1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
88件中 81 - 88件表示
  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見た地震空白域

    この地域の主な断層として、キューバ南岸からイスパニョーラ島北岸を横切るセプタントリオナル (Septentrional) 断層、イスパニョーラ東南岸を横切るエンリキロ断層の2つがある。いずれも左横ずれ断層で、18世紀以降の記録から、数度の大地震が発生したことが判明している。今回の地震の震源に近いところでは、エンリキロ断層(ハイチ南東部)で1751年に、またその西隣のエンリキロ断層(ハイチ南西部)で1770年にそれぞれ大きな地震が発生している。また、1751年の地震の際には、同じ年にドミニカ南岸のムエルトス (Muertos) トラフで大地震が発生している。ムエルトストラフはエンリキロ断層の延長線上にあり、今回の地震も同様に影響を与える可能性もある(地震空白域参照)。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たアメリカ合衆国ドル

    *支援金額に関しては、特に断りがなければアメリカ・ドルで表記。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たコンフォート (T-AH-20)

    またアメリカ合衆国大統領バラク・オバマは1月13日に「ハイチの人々を支援する用意がある」と声明を発表、1月14日に陸軍空挺部隊や海兵隊の派遣を決定した。1月15日に空母カール・ヴィンソンや沿岸警備艇4隻、米陸軍第82空挺師団925人の現地入りを皮きりに、1月19日には病院船コンフォートを含む艦艇10隻以上、約1万人が現地展開している。米国防総省は1月21日に海兵隊4000人の増派を決定し、派遣人員が陸海合わせて15000人規模になる。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見た中華民国

    ハイチは中華民国(台湾)を承認しており国交がある。中華民国政府はその見返りとして、平年から援助に熱心であった。今回も台湾はその経済規模に対して大きな支援を行っている。これは後述の中華人民共和国の国家承認運動を牽制する意図があるとも見られている。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見た大司教

    プレヴァル大統領は、日本時間1月14日に同国内の平和維持活動に従事していた国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)のエディ・アナビ(Hédi Annabi)代表がこの地震で死亡したことを確認したとしていた。国連側は否定していたが、日本時間17日に同代表とルイス・カルロス・ダ・コスタ(Luiz Carlos da Costa)副代表、ダグ・コーツ(Doug Coates)警察本部長代理が死亡したことを発表した。また人道支援活動のためにポルトープランスに滞在していたブラジル出身の小児科医で人道支援活動家のジウダ・アルンス、地元出身のヒップホップアーティストであるジミー・O(Jimmy O)、カトリック教会のヨセフ・セルジュ・ミオ大司教がこの地震によってポルトープランスで死亡した。刑務所も崩壊し受刑者4000人が脱獄している。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たフロリダ州

    ハイチでの地震発生を受け日本政府は、2010年1月14日に500万ドルを上限とする無償援助や3000万円分のテントなど援助物資も供与することを発表した。また防衛省は、現地へ派遣した調査団の調査報告結果を待って、地震発生時点で米国アリゾナ州で共同演習を行っていたC-130輸送機、及びフロリダ州に確保してある救援物資の活用を検討し、JICAによる支援の不足分を自衛隊で補うことを発表した。2010年1月20日、防衛省は陸上自衛隊第13後方支援隊長以下100名からなる「ハイチ国際緊急医療援助隊」の派遣を決定し、翌21日、同隊は現地に向け日本を出国した。1月25日、カナダのモントリオールで開かれた復興支援の閣僚級会合に出席した武正公一外務副大臣は追加支援策として約7000万ドル(約63億円)の拠出を表明した。同日、日本政府は国連の平和維持活動に自衛隊の施設部隊を派遣する方針を決めた。規模は約300人とする方向で調整している。がれきの除去や道路の補修などを行うためで、治安維持には携わらないとしているが、護身用の小火器を携行する。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たバハマ諸島

    この地域は、バハマ諸島を乗せた北アメリカプレートが、ハイチを含むイスパニョーラ島やキューバを乗せたカリブプレートが衝突している北イスパニョーラ海溝の南側にあたる。プレート境界であるため広く見れば地震活動が活発ではあるが、地殻内地震(直下型地震)の発生はあまり多くない地域だった。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ地震 (2010年)

    ハイチ地震 (2010年)から見たAn-225 (航空機)

    2月6日、国連平和維持活動 (PKO) に参加する陸上自衛隊の一次部隊(200人編成)が羽田空港などから政府専用機と民間機で出発した。現地では瓦礫の除去や避難民の仮設住宅設置のための整地作業などをする。今月下旬以降に北部方面隊などで構成する二次要員約350人が派遣され、一次要員と交代する。防衛省は重機の迅速な輸送を行いたいという意向から世界最大の輸送機An-225をチャーターした。今回の派遣に関して中日新聞は社説で「医療援助隊の派遣では出遅れた感があったが、今回の迅速な派遣は評価する」「国内で起こった震災復旧での経験を生かして国際貢献して欲しい」と評価し、「政府機能は麻痺したままであり遅配に怒った住民が物資を強奪する事態が起きている」「隊員たちの安全確保に万全を期すことは言うまでもない」と述べている。ハイチ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
88件中 81 - 88件表示

「ハイチ大地震」のニューストピックワード