33件中 21 - 30件表示
  • レッドブル・ジュニアチーム

    レッドブル・ジュニアチームから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    年齢やキャリアにこだわらないのも特徴的で、2017年現在のF1最年少出走記録の上位3名(マックス・フェルスタッペン、ダニール・クビアト、ハイメ・アルグエルスアリ)はいずれもジュニアチームからトロ・ロッソ経由で10代でF1デビューしている。フェルスタッペンの場合はジュニアチーム入りと同時にF1参戦が内定し、17歳という異例の若さでF1デビューを果たした。レッドブル・ジュニアチーム フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・セナ

    ブルーノ・セナから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    ベルギーGPでは自身初のQ3進出となる予選7番手を獲得したものの、スタート直後にハイメ・アルグエルスアリと接触し大きく順位を落として13位で完走となった。イタリアGPでもQ3に進出し予選10番手を獲得したが、1コーナーの混乱を避けるために大きく順位を落とした。しかしその後は、強い追い上げといくつかのオーバーテイクをするなど見せ場を作り自身初入賞となる9位入賞を果たした。ブルーノ・セナ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・アロンソ

    フェルナンド・アロンソから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    2001年第1戦オーストラリアGPにて19歳217日で樹立。2009年第10戦ハンガリーGPでハイメ・アルグエルスアリ(19歳126日)が更新。フェルナンド・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • セバスチャン・ベッテル

    セバスチャン・ベッテルから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    最年少完走:19歳349日(2007年第7戦アメリカGP)⇒ハイメ・アルグエルスアリ19歳125日(2009年第10戦ハンガリーGP)⇒マックス・フェルスタッペン17歳180日(2015年第2戦マレーシアGP)セバスチャン・ベッテル フレッシュアイペディアより)

  • マックス・フェルスタッペン

    マックス・フェルスタッペンから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    レッドブルの若手育成チームであるトロ・ロッソではハイメ・アルグエルスアリとダニール・クビアトが19歳でF1デビューしているが、フェルスタッペンはデビュー発表時点で16歳で、公道の走行に必要な運転免許証が取得できず、フォーミュラ経験は実質1年という異例の抜擢であり、最高峰カテゴリにおける若さや経験不足を懸念する意見もあった。マックス・フェルスタッペン フレッシュアイペディアより)

  • スクーデリア・トロ・ロッソ

    スクーデリア・トロ・ロッソから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    ドイツGP終了後に成績不振のボーデが解雇され、ハンガリーGPからハイメ・アルグエルスアリが出走した。アルグエルスアリは19歳125日という最年少出走記録を作った。スクーデリア・トロ・ロッソ フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・ルノー3.5

    フォーミュラ・ルノー3.5から見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    しかしFIAが2015年にスーパーライセンス取得条件にポイント制を導入した際、明らかにマシンのスペックが劣る欧州F3よりも獲得ポイントが下とされ、フォーミュラのピラミッド構造を整理したいFIAの冷遇が明らかになった。さらに2015年シーズンをもってルノーのスポンサー契約が終了し、2016年からはハイメ・アルグエルスアリの父が代表を務めるRPM-MKTGが運営を引き継ぎ「フォーミュラ3.5 V8」として再出発することになった。ACOと提携してヨーロッパ以外も転戦するシリーズになったが、出走台数の大幅な落ち込みから2017年を持って消滅、ワールド・シリーズ・バイ・ニッサンから数えて20年の歴史に幕を下ろした。フォーミュラ・ルノー3.5 フレッシュアイペディアより)

  • ブレンドン・ハートレイ

    ブレンドン・ハートレイから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    2005年10月、エストリルで行われたレッドブルのドライバー・サーチ・プログラムに参加し、ハイメ・アルグエルスアリら他3名と共に合格。翌2006年から2010年7月までレッドブル・ジュニアチームの育成ドライバーとしてヨーロッパ各地のカテゴリーに参戦した。ブレンドン・ハートレイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=エリック・ベルニュ

    ジャン=エリック・ベルニュから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    2011年はフォーミュラ・ルノー3.5にフル参戦し、4回のPP獲得と9度の表彰台中5回の優勝を獲得しランキング2位となった。フォーミュラ・ルノー3.5の2011年シリーズ終了後、ダニエル・リチャルドが移籍して空いたF1のトロ・ロッソのテストドライバーに就任。韓国GP、アブダビGP、ブラジルGPの金曜フリー走行1回目にを出走し、レギュラードライバーであったセバスチャン・ブエミやハイメ・アルグエルスアリらと遜色ないタイムで走行した。ジャン=エリック・ベルニュ フレッシュアイペディアより)

  • サム・バード

    サム・バードから見たハイメ・アルグエルスアリハイメ・アルグエルスアリ

    フォーミュラE最初のシーズンである2014-15年シーズンからリチャード・ブランソンのヴァージン・レーシングからハイメ・アルグエルスアリと共に参戦した。初戦の北京大会で3位となり、続く第2戦プトラジャヤ大会では初勝利を挙げた。第3戦プンタ・デル・エステ大会では予選からうまくいかず、18位スタートとなり、早々にクラッシュでリタイアした。第6戦ロング・ビーチ大会でも11周目にサスペンションの故障でリタイアとなった。第7戦モナコ大会では12番グリッドだったにも関わらず、オープニングラップで複数台が絡むクラッシュをうまく避け、4位でチェッカーを受けた。最終戦ロンドン大会では、4番グリッドスタートから2位でチェッカーを受けた。しかし、1位のステファン・サラザンが49秒加算ペナルティーとなったことで、順位が繰り上がり勝利を手にした。フォーミュラE最初のシーズンで合計103ポイントを獲得し、総合5位となった。サム・バード フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示

「ハイメ・アルグエルスアリ」のニューストピックワード