88件中 61 - 70件表示
  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見た第82空挺師団 (アメリカ軍)

    またアメリカ合衆国大統領バラク・オバマは1月13日に「ハイチの人々を支援する用意がある」と声明を発表、1月14日に陸軍空挺部隊や海兵隊の派遣を決定した。1月15日に空母カール・ヴィンソンや沿岸警備艇4隻、米陸軍第82空挺師団925人の現地入りを皮きりに、1月19日には病院船コンフォートを含む艦艇10隻以上、約1万人が現地展開している。米国防総省は1月21日に海兵隊4000人の増派を決定し、派遣人員が陸海合わせて15000人規模になる。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見た海溝

    この地域は、バハマ諸島を乗せた北アメリカプレートが、ハイチを含むイスパニョーラ島やキューバを乗せたカリブプレートが衝突している北イスパニョーラ海溝の南側にあたる。プレート境界であるため広く見れば地震活動が活発ではあるが、地殻内地震(直下型地震)の発生はあまり多くない地域だった。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たアイントホーフェン空港

    オランダやルクセンブルクで養子縁組となるハイチの孤児が、被災後にハイチを出発しオランダのアイントホーフェン空港に到着した。ハイチ政府の正式な手続きを経てから出国しており、今後は両国で新生活を送る。一方で国際連合児童基金は、保護者を失った震災孤児が養子縁組の為に国外に連れ去られるとして空港での出国監視を行うと発表した。国連児童基金の職員によると、既に病院から不法に児童が連れ去られる事件が数件起きていると指摘しており、これまでに約15人の児童が連れ去られ行方不明扱いになっている。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たフランス

    フランスは、カリブ海のマルティニク空軍基地から支援物資と緊急援助隊員を搭載した輸送機をポルトープランスへ向けて派遣した。2月17日にはサルコジ大統領がハイチを訪問。2年間で2億7千万ユーロ(約336億円)の復興支援を行うと発表。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たマルティニク

    フランスは、カリブ海のマルティニク空軍基地から支援物資と緊急援助隊員を搭載した輸送機をポルトープランスへ向けて派遣した。2月17日にはサルコジ大統領がハイチを訪問。2年間で2億7千万ユーロ(約336億円)の復興支援を行うと発表。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見た防衛省

    ハイチでの地震発生を受け日本政府は、2010年1月14日に500万ドルを上限とする無償援助や3000万円分のテントなど援助物資も供与することを発表した。また防衛省は、現地へ派遣した調査団の調査報告結果を待って、地震発生時点で米国アリゾナ州で共同演習を行っていたC-130輸送機、及びフロリダ州に確保してある救援物資の活用を検討し、JICAによる支援の不足分を自衛隊で補うことを発表した。2010年1月20日、防衛省は陸上自衛隊第13後方支援隊長以下100名からなる「ハイチ国際緊急医療援助隊」の派遣を決定し、翌21日、同隊は現地に向け日本を出国した。1月25日、カナダのモントリオールで開かれた復興支援の閣僚級会合に出席した武正公一外務副大臣は追加支援策として約7000万ドル(約63億円)の拠出を表明した。同日、日本政府は国連の平和維持活動に自衛隊の施設部隊を派遣する方針を決めた。規模は約300人とする方向で調整している。がれきの除去や道路の補修などを行うためで、治安維持には携わらないとしているが、護身用の小火器を携行する。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たアリゾナ州

    ハイチでの地震発生を受け日本政府は、2010年1月14日に500万ドルを上限とする無償援助や3000万円分のテントなど援助物資も供与することを発表した。また防衛省は、現地へ派遣した調査団の調査報告結果を待って、地震発生時点で米国アリゾナ州で共同演習を行っていたC-130輸送機、及びフロリダ州に確保してある救援物資の活用を検討し、JICAによる支援の不足分を自衛隊で補うことを発表した。2010年1月20日、防衛省は陸上自衛隊第13後方支援隊長以下100名からなる「ハイチ国際緊急医療援助隊」の派遣を決定し、翌21日、同隊は現地に向け日本を出国した。1月25日、カナダのモントリオールで開かれた復興支援の閣僚級会合に出席した武正公一外務副大臣は追加支援策として約7000万ドル(約63億円)の拠出を表明した。同日、日本政府は国連の平和維持活動に自衛隊の施設部隊を派遣する方針を決めた。規模は約300人とする方向で調整している。がれきの除去や道路の補修などを行うためで、治安維持には携わらないとしているが、護身用の小火器を携行する。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たトラフ (地形)

    この地域の主な断層として、キューバ南岸からイスパニョーラ島北岸を横切るセプタントリオナル (Septentrional) 断層、イスパニョーラ東南岸を横切るエンリキロ断層の2つがある。いずれも左横ずれ断層で、18世紀以降の記録から、数度の大地震が発生したことが判明している。今回の地震の震源に近いところでは、エンリキロ断層(ハイチ南東部)で1751年に、またその西隣のエンリキロ断層(ハイチ南西部)で1770年にそれぞれ大きな地震が発生している。また、1751年の地震の際には、同じ年にドミニカ南岸のムエルトス (Muertos) トラフで大地震が発生している。ムエルトストラフはエンリキロ断層の延長線上にあり、今回の地震も同様に影響を与える可能性もある(地震空白域参照)。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たキューバ

    この地域は、バハマ諸島を乗せた北アメリカプレートが、ハイチを含むイスパニョーラ島やキューバを乗せたカリブプレートが衝突している北イスパニョーラ海溝の南側にあたる。プレート境界であるため広く見れば地震活動が活発ではあるが、地殻内地震(直下型地震)の発生はあまり多くない地域だった。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見た梁 (建築)

    ハイチは長年不安定な政情が続き、統治能力を欠く政府では安全に備えがされていなかった。現地の建物は鉄筋コンクリートのフレームに素焼き煉瓦を積み上げて壁にする工法が主流だが、この際各階の床スラブをを使って補強しなくてはならない。しかし建設業界では「手抜き」と「賄賂」が蔓延し、いい加減な計画書でも許可されることが多かった。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示

「ハイチ大地震」のニューストピックワード