155件中 31 - 40件表示
  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たドリス・レッシング

    ドリス・レッシング(2007年に88歳で文学賞受賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たレ・ドゥク・ト

    これまでにノーベル賞の受賞を辞退したのは、ジャン=ポール・サルトル(1964年文学賞辞退)、レ・ドゥク・ト(1973年平和賞辞退)、ゲルハルト・ドーマク(1939年生理学・医学賞辞退)、ボリス・パステルナーク(1958年文学賞辞退)の4人であるが、ドーマクはナチス、パステルナークはソ連政府の圧力で強制的に辞退させられたものであり、ドーマクは戦後の1947年、パステルナークは没後に遺族が賞を受け取ったとされているため、最終的に受け取らなかったのは前者2名である。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たオットー・ペテルソン

    実際、1890年にミッタク=レフラーがソーニャ・コワレフスカヤへの資金的援助をノーベルに頼んだとき、ノーベルはこれを断っている。またノーベルの1883年の遺書には自身の遺産の一部をミッタク=レフラーのいたStockholms Högskola(後のストックホルム大学)にも渡すように書いていたが、1896年に最終版の遺書を書いたときにはこの記述を削除した。Högskolaの学長を勤めたオットー・ペテルソンとスヴァンテ・アレニウスの推測によれば、ノーベルの遺書からこの記述が削除されたのは、ノーベルがミッタク=レフラーを嫌っていたためである。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た呉建

    前述のようにノーベル賞の自然科学分野における受賞者は欧米の研究者を中心としており、1920年代に日本人の山極勝三郎がノミネートされた際には、選考委員会で「東洋人にはノーベル賞は早すぎる」との発言があったことも明らかになっている。また、元国連大使の松平康東は、1930年代に呉建がノミネートされた際には日本が枢軸国であったことで受賞に至らなかったとしている。欧米以外の国で研究活動を行った非欧米人では、1930年にインド人のチャンドラセカール・ラマンが物理学賞を受賞したのが最初である。日本人である湯川秀樹(1949年受賞)、朝永振一郎(1965年受賞)らがやはり物理学賞で受賞している。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たエルンスト・ルスカ

    エルンスト・ルスカ - 電子顕微鏡の開発の約55年後の1986年に受賞ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たダグ・ハマーショルド

    1973年までは、受賞者の候補に挙げられた時点で本人が生存していれば、故人に対して授賞が行われることもあった。例としては、1931年の文学賞を受賞したエリク・アクセル・カールフェルト、1961年の平和賞を受賞したダグ・ハマーショルドが授賞決定発表時に故人であった。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たエリク・アクセル・カールフェルト

    1973年までは、受賞者の候補に挙げられた時点で本人が生存していれば、故人に対して授賞が行われることもあった。例としては、1931年の文学賞を受賞したエリク・アクセル・カールフェルト、1961年の平和賞を受賞したダグ・ハマーショルドが授賞決定発表時に故人であった。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たウィリアム・ヴィックリー

    ノーベル賞は受賞者が自然人の場合、「本人が生存中」が受賞条件だが、かつてはノミネート時点で生存していれば受賞決定時に死亡していてもよいこととされており、そのケースに当てはまる受賞者には、1931年文学賞のエリク・アクセル・カールフェルトと、1961年平和賞のダグ・ハマーショルドがいる。1973年から、10月の各賞受賞者発表時点で生存している必要があるが、その後死亡しても取り消されないことになり、その規定により1996年経済学賞のウィリアム・ヴィックリーは授賞式前に亡くなっても受賞が取り消されなかった。2011年生理学・医学賞のラルフ・スタインマンは受賞者発表の直後に当人がほんの3日前に死亡していたことが判明したが、これには受賞決定後に本人が死去した場合と同様の扱いをし、変更なく賞が贈られることになった。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たレイモンド・デービス

    レイモンド・デービス(2002年に88歳で物理学賞受賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たスヴァンテ・アレニウス

    実際、1890年にミッタク=レフラーがソーニャ・コワレフスカヤへの資金的援助をノーベルに頼んだとき、ノーベルはこれを断っている。またノーベルの1883年の遺書には自身の遺産の一部をミッタク=レフラーのいたStockholms Högskola(後のストックホルム大学)にも渡すように書いていたが、1896年に最終版の遺書を書いたときにはこの記述を削除した。Högskolaの学長を勤めたオットー・ペテルソンとスヴァンテ・アレニウスの推測によれば、ノーベルの遺書からこの記述が削除されたのは、ノーベルがミッタク=レフラーを嫌っていたためである。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

155件中 31 - 40件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード