704件中 91 - 100件表示
  • コノリー (駆逐艦)

    コノリー (駆逐艦)から見たハイチハイチ

    1985年10月に再び中東派遣部隊の一部として展開する。任務終了後1986年4月に帰還し、1987年6月に再び地中海に展開、その後1989年と1992年にも同部隊と共に展開した。1993年にはハイチに対する国連制裁に加わり、サポート・デモクラシー作戦を支援した。コノリー (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • 第四政党制 (アメリカ合衆国)

    第四政党制 (アメリカ合衆国)から見たハイチハイチ

    1901年にセオドア・ルーズベルトが大統領に就任し、パナマ運河支配の重要性を訴えて、1903年にはこれを支配下に納めた。ルーズベルト推論は厳密なアメリカ合衆国の孤立主義を退けており、アメリカ合衆国は国際規範を侵犯するようなラテンアメリカ諸国の事情を安定化させる権利があると主張した。この新しい方針にドル外交や棍棒外交が組み合わされ、アメリカ合衆国大統領がキューバ事情(1906年-1910年)、ニカラグア(1909年-1911年、1912年-1925年および1926年-1933年)、ハイチ(1915年-1934年)およびバナナ戦争と呼ばれたドミニカ共和国(1916年-1924年)に干渉することに正当性を与える時に引き合いに出された。第四政党制 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • バイウォーター (ニューオーリンズ)

    バイウォーター (ニューオーリンズ)から見たハイチハイチ

    今日バイウォーターとして知られている地域は、植民地時代にはその大部分がプランテーションであった。19世紀初頭に住宅地の開発が行われ、ニューオーリンズのダウンタウン地区の主にフランス語圏の地域「フォーバーグ・ワシントン」の一部となった。カリブ海のフランス語圏からやって来た人々、特にハイチからの避難民がこの地域に住居を構えた。19世紀を通じて、この地域は白人、人種の混ざったクレオール、それにドイツ、アイルランドからの移民が混在して成長して行った。バイウォーター (ニューオーリンズ) フレッシュアイペディアより)

  • アンシュ

    アンシュから見たハイチハイチ

    アンシュ(ハイチ語: Ench)はハイチの内陸北東部の都市。中央県の県庁所在地である。ドミニカ共和国とハイチとで帰属が変遷した地域で、スペイン語名はインチャ (Hincha) であり、1929年の国境条約と1936年の同条約の改定で恒久的にハイチ領とされた。アメリカ海兵隊による占領への農民によるゲリラ闘争、カコの反乱の指導者の一人シャルルマーニュ・ペラルトの出身地である。ペラルトは謀殺され、遺体の写真が反乱に対する心理作戦として米軍当局によりばら撒かれたが占領終結後に愛国者として国葬され、遺骨がアンシュに帰された。2003年の人口は約5万人。アンシュ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ピエール・ボワイエ

    ジャン・ピエール・ボワイエから見たハイチハイチ

    ジャン・ピエール・ボワイエ(Jean Pierre Boyer, おそらく1776年2月15日 - 1850年7月9日)はハイチの軍人/ハイチ共和国大統領 (1822年 - 1843年)。ジャン・ピエール・ボワイエ フレッシュアイペディアより)

  • ボニファス・アレクサンドル

    ボニファス・アレクサンドルから見たハイチハイチ

    ボニファス・アレクサンドル(、1936年7月31日 - )は、ハイチの政治家。ボニファス・アレクサンドル フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ボナンノ

    ビル・ボナンノから見たハイチハイチ

    ハイチ政府の代理人を自称する人物と会いかつて各ファミリーが営んでいたカジノや他のビジネスが放置されているのでボナンノ一家にそれを再開してほしいと頼まれる。そのためハイチへ赴いた。そこでフランソア・デュバリエ(ハイチの独裁者)と会う。そこでボナンノ一家が唯一のカジノ運営者だと保証すると言われる。ビル・ボナンノ フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ラッセル・オーカット

    チャールズ・ラッセル・オーカットから見たハイチハイチ

    バーモント州のハートランドに生まれた。1879年に家族はサンディエゴに移った。父親のハーマン・オーカットはサンディエゴで園芸商を開いた。オーカットは独学で、若い頃から熱心に動物学や植物学などの科学を学んだ。父親とサンディエゴ周辺を旅し、1882年に父親と植物学者のチャールズ・クリストファー・パリーが行った、メキシコのエンセナーダの探検に同行した。植物への関心が高まるにしたがい、調査エリアがひろまり、収集した植物の価値が高まった。新種植物を探し、南カリフォルニア、バハ・カリフォルニア、メキシコ、中央アメリカや西インド諸島などのカリブ海地域を探検した。サボテンに特に関心を払い、多くの新種を発見したので、サボテンマン("cactus man")の愛称で呼ばれた。サンディエゴ自然史協会の重要なメンバーとなり何度か理事を務めた。多くの標本を協会に寄付した。1920年代後半にジャマイカとハイチに移住し、そこで研究を行ないハイチで没した。チャールズ・ラッセル・オーカット フレッシュアイペディアより)

  • シンシナティ (防護巡洋艦)

    シンシナティ (防護巡洋艦)から見たハイチハイチ

    1902年5月から1903年1月までシンシナティは、ハイチ、サントドミンゴ、パナマといったカリブ海の政情不安定な国々における、アメリカ人およびアメリカ合衆国の権益保護のため巡航を行い、プレー山で大規模な噴火が発生した後は、マルティニークへの救援を行った。1903年1月から5月まで地中海での巡航を行い、その後スエズ運河を通過し、フィリピンで4年に及ぶアジアステーションでの任務に就く。シンシナティは砲撃訓練、演習を行い、中国、日本および太平洋の島々への親善訪問を行う。また、しばしば朝鮮半島沖での偵察を行った。1907年9月10日にメア・アイランド海軍工廠に帰還し、1907年10月12日に退役した。シンシナティ (防護巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • エル・ティオ

    エル・ティオから見たハイチハイチ

    ポトシの鉱山労働者はカトリック教徒で、彼らはイエス・キリストとエル・ティオの両方を信仰している。エル・ティオは、ハイチのロア等、ブードゥー教やフォーク・カトリシズムの文化のいくつかの神話と類似している。エル・ティオ フレッシュアイペディアより)

704件中 91 - 100件表示

「ハイチ」のニューストピックワード