前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • 2010年日本グランプリ

    2010年日本グランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    鈴鹿サーキットは金曜日フリー走行2回目が終了した直後から雨に見舞われ、土曜日になっても悪天候が続いた。フリー走行でもハイメ・アルグエルスアリとティモ・グロックが低速でタイムを記録した以外は全員がアタックラップを行うことなく終了した。2010年日本グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • スクーデリア・トロ・ロッソ

    スクーデリア・トロ・ロッソから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    ドイツGP終了後、ハンガリーGPからセバスチャン・ボーデに代わってハイメ・アルグエルスアリが出走することが発表された。このためトロ・ロッソのドライバーはアルグエルスアリとブエミのルーキードライバーが務めることになった。スクーデリア・トロ・ロッソ フレッシュアイペディアより)

  • アルグエルスアリ

    アルグエルスアリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • ブレンドン・ハートレイ

    ブレンドン・ハートレイから見たアルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    2005年10月、エストリルで行われたレッドブルのドライバー・サーチ・プログラムに参加してハイメ・アルグエルスアリら他3名と共に合格。翌2006年から2010年7月まで同社のスカラシップを受けてヨーロッパの各カテゴリーに参戦した。ブレンドン・ハートレイ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ

    ハイメから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリ(スペイン出身のF1ドライバー)ハイメ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年シンガポールグランプリ

    2009年シンガポールグランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリ、フィジケラ、ルノーのロマン・グロージャンがQ1敗退となった。マクラーレンのルイス・ハミルトンが唯一1分46秒台をマークし、Q1トップとなった。2009年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ハンガリーグランプリ

    2009年ハンガリーグランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    ドイツグランプリ終了後、トロ・ロッソがドライバーをセバスチャン・ブルデーからハイメ・アルグエルスアリへ交代することを発表2009年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ブラジルグランプリ

    2010年ブラジルグランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    Q2では雨量は少なくなり、各車インターミディエイトタイヤを履いてコースに出て行く。開始4分ほど経過した時点でウェバーが1'19.694でトップに。その後ろから全くの同タイムでシューマッハが通過。しかし開始10分ほどが経過するとベッテルがトップに立ち、またもレッドブルが1-2体制を築く。残り2分でウェバーがトップに立ちレッドブルが1-2のままセッションは終了。マクラーレンのバトンは最後10番手に入ったが、そのあとから来たマッサが10番手に入り、バトンはノックアウト。又、日本人の小林も12番手となりノックアウト。結果、バトン、小林、ロズベルグ、アルグエルスアリ、ブエミ、ハイドフェルド、リウッツィがQ2敗退となった。2010年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    Q2も後半になると、ウィリアムズの2台が初めにインターミディエイトタイヤ(浅溝)に交換し、再びアタックを行う。これに続きフェラーリのキミ・ライコネンなどもタイヤを交換してアタックを行う。この結果、ウィリアムズのワンツーでQ2が終了。小林、トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリ、ルノーのロマン・グロージャン、ポイントリーダーのジェンソン・バトンがQ2敗退となった。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年アブダビグランプリ

    2009年アブダビグランプリから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリを先頭に各車アタックに入る。初開催のサーキットであるため、多くのマシンが周回を重ねる。7分が経過したところでブラウンGPのジェンソン・バトンが最初に1分41秒台をマークする。2009年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「ハイメ・アルグエルスアリ」のニューストピックワード