582件中 71 - 80件表示
  • 霊視

    霊視から見たノーベル賞ノーベル賞

     このべザントとレッドビーターの『オカルト化学』は当時それなりの影響力を持っていたようで、この書に関して次のようなエピソードが伝わっている。フランシス・ウィリアム・アストン(Francis William Aston、1877-1945)は、1919年に質量分析法を発明し、多数の元素の同位体を発見し、その成果により1922年にノーベル化学賞を受賞した人物であるが、1912年にネオンには二種類の原子量の異なった同位体があることを発見した時、原子量が20である通常のネオンに対して、原子量が22であるネオンの同位体のことを、アストンはべザントとレッドビーターの『オカルト化学』を引用しつつ「メタネオン」と呼んだという。(なお『オカルト化学』によると「メタネオン」の原子量は22.33とされている)。ただし、アストンのノーベル賞授賞式での講演原稿やその後に書いた教科書などでは「メタネオン」という用語は使われなくなっていたという。霊視 フレッシュアイペディアより)

  • ガリアン賞

    ガリアン賞から見たノーベル賞ノーベル賞

    フランスの薬学者、ローランド・メールが製薬分野の研究開発を促す目的で1969年に創設、1970年より臨床医、薬学者、薬剤師、製薬会社などを対象に授与を始めた。当時、製薬の分野では他に有力な表彰制度が無かったため、多くの研究機関や製薬会社などに支持され、製薬分野ではノーベル賞に匹敵する存在として位置づけられるようになった(ただし、後述するように選考・授与機関は複数)。1980年代以降は、各国で学識経験者らが選考し、授与を行うようになりフランス、ドイツ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、イギリス、スペイン、ポルトガル、イギリス、アメリカなどが自国や地域の名を冠した賞を制定するに至った。なお、各国の賞の選考対象者は、必ずしも自国民だけが対象になるとは限らない。また、同一年度に複数の国から同じ選考対象者が選ばれることもある。1992年には、より広域の選考を行うためにヨーロッパ・ガリアン賞が創設された後、インターナショナル・ガリアン賞へ発展し、現在に至っている。ガリアン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 集合天才

    集合天才から見たノーベル賞ノーベル賞

    エジソンは一人の科学者としての名声でなく(彼はとうとうノーベル賞を受賞しなかった)、より人々の役に立つ、実利性・実用性に富んだ発明を追い求めた。例えば、1876年、電話の発明者としてグラハム・ベル、イライシャ・グレイ、そしてエジソンの三者が、ほぼ同時に名乗りをあげた。裁判の結果、軍配はベルにあがったが、通話のしやすさ、聞き取りやすさなどの面ではエジソンが1878年に実用化した炭素式送話機が最も優れていた。このように、エジソンの研究所は基礎研究の成果を応用し、実用化することにかけて他の追随を許さず、結果として生み出された製品群は、工業的にきわめて品質の高いものだったといわれている。集合天才 フレッシュアイペディアより)

  • ウルフ財団

    ウルフ財団から見たノーベル賞ノーベル賞

    ウルフ賞はウルフ財団より授与される。この賞は、1978年から毎年与えられている。賞金は10万ドルである。農業、化学、数学、医学、物理学、芸術の6部門があり、芸術部門では、建築、音楽、絵画、彫刻の分野から順番に受賞している。物理学等の分野では、ウルフ賞はしばしばノーベル賞の前哨戦と言われる。ウルフ財団 フレッシュアイペディアより)

  • シュリ・サティヤ・サイ高等医療機関

    シュリ・サティヤ・サイ高等医療機関から見たノーベル賞ノーベル賞

    ノーベル賞の選考機関ノルウェー・ノーベル・インスティトュートは、完全無償で医療を提供する「シュリ・サティヤ・サイ高等医療機関」の、他に類を見ない社会貢献を評して、サティヤ・サイ・ババをノーベル平和賞候補とするが、サイババが辞退したため、2001年11月23日に同インスティトュート所長であるマイケル・ノーベルが、24時間放送の衛星ラジオ局サイ・グローバル・ハーモニーを寄贈した。シュリ・サティヤ・サイ高等医療機関 フレッシュアイペディアより)

  • ウィーン学派 (医学)

    ウィーン学派 (医学)から見たノーベル賞ノーベル賞

    カール・ラントシュタイナーとローベルト・バーラーニはノーベル賞を受賞した。アドルフ・ローレンツ、Karel Frederik Wenckebach、Guido Holzknecht Leopold Freund 、Clemens von Pirquetなども知られる。ウィーン学派 (医学) フレッシュアイペディアより)

  • 第一製薬

    第一製薬から見たノーベル賞ノーベル賞

    世界初の抗プラスミン剤、「イプシロン」(一般名:イプシロン‐アミノカプロン酸)のトランス体で、「イプシロン」の6?10倍の効力を持つ。1969年「トランサミン」は第21回「毎日工業技術賞」を、1970年には「横行地記念賞」を受賞した。現物質発明者の岡本彰祐神戸大学名誉教授(1916 - 2004)は抗プラスミン剤の開発により、フランスの学者からノーベル賞に推薦された。第一製薬 フレッシュアイペディアより)

  • ボグダノフ事件

    ボグダノフ事件から見たノーベル賞ノーベル賞

    メディアに掲載されたいくつかの記事に加えて、ボグダノフ事件は多くのニュースグループやウェブページやブログで広く議論された。ボグダノフ兄弟は実名やいくつかの偽名でしばしば議論に加わり、兄弟の仕事を擁護し時には批判者を侮辱する趣旨の発言をした。偽名のほとんどは他の物理学者や数学者の名前であり、ノーベル賞受賞者のジョルジュ・シャルパクの名前も用いられた。ボグダノフ事件 フレッシュアイペディアより)

  • デザイナーベイビー (小説)

    デザイナーベイビー (小説)から見たノーベル賞ノーベル賞

    城南大学病院の新生児室から、生後3日目の女児が連れ去られる事件が発生する。女児は将来のノーベル賞候補者と目される近森博士の娘で、ダウン症を患っており、一刻も早い救出が求められる。犯人からの要求に従い、院長が身代金5000万円の運搬を請け負うが、一枚上手の犯人にまんまと奪われてしまう。デザイナーベイビー (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 高橋広江

    高橋広江から見たノーベル賞ノーベル賞

    ノーベル賞文学叢書 第8 姉と妹(ロマン・ロオラン 今日の問題社 1941高橋広江 フレッシュアイペディアより)

582件中 71 - 80件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード