前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • 2010年日本グランプリ

    2010年日本グランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    鈴鹿サーキットは金曜日フリー走行2回目が終了した直後から雨に見舞われ、土曜日になっても悪天候が続いた。フリー走行でもハイメ・アルグエルスアリとティモ・グロックが低速でタイムを記録した以外は全員がアタックラップを行うことなく終了した。2010年日本グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    母国日本GPでは予選14位から、他のドライバーがソフトタイヤでスタートする中、ハードタイヤで走り出した。ハイメ・アルグエルスアリを14周目、エイドリアン・スーティルを18周目にヘアピンで抜き、全53周レースの38周目にピットイン。ソフトタイヤに履き替えると、アルグエルスアリをアウト側から45周目、ルーベンス・バリチェロを48周目、ハイドフェルドを49周目に同じヘアピンで抜き、計5回のオーバーテイクをした。そして2度目のアルグエルスアリをオーバーテイクする際に接触したことでマシン左側のディフレクター、サイドポンツーンの損傷に加えてフロントウィングの一部まで欠損している状況にも拘わらず7位入賞を果たし、観客を熱狂させた。なお、小林自身は何回オーバーテイクを行ったか記憶していないと語っている。続く韓国GPでは8位、ブラジルGPでも10位と3戦連続入賞を果たした。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • アルグエルスアリ

    アルグエルスアリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ハンガリーグランプリ

    2009年ハンガリーグランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    ドイツグランプリ終了後、トロ・ロッソがドライバーをセバスチャン・ブルデーからハイメ・アルグエルスアリへ交代することを発表2009年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・R30

    ルノー・R30から見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    2011年よりタイヤサプライヤーを務めるピレリは、前年まで使用してきたトヨタ・TF109に代わりR30を2012年から開発用のテストカーに採用した。ドライバーにはルーカス・ディ・グラッシとハイメ・アルグエルスアリの二名が選ばれた。ルノー・R30 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年シンガポールグランプリ

    2009年シンガポールグランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリ、フィジケラ、ルノーのロマン・グロージャンがQ1敗退となった。マクラーレンのルイス・ハミルトンが唯一1分46秒台をマークし、Q1トップとなった。2009年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    Q2も後半になると、ウィリアムズの2台が初めにインターミディエイトタイヤ(浅溝)に交換し、再びアタックを行う。これに続きフェラーリのキミ・ライコネンなどもタイヤを交換してアタックを行う。この結果、ウィリアムズのワンツーでQ2が終了。小林、トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリ、ルノーのロマン・グロージャン、ポイントリーダーのジェンソン・バトンがQ2敗退となった。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年アブダビグランプリ

    2009年アブダビグランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリを先頭に各車アタックに入る。初開催のサーキットであるため、多くのマシンが周回を重ねる。7分が経過したところでブラウンGPのジェンソン・バトンが最初に1分41秒台をマークする。2009年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年日本グランプリ (4輪)

    2009年日本グランプリ (4輪)から見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    最初にフェラーリのキミ・ライコネンがタイムを出すが、直後にQ2初進出となったトロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリが9コーナーでクラッシュ。残り11分15秒で赤旗中断となる。2009年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・ライマー

    ファビオ・ライマーから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    ヴァージン・レーシングで参戦中のハイメ・アルグエルスアリが第9戦モスクワ大会終了時に、脱水症状および極度の疲労により気絶するという事態が発生した。FIAは健康状態が回復し今後も出走可能か判断するまでの間、ライセンスを一時的に停止する事を決めた。その為、2015年6月23日、チームは代役としてライマーの起用を発表。第10戦および最終戦の舞台となるロンドン大会に出走した。ファビオ・ライマー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示

「ハイメ・アルグエルスアリ」のニューストピックワード