ハイメ・アルグエルスアリ ニュース&Wiki etc.

ハイメ・ビクトル・アルグエルスアリ・エスクデロ(Jaime Víctor Alguersuari Escudero、1990年3月23日 - )はスペイン・バルセロナ出身の元レーシングドライバー。2008年に史上最年少でイギリスF3のチャンピオンとなった。2015年10月1日、モータースポーツからの引退を発表した。 (出典:Wikipedia)

「ハイメ・アルグエルスアリ」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ハイメ・アルグエルスアリ」のつながり調べ

  • ブルーノ・セナ

    ブルーノ・セナから見たハイメ・アルグエルスアリ

    ベルギーGPでは自身初のQ3進出となる予選7番手を獲得したものの、スタート直後にハイメ・アルグエルスアリと接触し大きく順位を落として13位で完走となった。イタリアGPでもQ3に進出し予選10番手を獲得したが、1コーナーの混乱を避けるために大きく順位を落とした。しかしその後は、強い追い上げといくつかのオーバーテイクをするなど見せ場を作り自身初入賞となる9位入賞を果たした。(ブルーノ・セナ フレッシュアイペディアより)

  • サム・バード

    サム・バードから見たハイメ・アルグエルスアリ

    フォーミュラE最初のシーズンである2014-15年シーズンからリチャード・ブランソンのヴァージン・レーシングからハイメ・アルグエルスアリと共に参戦した。初戦の北京大会で3位となり、続く第2戦プトラジャヤ大会では初勝利を挙げた。第3戦プンタ・デル・エステ大会では予選からうまくいかず、18位スタートとなり、早々にクラッシュでリタイアした。第6戦ロング・ビーチ大会でも11周目にサスペンションの故障でリタイアとなった。第7戦モナコ大会では12番グリッドだったにも関わらず、オープニングラップで複数台が絡むクラッシュをうまく避け、4位でチェッカーを受けた。最終戦ロンドン大会では、4番グリッドスタートから2位でチェッカーを受けた。しかし、1位のステファン・サラザンが49秒加算ペナルティーとなったことで、順位が繰り上がり勝利を手にした。フォーミュラE最初のシーズンで合計103ポイントを獲得し、総合5位となった。(サム・バード フレッシュアイペディアより)

「ハイメ・アルグエルスアリ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ハイメ・アルグエルスアリ」のニューストピックワード