709件中 61 - 70件表示
  • ドルゴプルドニ

    ドルゴプルドニから見たノーベル賞ノーベル賞

    第二次世界大戦後も町の成長は続いた。1951年には名門大学であるモスクワ物理工科大学(Moscow Institute of Physics and Technology、フィズテック)がドルゴプルドニに移転し、ソビエト連邦のトップクラスの工科大学へと成長した。ピョートル・カピッツァ、レフ・ランダウ、ニコライ・セミョーノフといったノーベル賞学者もこの大学で教鞭をとった。1959年にはドルゴプルドニの人口は25,000人を数えた。1969年からは9階建てや16階建ての団地が立ち並び、これが現在の町並みを特徴づけている。市になったのは1957年のことであった。ドルゴプルドニ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・バンチ

    ラルフ・バンチから見たノーベル賞ノーベル賞

    ラルフ・バンチ(Ralph Johnson Bunche、1903年8月7日 - 1971年12月9日)はアメリカ合衆国の政治学者・外交官。1948年にパレスチナでの調停の功績が認められ、1950年、黒人として初めてノーベル賞(平和賞)を受賞した。国際連合の創設・発展にも尽力し、1963年、ジョン・F・ケネディ・アメリカ合衆国大統領から大統領自由勲章を授与された。ラルフ・バンチ フレッシュアイペディアより)

  • 新郷賞

    新郷賞から見たノーベル賞ノーベル賞

    新郷賞(しんごうしょう、英語:Shingo Prize)は、新郷重夫の功績を称え、アメリカ合衆国のユタ州立大学(Utah State University)を中心に1988年に設立された賞。1989年に第一回の授与が行われ、以後毎年受賞者が発表されている。「製造業のノーベル賞」とも称され、複数の部門賞によって構成される。新郷賞 フレッシュアイペディアより)

  • ヘイロフスキー (小惑星)

    ヘイロフスキー (小惑星)から見たノーベル賞ノーベル賞

    名前はチェコのプラハ出身の分析化学者で、ポーラログラフィーの原理を発見し1959年にノーベル化学賞を受賞したヤロスラフ・ヘイロフスキーに因んで命名された。ヘイロフスキー (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 国家最高科学技術賞

    国家最高科学技術賞から見たノーベル賞ノーベル賞

    この賞は中国のノーベル賞(China's Nobel Prize)と英語圏で呼ばれることもある。国家最高科学技術賞 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ・サイ・グローバル・ハーモニー

    ラジオ・サイ・グローバル・ハーモニーから見たノーベル賞ノーベル賞

    ノーベル賞の選考機関:en:Norwegian Nobel Instituteは、完全無償で医療を提供する「シュリ・サティヤ・サイ高等医療機関」(特別専門病院)の社会および地域貢献を評し、サティヤ・サイ・ババをノーベル平和賞候補とするが、サイババが辞退したため、2001年11月23日に同インスティトュート所長であり:en:Worldspace社理事であるマイケル・ノーベルが、主要アシュラムである「プラシャーンティ・ニラヤム」を訪れ、24時間放送の衛星ラジオ局サイ・グローバル・ハーモニーを寄贈した。ラジオ・サイ・グローバル・ハーモニー フレッシュアイペディアより)

  • シュリ・サティヤ・サイ高等医療機関

    シュリ・サティヤ・サイ高等医療機関から見たノーベル賞ノーベル賞

    ノーベル賞の選考機関:en:Norwegian Nobel Instituteは、完全無償で医療を提供する「シュリ・サティヤ・サイ高等医療機関」の、他に類を見ない社会貢献を評して、サティヤ・サイ・ババをノーベル平和賞候補とするが、サイババが辞退したため、2001年11月23日に同インスティトュート所長であるマイケル・ノーベルが、24時間放送の衛星ラジオ局「サイ・グローバル・ハーモニー」を寄贈した。シュリ・サティヤ・サイ高等医療機関 フレッシュアイペディアより)

  • セオドア・フォン・ラウエ

    セオドア・フォン・ラウエから見たノーベル賞ノーベル賞

    セオドア(テオドーア)・ヘルマン・フォン・ラウエ(Theodore Hermann Von Laue, 1916年 - 2000年)は、ドイツおよびアメリカ合衆国(米国)の歴史学者。クラーク大学名誉教授。ノーベル賞受賞物理学者であるマックス・フォン・ラウエの息子。セオドア・フォン・ラウエ フレッシュアイペディアより)

  • 宅配コンバット学園

    宅配コンバット学園から見たノーベル賞ノーベル賞

    秘密研究所の主任研究員。ノーベル賞ものの武器防具を開発している。つねに駄洒落を飛ばすくせがある。宅配コンバット学園 フレッシュアイペディアより)

  • マフラ国立宮殿

    マフラ国立宮殿から見たノーベル賞ノーベル賞

    宮殿の建築について主に言及されているのは、ポルトガルのノーベル賞受賞作家であるジョゼ・サラマーゴ作の「修道院回想録―バルタザルとブリムンダ(Baltasar and Blimunda)」である。主人公であるバルタザルはマフラに生まれ、宮殿建築の労働者の一人として働くこととなる。サラマーゴは採石場から建物の場所までの巨大な石の輸送場面を含め、宮殿建築の過程を詳細に描写し、建築労働を宮殿建築に携わった労働者への拷問であったとして描いている。マフラ国立宮殿 フレッシュアイペディアより)

709件中 61 - 70件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード