582件中 51 - 60件表示
  • 後藤俊夫 (化学者)

    後藤俊夫 (化学者)から見たノーベル賞ノーベル賞

    なお死去後は、氏の業績を忍んで、後藤メモリアルレクチャーシップが創設され、1992年から2000年まで1年おきに国際的に著名な有機化学者(ノーベル賞受章3名を含む)による講演会「後藤メモリアルレクチャー」が名古屋大学において開催された。後藤俊夫 (化学者) フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリー人のノーベル賞受賞者

    ハンガリー人のノーベル賞受賞者から見たノーベル賞ノーベル賞

    ハンガリー人のノーベル賞受賞者(ハンガリーじんの ノーベルしょう じゅしょうしゃ)では、ハンガリー生まれのノーベル賞受賞者について記す。ハンガリー人のノーベル賞受賞者 フレッシュアイペディアより)

  • アルラタン博物館

    アルラタン博物館から見たノーベル賞ノーベル賞

    設立は1896年のことだが、現在の建物は1906年に買い上げられたものである。この邸宅の購入にはミストラルがノーベル賞を受賞(1904年)した際の賞金が充てられた。この建物は、元々は16世紀に建てられた私邸(ラヴァル=カステラーヌ邸)であったが、ミストラルは3年間を費やして、博物館としての改装を行った。アルラタン博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 世紀末研究所

    世紀末研究所から見たノーベル賞ノーベル賞

    おかっぱの髪型にややとがった眼と耳が、悪魔を思わせる顔をしている。要するにマッドサイエンティストで、劇中の通称は「博士」。発明するものはみんな役立たずか、下ネタが入ったものばかり。得意の一発ギャグは、発明が成功した時に両手の人差し指を上下から付き合わせる「ここんとこが、のーべる!」と、失敗や否定を現す時の「うんにゃのっと」。世紀末研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 神のちから

    神のちからから見たノーベル賞ノーベル賞

    初出は『ビッグコミックスピリッツ』1989年12月4日号。ノーベル賞を目指す科学者の青池ヒトシ64歳は、引力・磁力などに続く新しい力を発明した。それは波のように揺れるエネルギーである。学会での発表を済ませた青池は、さっそく某市の緑ヶ池町でエネルギーの実験を行う。青池は「自分はあらゆる人のことを考えてこのエネルギーを作った。もし1件でも被害があったら潔く学者をやめる」と言い放つ。するとそこへフラダンサーの山本かつ子(栗山マロン)32歳からの被害報告が…。神のちから フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク市立大学クイーンズ校

    ニューヨーク市立大学クイーンズ校から見たノーベル賞ノーベル賞

    卒業生の中からノーベル賞受賞者も輩出している。ニューヨーク市立大学クイーンズ校 フレッシュアイペディアより)

  • 完全な真空

    完全な真空から見たノーベル賞ノーベル賞

    実在しない書籍の書評というアイデアは、ホルヘ・ルイス・ボルヘスによる『ハーバート・クエインの作品の検討』などに先例が見られるように、レム独自のものではないが、そういった架空の書評を集めた一冊の書評集というアイデアは、レム独自のものである。レムはそれぞれの架空の書籍に対して、異なった架空の著者と架空の評者を創作することを試みた。レム自身の言葉によれば、「私は様々な形式の模倣に挑みました――それは、書評、講義、プレゼンテーション、(ノーベル賞受賞者の)演説などです」との通りである。ある書評は専ら物語に焦点が当てられた陽気なものであるが、別の書評はより真剣な学術的考察を含んでいる。ある書評はパロディであったり、あるいは書評されている本そのものがパロディ作品であったり、実現不可能なものであったりする。別の書評は非常に真面目なものであり、レム自身がそれを書くための時間を取れなかった小説の草稿のようにも見える。この書評集において、レムはポスト・モダン主義者の「戯れのための戯れ」というエトスを批判し、その手法自体をもってその手法に反論したのだと見ることも出来る。完全な真空 フレッシュアイペディアより)

  • 豊橋公園

    豊橋公園から見たノーベル賞ノーベル賞

    大日本帝国陸軍の歩兵第18連隊の碑。ノーベル賞受賞の小柴昌俊東京大学特別栄誉教授の父小柴俊男が所属した。石碑は元吉田城金柑丸跡の豊城神社の鳥居の辺りにある。豊橋公園 フレッシュアイペディアより)

  • 人為突然変異

    人為突然変異から見たノーベル賞ノーベル賞

    この点でマラーは巧妙であった。彼は1927年以降の一連の実験において、人為突然変異が作られたことを文句なしに明らかにした。例えば、最初の実験は、彼は3つの劣性遺伝子を含むX染色体をホモに持っている雌と、別の劣性遺伝子を含むX染色体を持つ雄の交配、という組み合わせで、交配の前にそれぞれどちらかの個体にX線を照射する、というものであった。この結果、雌にX線を照射した場合には子供の雄に、雄に照射した場合には優性な変異は子供の雌に、劣性な変異は孫の代に出現することを示した。マラーはこれらの成果により、1946年にノーベル賞を受けた。その存在が明らかになれば、それ以降はこのような工夫はさほど問題にならない。多くの研究者によって、様々な方法が工夫された。人為突然変異 フレッシュアイペディアより)

  • 杉田虔一郎

    杉田虔一郎から見たノーベル賞ノーベル賞

    1984年スカンジナビア王立脳神経外科学会よりオリベクローナ賞授与、ストックホルムの授賞式に出席。(Olovecrona Medal Awards:脳神経外科/神経科学のノーベル賞といわれる、受賞者はスウェーデン・カロリンスカ研究所に招聘されオリベクローナシンポジウムにおいてオリベクローナ記念講演を行う)杉田虔一郎 フレッシュアイペディアより)

582件中 51 - 60件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード