110件中 41 - 50件表示
  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たチャンドラセカール・ラマン

    前述のようにノーベル賞の自然科学分野における受賞者は欧米の研究者を中心としており、1920年代に日本人の山極勝三郎がノミネートされた際には、選考委員会で「東洋人にはノーベル賞は早すぎる」との発言があったことも明らかになっている。欧米以外の国で研究活動を行った非欧米人では、1930年にインド人のチャンドラセカール・ラマンが物理学賞を受賞したのが最初である。日本人である湯川秀樹、朝永振一郎らがやはり物理学賞で受賞している。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た鈴木梅太郎

    クリスティアーン・エイクマンがビタミンB1の発見によって医学生理学賞を受賞しているが、エイクマンは米ぬかの中に脚気の治癒に効果のある栄養素(ビタミン)の存在を示唆したにすぎず、実際にその栄養素をオリザニン(ビタミンB1)として分離・抽出し発見したのは鈴木梅太郎である。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たゲルハルト・ドーマク

    これまでにノーベル賞の受賞を辞退したのは、ジャン=ポール・サルトル(1964年文学賞辞退)、レ・ドゥク・ト(1973年平和賞辞退)、ゲルハルト・ドーマク(1939年医学・生理学賞辞退)の3人であるが、ドーマクは1947年に賞を受け取っているため、最終的に受け取らなかったのは前者2名である。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たアントニオ・エガス・モニス

    アントニオ・エガス・モニスはロボトミー手術で受賞し、その手法はアメリカと日本では広く普及した。だが、効果が限定的であるにも関わらず、副作用や事故も多く、向精神薬が発達したこともあり、現在では臨床で使われることはない。モニス自身も実験的な手術を行っただけで、臨床に導入してはいない。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た国境なき医師団

    複数人による共同研究や、共同ではないが複数人による業績が受賞理由になる場合は、一度に3人まで同時受賞することができる。ただし性質上「複数人による業績」が考えづらい文学賞は例外で、定数は一度に1人と定められている。また、基本的に個人にのみ与えられる賞であるが、平和賞のみ団体の受賞が認められており、過去に国境なき医師団などが受賞している。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たオスロ

    授賞式は、ノーベルの命日である12月10日に、「平和賞」を除く5部門はストックホルム(スウェーデン)のコンサートホール、「平和賞」はオスロ(ノルウェー)の市庁舎で行われ(古くはオスロ大学の講堂で行われた)、受賞者には、賞金の小切手、賞状、メダルがそれぞれ贈られる。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たクリスマス

    晩餐会が行われる。平和賞の晩餐会はオスロのグランドホテルで行われ、こちらにはノルウェーの国会、首相および2006年以降はノルウェーの国王夫妻を含めた約250人が招かれる。1979年の平和賞の晩餐会は受賞者のマザー・テレサが「貧しい人にお金を使ってください」として出席を辞退、開催を中止させて、晩餐会に使うはずだった7000USドルの費用はカルカッタの2000人のホームレスへのクリスマスの夕食に使われた。これは現時点で唯一の晩餐会が中止になった例である。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た国際連合難民高等弁務官事務所

    国際連合難民高等弁務官事務所(1954年と1981年)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た発明

    ノーベル賞(ノーベルしょう)は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞のことである。物理学、化学、医学生理学、文学、平和、経済学の6分野で顕著な功績を残した人物に贈られる。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たオスカル2世

    この遺言においてノーベルは、「私のすべての換金可能な財は、次の方法で処理されなくてはならない。私の遺言執行者が安全な有価証券に投資し継続される基金を設立し、その毎年の利子について、前年に人類のために最大たる貢献をした人々に分配されるものとする」と残している。彼がこの遺言のために残した金額は彼の総資産の94%、3100万スウェーデン・クローナに及んだ。周辺の人々はこの遺言に疑いを持ったため、1897年4月26日までこの遺言はノルウェー国会において承認されなかった。その後、彼の遺志を継ぐためにRagnar SohlmanとRudolf Lilljequistがノーベル財団設立委員会を結成し、賞設立の準備を行った。賞の名前はノーベルを記念してノーベル賞とされた。1897年4月には平和賞を授与するためのノルウェー・ノーベル委員会が設立され、6月7日にはカロリンスカ研究所が、6月9日にはスウェーデン・アカデミーが、6月11日にはスウェーデン王立科学アカデミーが授与機関に選定されて選考体制は整った。賞の授与体制が整うと、1900年にノーベル財団の設立法令がスウェーデン国王オスカル2世によって公布された。1905年にノルウェーとスウェーデンは同君連合を解消したが、両国分離後も授与機関は変更されなかった.。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

110件中 41 - 50件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード