155件中 61 - 70件表示
  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たパリ

    賞設立の遺言を残したアルフレッド・ノーベル(1833年10月21日 - 1896年12月10日)はスウェーデンの発明家・企業家であり、ダイナマイトをはじめとする様々な爆薬の開発・生産によって巨万の富を築いた。しかし爆薬や兵器をもとに富を築いたノーベルには一部から批判の声が上がっていた。1888年、兄のリュドビックがカンヌにて死去するが、この時フランスのある新聞がアルフレッドが死去したと取り違え、「死の商人、死す」との見出しとともに報道。自分の死亡記事を読む羽目になったノーベルは困惑し、死後自分がどのように記憶されるかを考えるようになった。1896年12月10日に63歳でノーベルは死去するが、遺言は死の1年以上前の1895年11月27日にパリのスウェーデン人・ノルウェー人クラブにおいて署名されていた。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た所得税

    なお、日本においてはノーベル賞の賞金は所得税法第9条第1項第13号ホにあるように、所得税は非課税となっている。これは、1949年に湯川秀樹が日本人として初のノーベル賞を受賞した際に、賞金への課税について論争が起こったのを受けて改正されたものである。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た国際連合難民高等弁務官事務所

    国際連合難民高等弁務官事務所(1954年と1981年)ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たリンダウ

    :en:Lindau Nobel Laureate Meetings - ドイツのリンダウで毎年催されるノーベル賞受賞者による会議。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見た国境なき医師団

    複数人による共同研究や、共同ではないが複数人による業績が受賞理由になる場合は、一度に3人まで同時受賞することができる。ただし、同時受賞者の立場は対等とは限らず、受賞者の貢献度 (Prize share) に応じて賞金が分割される。なお、性質上「複数人による業績」が考えづらい文学賞は例外で、定数は一度に1人と定められている。また、基本的に個人にのみ与えられる賞であるが、平和賞のみ団体の受賞が認められており、過去に国境なき医師団やICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)などが受賞している。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たホームレス

    授賞式終了後、平和賞以外はストックホルム市庁舎(1930年まではストックホルムのグランドホテルの舞踏室)にて、スウェーデン王室および約1,300人のゲストが参加する晩餐会が行われる。王室の方々、受賞者などが階段を上がり、2階の別室へと退場された後、晩餐会はお開きとなり、そのまま2階のゴールデンホールという大きな部屋で舞踏会が始まる。平和賞の晩餐会はオスロのグランドホテルで行われ、こちらにはノルウェーの国会、首相および2006年以降はノルウェーの国王夫妻を含めた約250人が招かれる。1979年の平和賞の晩餐会は受賞者のマザー・テレサが「貧しい人にお金を使ってください」として出席を辞退、開催を中止させて、晩餐会に使うはずだった7000USドルの費用はインドのコルカタ(旧名:カルカッタ)の2000人のホームレスへのクリスマスの夕食に使われた。これは現時点で唯一の晩餐会が中止になった例である。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たチョコレート

    ガムラスタンにあるノーベル博物館には、ノーベル賞のメダルを模した「メダルチョコ」が売られており、観光客だけではなく授賞式に訪れた受賞者本人も土産として購入するという。益川敏英はこのチョコレートを600個も買い込んで話題となった。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たオリンピック

    ノーベル賞とオリンピックのメダルを両方受賞した人ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たオスロ

    授賞式は、ノーベルの命日である12月10日に、「平和賞」を除く5部門はストックホルム(スウェーデン)のコンサートホール、「平和賞」はオスロ(ノルウェー)の市庁舎で行われ(古くはオスロ大学の講堂で行われた)、受賞者には、賞金の小切手、賞状、メダルがそれぞれ贈られる。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル賞

    ノーベル賞から見たデズモンド・ムピロ・ツツ

    平和賞は圧政下における反体制派のリーダーに贈られることがあることから、受賞者の国の政府から反発を受けることがよくある。その例として、ナチス・ドイツの再軍備を批判したカール・フォン・オシエツキー、ソ連の際限ない核武装を批判したアンドレイ・サハロフ、中国に軍事占領されたチベットの亡命政権を代表するダライ・ラマ14世、ポーランド民主化運動を主導した「連帯」のレフ・ワレサ、南アフリカの人種隔離政策を批判したデズモンド・ツツ主教、ミャンマー軍事政権の圧政とビルマ民主化を訴えたアウンサンスーチー、中国の人権侵害を批判し民主化を訴えた劉暁波などが挙げられる。ノーベル賞 フレッシュアイペディアより)

155件中 61 - 70件表示

「ノーベル賞」のニューストピックワード