704件中 21 - 30件表示
  • W・E・B・デュボイス

    W・E・B・デュボイスから見たハイチハイチ

    ウィリアム・エドワード・バーグハード・デュボイス(William Edward Burghardt Du Bois、1868年2月23日 - 1963年8月27日)は、アメリカ合衆国の公民権運動指導者、汎アフリカ主義、ブラック・ナショナリズムの先駆者、全米黒人地位向上協会の創立者。アフリカ系アメリカ人のイデオローグだが、父がハイチ出身であるためハイチ系アメリカ人でもある。W・E・B・デュボイス フレッシュアイペディアより)

  • シアトル (高速戦闘支援艦)

    シアトル (高速戦闘支援艦)から見たハイチハイチ

    シアトルはグアンタナモ湾で整調訓練を行うため1970年1月2日にノーフォークを出港し、1月13日に空母アメリカ(USS America, CVA-66)と併走、給油を行っている。1月19日にグアンタナモを出港、再び訓練を行った後ハイチのポルトープランスを訪れ、1月26日にグアンタナモに帰還した。シアトル (高速戦闘支援艦) フレッシュアイペディアより)

  • バハマ

    バハマから見たハイチハイチ

    バハマ国(バハマこく)、通称バハマは、西インド諸島のバハマ諸島を領有する国家。英語圏に属し、イギリス連邦の加盟国であると同時に英連邦王国の一国たる立憲君主制国家である。島国であり、海を隔てて北西にアメリカ合衆国のフロリダ半島が、南西にキューバが、南東にハイチが存在する。首都はニュー・プロビデンス島のナッソー。バハマ文書が注目を浴びている。バハマ フレッシュアイペディアより)

  • コーヒーの歴史

    コーヒーの歴史から見たハイチハイチ

    初期のアメリカでは民衆の飲み物は紅茶であり、コーヒーは贅沢品でしかなかった。1683年頃にニューヨークはコーヒー豆の国際的な取引場となり、イギリスと同様にニューヨーク、ボストンでも続々とコーヒー・ハウスが開店する。アメリカ独立の機運が高まる中で起きたボストン茶会事件は、アメリカ国民の茶への関心を薄れさせるきっかけとなる。1812年から1814年にかけての米英戦争で紅茶の供給量が減少し、コーヒーへの関心が高まった。独立後のアメリカにはハイチ、マルティニーク島、ブラジルから多量のコーヒーが流入したために価格が下落し、次第にコーヒーが茶に取って代わっていった。また、コーヒーにかけられる関税は低く、1832年に関税が廃止されたこともコーヒーの普及の一因となった。1783年のアメリカ合衆国民1人あたりのコーヒーの年間消費量は約25gに過ぎなかったが、1830年代までに年2.3kg以上のコーヒーを消費するようになった。しかし、1830年代の時点ではまだコーヒーは贅沢な嗜好品であり、一般の人間に日常的に飲用されるまでには至っていなかった。コーヒーの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の気象・地象・天象

    2007年の気象・地象・天象から見たハイチハイチ

    10月27日?11月2日 - ハリケーン・ノエルが西インド諸島各国を通過、イスパニョーラ島やキューバなど各地で洪水が発生、ドミニカ共和国やハイチを中心に150人以上が死亡した。また、アメリカ北東部やカナダ東部では温帯低気圧となったノエルの影響で嵐となった。2007年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • ダハボン川

    ダハボン川から見たハイチハイチ

    ダハボン川(ダハボンがわ、は、フランス語で「虐殺の川」を意味するマサクル川() とも呼ばれる、イスパニョーラ島の川で、ドミニカ共和国とハイチの国境を成している。島を東西に二分するこの境界線の起源は、1776年に、スペイン領サント・ドミンゴ総督とフランス領サン=ドマング総督エネリー伯爵が、北部ではこの川を境界とし、南部ではペデルナレス川 (río Pedernales) を境界とすると定めたときに遡る。この取り決めは、1777年にアランフエス条約として批准された。ただし、今日もハイチとドミニカ共和国の国境となっているのは、軍の駐屯地があるラ・ボンバ (La Bomba) から、税関の建物のほぼ対岸にある、ラ・ビギア運河 (canal La Vigía) の水門までの5kmほどの範囲だけである。ダハボン川 フレッシュアイペディアより)

  • スカル・ラビシーレ

    スカル・ラビシーレから見たハイチハイチ

    スカル・ラビシーレ (Skal Labissière 1996年3月18日 - )は、ハイチ・ポルトープランス出身のバスケットボール選手。NBAのサクラメント・キングスに所属している。ポジションはPF/C。スカル・ラビシーレ フレッシュアイペディアより)

  • カリブ海

    カリブ海から見たハイチハイチ

    カリブ海(カリブかい、英語:Caribbean Sea、スペイン語:Mar Caribe、フランス語:mer des Caraïbes)は、メキシコ湾の南、大西洋に隣接する水域である。南はベネズエラ、コロンビアといった南アメリカ大陸やパナマに、西は北アメリカ大陸に属するコスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、グアテマラ、ベリーズ、そしてメキシコのユカタン半島に、北はキューバ、イスパニョーラ島のハイチとドミニカ共和国、ジャマイカ、プエルトリコといった大アンティル諸島に、東は小アンティル諸島に接している。カリブ海 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤昭子

    須藤昭子から見たハイチハイチ

    須藤 昭子(すどう あきこ、1927年 - )は、日本の医師、カトリック・クリスト・ロア修道会(本部 カナダ)所属の修道女である。日本で結核治療に携わった後、1976年から修道会からハイチに医師としてに派遣されて以降、長年にわたり現地で医療支援および農業支援に関わり、ハイチのマザー・テレサと呼ばれる。須藤昭子 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの歴史

    ブラジルの歴史から見たハイチハイチ

    その後、植民地人達はポンバル侯の改革による本国からの統制強化への反発と、アメリカ合衆国の独立やフランス革命、ハイチ革命に影響を受け、次第にブラジルの独立と共和制導入を考えるようになっていった。1789年にはブラジル初の独立運動となった「ミナスの陰謀」が密告によって発覚し、1792年に首謀者の一人だったチラデンテス()が処刑された。1798年にはフランス領サン=ドマング(現在のハイチ)での黒人暴動(ハイチ革命)の噂に影響を受け、サルヴァドールでムラートの大工、石工、仕立屋達による「バイーアの陰謀」( - 「仕立屋の陰謀」とも)が勃発し、共和制の樹立や奴隷制の廃止を訴えたものの、政府軍によって鎮圧され、首謀者はアフリカに追放された。ブラジルの歴史 フレッシュアイペディアより)

704件中 21 - 30件表示

「ハイチ」のニューストピックワード