709件中 41 - 50件表示
  • IBM

    IBMから見たノーベル賞ノーベル賞

    製品やロゴの色から本国アメリカでは「Big Blue」の愛称で呼ばれている。これに由来してIBMのプロジェクトには「Blue」を冠するものが多く、広告などのイメージカラーになっている。ダウ平均株価の銘柄に含まれる30社のうちの1社であり、2016年時点で約38万人の従業員数がいる世界最大級の規模の企業となっている。基礎科学の研究にも力を入れワトソン研究所やチューリッヒ研究所からはノーベル賞受賞者を輩出。IBM社員から5人のノーベル賞、6人のチューリング賞、10人のアメリカ国家技術賞、5人のアメリカ国家科学賞の受賞者を輩出している。IBM フレッシュアイペディアより)

  • イェール大学

    イェール大学から見たノーベル賞ノーベル賞

    世界最高峰の大学の一つとして数えられ、5人の大統領、19人の米国最高裁判所判事、49人以上のノーベル賞受賞者、5人のフィールズ賞受賞者、500人以上の米国議会議員、247人のローズ奨学生、119人のマーシャル奨学生を輩出している。イェール大学 フレッシュアイペディアより)

  • スタンフォード大学

    スタンフォード大学から見たノーベル賞ノーベル賞

    ケネス・アロー(経済学教授、ノーベル賞受賞者、1957年ジョン・ベーツ・クラーク賞受賞)スタンフォード大学 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク大学

    ニューヨーク大学から見たノーベル賞ノーベル賞

    社会科学や人文科学、数学、公共政策学、看護学等の大学院ランキングでもトップ10に位置する有名な存在であり、これまでに24名以上のノーベル賞受賞者を輩出。芸術学部演劇学科及び映画学科は世界的に高い評価を受けており、30名以上のアカデミー賞受賞者等、数多くの映画監督や有名俳優を輩出している。卒業生が幅広い分野で活躍しているのが特徴。ニューヨーク大学 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見たノーベル賞ノーベル賞

    パスポートも長らく取ったことがなく、2008年12月にストックホルムで行われたノーベル賞の授賞式への出席が自身初の国外渡航であったが、その際の受賞記念講演でも、最初に「I'm sorry, I can't speak English.(すみませんが、私は英語が話せません)」とだけ英語で言って会場の笑いを誘い、あとは通訳付きの日本語で講演を行った。ノーベル賞の受賞記念講演を日本語で行うのは異例である。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • ハッセルブラッド国際写真賞

    ハッセルブラッド国際写真賞から見たノーベル賞ノーベル賞

    ハッセルブラッド国際写真賞 (ハッセルブラッドこくさいしゃしんしょう、瑞:'、英:' )は、ハッセルブラッド財団が主催する国際的な写真賞。「写真界のノーベル賞」と言われている。ハッセルブラッド国際写真賞 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学

    京都大学から見たノーベル賞ノーベル賞

    2017年11月現在、卒業生から6人のノーベル賞受賞者(いずれも科学分野)を輩出している。フィールズ賞、ラスカー賞、ガードナー国際賞の受賞者数も国内の大学で最多である。京都大学 フレッシュアイペディアより)

  • トロント大学

    トロント大学から見たノーベル賞ノーベル賞

    プログラムの多様性があり、学部は300以上、大学院は80以上を数える。医学、工学、教育等多くの分野で、北米トップクラスであり、特にアルツハイマーの研究では世界最高水準である。現在までに10人のノーベル賞受賞者を出し、学生だけでなく教授のレベルも北米トップクラスである。トロント大学 フレッシュアイペディアより)

  • ポアンカレ病

    ポアンカレ病から見たノーベル賞ノーベル賞

    フランスの数学者、ポアンカレによって提唱されたポアンカレ予想の証明は20世紀の数学における難題であり、その証明を試みた数学者たちは「ライバル達に先に証明されるかもしれない」という焦りなどのプレッシャーにより精神に異常をきたしその結果かれらの人生が変わってしまったことから、ポアンカレ予想の証明にとりつかれた人々のことを「ポアンカレ病にかかった」と言うようになった。ポアンカレ病にかかったと言われる代表的な数学者はウルフガング・ハーケン、ギリシャのクリストス・パバキリアコブーロス、グリゴリー・ペレルマン博士などである。最終的にペレルマン博士が証明に成功したものの「数学界のノーベル賞」と言われているフィールズ賞の受賞と賞金の受け取りを拒否したばかりか、それ以降、彼が人前に姿をあらわすことすら無くなってしまい、この病気の恐ろしさが強調された。ポアンカレ病 フレッシュアイペディアより)

  • ラストメッセージ

    ラストメッセージから見たノーベル賞ノーベル賞

    第2回(2006年11月6日・再放送2007年3月12日)湯川秀樹(物理学者。日本人初のノーベル賞獲得者)ラストメッセージ フレッシュアイペディアより)

709件中 41 - 50件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード