110件中 21 - 30件表示
  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たウィンストン・チャーチル

    文学賞は歴史書や哲学書も受賞したことがあったが、イギリス元首相ウィンストン・チャーチルの「第二次世界大戦回顧録」の受賞が選考対象の定義をめぐって論争になり、これ以降純文学に限るとした。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たウィリアム・ヴィックリー

    ノーベル賞は受賞者が自然人の場合、「本人が生存中」が受賞条件だが、かつてはノミネート時点で生存していれば受賞決定時に死亡していてもよいこととされており、そのケースに当てはまる受賞者には、1931年文学賞のエリク・アクセル・カールフェルトと、1961年平和賞のダグ・ハマーショルドがいる。1973年から、10月の各賞受賞者発表時点で生存している必要があるが、その後死亡しても取り消されないことになり、その規定により1996年経済学賞のウィリアム・ヴィックリーは授賞式前に亡くなっても受賞が取り消されなかった。2011年医学生理学賞のラルフ・スタインマンは受賞者発表の直後に当人がほんの3日前に死亡していたことが判明したが、これには受賞決定後に本人が死去した場合と同様の扱いをし、変更なく賞が贈られることになった。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たアンドレイ・サハロフ

    平和賞は受賞した人の国から反発されることがよくある。その例として、ドイツのカール・フォン・オシエツキー、ソ連のアンドレイ・サハロフ、チベットのダライ・ラマ14世、ミャンマーのアウンサンスーチー、中国の劉暁波などが挙げられる。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たジョセフ・ロートブラット

    ジョセフ・ロートブラット(1995年に87歳で平和賞受賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たジャン=ポール・サルトル

    これまでにノーベル賞の受賞を辞退したのは、ジャン=ポール・サルトル(1964年文学賞辞退)、レ・ドゥク・ト(1973年平和賞辞退)、ゲルハルト・ドーマク(1939年医学・生理学賞辞退)の3人であるが、ドーマクは1947年に賞を受け取っているため、最終的に受け取らなかったのは前者2名である。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たレイモンド・デービス

    レイモンド・デービス(2002年に88歳で物理学賞受賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たフレデリック・サンガー

    フレデリック・サンガー(1958年と1980年に化学賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たドリス・レッシング

    ドリス・レッシング(2007年に88歳で文学賞受賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たヘンリー・ブラッグ

    ヘンリー・ブラッグとローレンス・ブラッグ(1915年物理学賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たレオニード・ハーヴィッツ

    レオニード・ハーヴィッツ(2007年に90歳で経済学賞受賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

110件中 21 - 30件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード