534件中 71 - 80件表示
  • ラヴァラの家族

    ラヴァラの家族から見たハイチハイチ

    ラヴァラの家族 (Fanmi Lavalas, FL) はハイチの左派政党。ジャン=ベルトラン・アリスティド元大統領の与党だった。2006年の改選までハイチ議会で下院83議席中73、上院27議席中26と多数派を占めた。ラヴァラの家族 フレッシュアイペディアより)

  • ドローンズ

    ドローンズから見たハイチハイチ

    ドローンズの形はそれまでのUFOとは異なり、まるでハイテク機器のような形をしており、それらが収められた写真や映像はどれも鮮明であることが特徴である。形は多種多様で単純なものから複雑なものまで様々であり、人が乗れるようなスペースが見られないのが最大の特徴である。機体にはカタカナのような奇妙な記号が描かれている。アメリカ合衆国西海岸のほか、イタリアやフランスのパリ、ハイチなどで目撃されている。ドローンズ フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ヒル

    クリストファー・ヒルから見たハイチハイチ

    父親が外交官であったため、幼少期から家族と共に世界中を転々とした。ハイチにおいてアメリカの外交官が追放された後、一家でロードアイランド州リトルコンプトンに移り住む 。ここでプロビデンスのモーセ・ブラウン・スクールを1970年に卒業し、1974年にはボードイン・カレッジで経済学士号を取得した。クリストファー・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・リゴー

    アンドレ・リゴーから見たハイチハイチ

    リゴーは1802年トゥーサンの排除とサン=ドマング再植民地化を図ったナポレオンの義弟のシャルル・ルクレール率いるフランス遠征軍と共にサン=ドマングに戻った。フランス第一共和政下で1974年に奴隷制が廃止されて、サトウキビとコーヒーのプランテーションで利益を上げていた植民地システムが崩壊した。ルクレールの遠征は奴隷制の再建を企てたものであった。3年に亘る戦争の末ハイチ共和国軍はサン=ドマングをタイノ語のハイチに戻し独立を果たした。リゴーは遠征の失敗の責任を負わされ、ライバルのトゥーサンと共にフランスへ送られ、トゥーサンが亡くなったと同じジュー要塞に一時収監された。リゴーは最後の反乱として船上でそのサーベルを海へ投げ捨てた。アンドレ・リゴー フレッシュアイペディアより)

  • フェリクス・モリソ=ルロワ

    フェリクス・モリソ=ルロワから見たハイチハイチ

    フェリクス・モリソ=ルロワ (', ', 1912年3月13日 - 1998年9月5日) はハイチの教育者・作家、ハイチ語で最初に作品を公表した。ハイチ語を教育に取入れ、ハイチ語とフランス語で作品を公表した。1961年にハイチ語は公用語とされた。モリソはガーナとセネガルにも渡り国民文学の開発を援助しようとした。1981年モリソはマイアミに渡り、ハイチ人コミュニティの統合とハイチ語の学術化を試みた。フェリクス・モリソ=ルロワ フレッシュアイペディアより)

  • 第3外人歩兵連隊

    第3外人歩兵連隊から見たハイチハイチ

    2004年:第2中隊がハイチに派遣。第3外人歩兵連隊 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州の人口動態

    カリフォルニア州の人口動態から見たハイチハイチ

    出身国の統計では、メキシコが最大で25%、ドイツ9%、アイルランド7.7%、イギリス7.4%の順になっている。その他アルバニア、ハイチ、パキスタン、ソマリアなど全部で70近い民族が上がっている。ロサンゼルスとサンフランシスコ両市では、フランス、イタリア、ポルトガル、ロシアおよびスカンディナヴィアを出自とする人々が多い。カリフォルニア州の人口動態 フレッシュアイペディアより)

  • 大奥義書

    大奥義書から見たハイチハイチ

    『大奥義書』(、)とは悪魔や精霊などの性質や、それらを使役する方法を記した魔術書グリモワールの一つ。日本語タイトルとしては他に、『大いなる教書』あるいはフランス語風に『グラン・グリモワール』とも呼ばれる。『赤い竜』(、)という名前でも知られている。ハイチでは『真の赤き竜』(、)と呼ばれ、ブードゥー教の実践者の間で崇拝されている。大奥義書 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ゲリエ

    フィリップ・ゲリエから見たハイチハイチ

    フィリップ・ゲリエ将軍 (Philippe Guerrier, 1773年12月19日 - 1845年4月15日) はハイチの軍人、政治家。1844年5月3日70歳でハイチの大統領に就任し、1845年4月15日在任中に亡くなった。フィリップ・ゲリエ フレッシュアイペディアより)

  • ボニファス・アレクサンドル

    ボニファス・アレクサンドルから見たハイチハイチ

    ボニファス・アレクサンドル(、1936年7月31日 - )は、ハイチの政治家。2004年のクーデターでジャン=ベルトラン・アリスティド大統領が亡命後、最高裁判所長官として大統領職を代行し、後に暫定大統領となった。任期中、人権団体のアムネスティ・インターナショナルは警察権力の行き過ぎた行使、十分な取調べや裁判を経ない処刑、武装集団による殺害や誘拐の深刻化、女性に対する暴力に対しての行政の怠慢、司法制度の不備などを告発した。40人以上の人々が起訴や裁判なしに投獄されたとしている。ボニファス・アレクサンドル フレッシュアイペディアより)

534件中 71 - 80件表示

「ハイチ」のニューストピックワード