠地はニューヨーク市内のビルを中心として点在していたが、そのほとんどはニューヨーク郊外のニュージャージー州に移転された。ベル研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤秀機

    後藤秀機から見たノーベル賞ノーベル賞

    『天才と異才の日本科学史 開国からノーベル賞まで、150年の軌跡』 ミネルヴァ書房、2013年後藤秀機 フレッシュアイペディアより)

  • 国際・開発研究大学院

    国際・開発研究大学院から見たノーベル賞ノーベル賞

    大学院の卒業生と教授陣には、 大使、 外務大臣、 国家元首、国際連合事務総長を勤めたコフィー・アナン、7人のノーベル賞受賞者、1人のピューリツァー賞受賞者がいる。 大学院は、政治学、国際関係論、国際法、国際経済、国際政治史、人類学、開発研究の分野を専門としている。国際・開発研究大学院 フレッシュアイペディアより)

  • 川端康成

    川端康成から見たノーベル賞ノーベル賞

    同級生の清水正光の作品が、地元の週刊新聞社『京阪新報』に載ったことから、〈自分の書いたものを活字にしてみたいといふ欲望〉が大きく芽生え出した康成は、『文章世界』などに短歌を投稿するようになったが、落選ばかりでほとんど反応は無く、失意や絶望を感じた。この頃の日記には、〈英語ノ勉強も大分乱れ足になつてきた。こんなことではならぬ。俺はどんな事があらうとも英仏露独位の各語に通じ自由に小説など外国語で書いてやらうと思つてゐるのだから、そしておれは今でもノベル賞を思はぬまでもない〉と強い決意を記している。川端康成 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア国立大学

    オーストラリア国立大学から見たノーベル賞ノーベル賞

    ロルフ・ツィンカーナーゲル、ノーベル賞受賞者、医学研究者オーストラリア国立大学 フレッシュアイペディアより)

  • ペニシリン

    ペニシリンから見たノーベル賞ノーベル賞

    ペニシリン(、)とは、1928年にイギリスのアレクサンダー・フレミング博士によって発見された、世界初の抗生物質である。抗菌剤の分類上ではβ-ラクタム系抗生物質に分類される。博士はこの功績によりノーベル賞を受賞した。ペニシリン フレッシュアイペディアより)

  • ネイチャー

    ネイチャーから見たノーベル賞ノーベル賞

    2013年、ノーベル賞受賞者であるランディ・シェクマンがこのネイチャーとサイエンス、セルの3誌は商業主義に陥っていると批判、絶縁宣言をした。ネイチャー フレッシュアイペディアより)

709件中 21 - 30件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード