155件中 51 - 60件表示
  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た山極勝三郎

    前述のようにノーベル賞の自然科学分野における受賞者は欧米の研究者を中心としており、1920年代に日本人の山極勝三郎がノミネートされた際には、選考委員会で「東洋人にはノーベル賞は早すぎる」との発言があったことも明らかになっている。また、元国連大使の松平康東は、1930年代に呉建がノミネートされた際には日本が枢軸国であったことで受賞に至らなかったとしている。欧米以外の国で研究活動を行った非欧米人では、1930年にインド人のチャンドラセカール・ラマンが物理学賞を受賞したのが最初である。日本人である湯川秀樹(1949年受賞)、朝永振一郎(1965年受賞)らがやはり物理学賞で受賞している。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たアンドレ・ガイム

    アンドレ・ガイム(2000年イグノーベル物理学賞受賞、2010年ノーベル物理学賞受賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たカール・フォン・フリッシュ

    カール・フォン・フリッシュ(1973年に87歳で生理学・医学賞受賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たジョン・チャールズ・フィールズ

    数学者のフィールズも二人の確執はありそうな話だとしているが、フィールズ自身はミッタク=レフラーと親しく、この事がフィールズ賞の設立に繋がったのではないかとする意見もある。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たペイトン・ラウス

    ペイトン・ラウス(1966年に87歳で生理・医学賞受賞)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たボリス・パステルナーク

    これまでにノーベル賞の受賞を辞退したのは、ジャン=ポール・サルトル(1964年文学賞辞退)、レ・ドゥク・ト(1973年平和賞辞退)、ゲルハルト・ドーマク(1939年生理学・医学賞辞退)、ボリス・パステルナーク(1958年文学賞辞退)の4人であるが、ドーマクはナチス、パステルナークはソ連政府の圧力で強制的に辞退させられたものであり、ドーマクは戦後の1947年、パステルナークは没後に遺族が賞を受け取ったとされているため、最終的に受け取らなかったのは前者2名である。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たジョージ・バーナード・ショー

    バーナード・ショーは、ノーベル賞について「殺生と破壊の手段であるダイナマイトを発明して金を儲けたノーベルの罪も大きいが、世界の人材を序列化するノーベル賞を作ったのは最もゆるせない罪」と批判した。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たソーニャ・コワレフスカヤ

    実際、1890年にミッタク=レフラーがソーニャ・コワレフスカヤへの資金的援助をノーベルに頼んだとき、ノーベルはこれを断っている。またノーベルの1883年の遺書には自身の遺産の一部をミッタク=レフラーのいたStockholms Högskola(後のストックホルム大学)にも渡すように書いていたが、1896年に最終版の遺書を書いたときにはこの記述を削除した。Högskolaの学長を勤めたオットー・ペテルソンとスヴァンテ・アレニウスの推測によれば、ノーベルの遺書からこの記述が削除されたのは、ノーベルがミッタク=レフラーを嫌っていたためである。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たチャンドラセカール・ラマン

    前述のようにノーベル賞の自然科学分野における受賞者は欧米の研究者を中心としており、1920年代に日本人の山極勝三郎がノミネートされた際には、選考委員会で「東洋人にはノーベル賞は早すぎる」との発言があったことも明らかになっている。また、元国連大使の松平康東は、1930年代に呉建がノミネートされた際には日本が枢軸国であったことで受賞に至らなかったとしている。欧米以外の国で研究活動を行った非欧米人では、1930年にインド人のチャンドラセカール・ラマンが物理学賞を受賞したのが最初である。日本人である湯川秀樹(1949年受賞)、朝永振一郎(1965年受賞)らがやはり物理学賞で受賞している。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たクリスマス

    授賞式終了後、平和賞以外はストックホルム市庁舎(1930年まではストックホルムのグランドホテルの舞踏室)にて、スウェーデン王室および約1,300人のゲストが参加する晩餐会が行われる。王室の方々、受賞者などが階段を上がり、2階の別室へと退場された後、晩餐会はお開きとなり、そのまま2階のゴールデンホールという大きな部屋で舞踏会が始まる。平和賞の晩餐会はオスロのグランドホテルで行われ、こちらにはノルウェーの国会、首相および2006年以降はノルウェーの国王夫妻を含めた約250人が招かれる。1979年の平和賞の晩餐会は受賞者のマザー・テレサが「貧しい人にお金を使ってください」として出席を辞退、開催を中止させて、晩餐会に使うはずだった7000USドルの費用はインドのコルカタ(旧名:カルカッタ)の2000人のホームレスへのクリスマスの夕食に使われた。これは現時点で唯一の晩餐会が中止になった例である。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

155件中 51 - 60件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード