110件中 11 - 20件表示
  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た劉暁波

    平和賞は受賞した人の国から反発されることがよくある。その例として、ドイツのカール・フォン・オシエツキー、ソ連のアンドレイ・サハロフ、チベットのダライ・ラマ14世、ミャンマーのアウンサンスーチー、中国の劉暁波などが挙げられる。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た山極勝三郎

    前述のようにノーベル賞の自然科学分野における受賞者は欧米の研究者を中心としており、1920年代に日本人の山極勝三郎がノミネートされた際には、選考委員会で「東洋人にはノーベル賞は早すぎる」との発言があったことも明らかになっている。欧米以外の国で研究活動を行った非欧米人では、1930年にインド人のチャンドラセカール・ラマンが物理学賞を受賞したのが最初である。日本人である湯川秀樹、朝永振一郎らがやはり物理学賞で受賞している。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たローレンス・ブラッグ

    ヘンリー・ブラッグとローレンス・ブラッグ(1915年物理学賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たダグ・ハマーショルド

    1973年までは、受賞者の候補に挙げられた時点で本人が生存していれば、故人に対して授賞が行われることもあった。例としては、1931年の文学賞を受賞したエリク・アクセル・カールフェルト、1961年の平和賞を受賞したダグ・ハマーショルドが授賞決定発表時に故人であった。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たカール・フォン・オシエツキー

    平和賞は受賞した人の国から反発されることがよくある。その例として、ドイツのカール・フォン・オシエツキー、ソ連のアンドレイ・サハロフ、チベットのダライ・ラマ14世、ミャンマーのアウンサンスーチー、中国の劉暁波などが挙げられる。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たエリク・アクセル・カールフェルト

    1973年までは、受賞者の候補に挙げられた時点で本人が生存していれば、故人に対して授賞が行われることもあった。例としては、1931年の文学賞を受賞したエリク・アクセル・カールフェルト、1961年の平和賞を受賞したダグ・ハマーショルドが授賞決定発表時に故人であった。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たペイトン・ラウス

    ペイトン・ラウス(1966年に87歳で生理・医学賞受賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たトムソン・ロイター

    ノーベル賞の選考は秘密裏に行われ、その過程は受賞の50年後に公表される。よって「ノーベル賞の候補」というものは公的には存在しないことになるが、「いつか受賞するだろう」と目される人物が各分野に存在するのも事実である。トムソン・ロイターは旧トムソン時代から毎年独自にノーベル賞候補を選定発表している(トムソン・ロイター引用栄誉賞)が、これは近年の論文の引用数などから算出したものである。ただしノーベル賞はアカデミズムにおいて業績の評価がある程度定着してから決定されることが多いので、必ずしもこの基準で賞が決まるわけではない。最終選考は発表日当日に行われることが慣例になっており、マスコミの事前予想が難しい所以である。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たクリスティアーン・エイクマン

    クリスティアーン・エイクマンがビタミンB1の発見によって医学生理学賞を受賞しているが、エイクマンは米ぬかの中に脚気の治癒に効果のある栄養素(ビタミン)の存在を示唆したにすぎず、実際にその栄養素をオリザニン(ビタミンB1)として分離・抽出し発見したのは鈴木梅太郎である。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たヨハネス・フィビゲル

    ヨハネス・フィビゲルが寄生虫によるガン発生を唱えて医学生理学賞を受賞しているが、同時期に刺激説を唱えていた山極勝三郎が受賞を逃している。後年、フィビゲルの説は限定的なものであるとして覆され、ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

110件中 11 - 20件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード